• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

自宅にあるものでスグできる!黄ばんだ障子を真っ白にする方法

Date:2012.09.28

障子紙は古くなるとだんだん黄ばんできますよね。障子を貼りなおすのが一番良いとは思いますが、手間もかかるし、障子紙を購入しなければいけません。

しかし・・・家にあるもので黄ばみをなくして障子を綺麗にする方法があるんです。二通りの方法を紹介していきます。

1つ目:用意するもの

・キッチン用の漂白剤
・洗濯用のり
・霧吹き
・計量カップ

障子用に漂白スプレーを作る

計量カップに水を注ぎます。

水の量は大体1カップ(200ml)くらいで大丈夫です。

漂白剤を入れる

少量のキッチン用の漂白剤をふたに入れます。

洗濯のりも忘れずに!

洗濯用のりは小さじ1です。

全て混ぜる

今量った水・漂白剤・洗濯のりを霧吹きの中に入れます。こぼれないようにゆっくりと入れましょう。

霧吹きに全てを入れたら蓋をして霧吹き本体をゆっくりと振って液を混ぜ合わせます。

あとは霧吹きかけて終わりです

混ざったら霧吹きで障子に吹き付けます。あまりしすぎると障子がダメになってしまうので気を付けましょう。これだけで漂白されて障子紙が白くなります。

2つ目:準備していきます

大根・布(布以外でもOK)布以外というのは油こし紙やキッチンペーパーです。


これと大根を使って障子を白くします。


大根の皮を剥きます。

皮を剥いたら大根おろしにします。

油こしでしっかりとこす

大根をおろしたら、用意していた油こしなどの上に乗せます。

油こし紙を搾ります。しっかりと大根の汁を搾り取りましょう。

これぐらいあれば十分でしょう

このくらいの量の大根汁が出れば十分です。

今回はキッチンペーパーで拭くように

先ほどのように霧吹きで吹き付けても良いですが、霧吹きがない場合、キッチンペーパーでも代用可能です。キッチンペーパーを何回か折ります。

折ったキッチンペーパーを大根汁の中に付けます。キッチンペーパーがタップリと汁を吸い取ってくれます。

吸い取ったら軽くキッチンペーパーを搾ってください。

力は入れずに

これで障子を撫でるように軽く拭いていきます。力を入れて拭くと障子に負担がかかってしまうので注意!

この作業でこれだけ白くなるんです。霧吹きやキッチンペーパーを使わなくてもハケや筆などでも障子に塗っていく事が出来ます。ご家庭の障子は黄ばんできていませんか?簡単しかも費用もいらず白くする事が出来ます。是非お試しください。

大根にはジアスターゼという成分が含まれています。障子紙に含まれているリグニンという成分と反応して、障子の黄ばみ(酸化)を戻す効果があるためにこの方法が成り立ちます。

他にはどんな効果があるの?

一つ目の方法では黄ばみをなくすだけでなく、洗濯のりによって、障子のたるみも修復するという効果が期待できます。

この記事をシェアする

関連記事