• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

食事が鍵を握る!30代の肌を美しく保つ秘訣を教えます!

Date:2014.10.31

25歳からなんとなくお肌の異変を感じ始め、30歳を過ぎたあたりから疑惑が確信へと変わる…。そんな経験はありませんか?

女性のお肌はホルモンバランスとも密接な関係があるので、年齢と共に変化があるものです。しかし、加齢には敵わないものの、努力して老化を遅らせることは可能です。

悪あがきでもなんでも良い!女性は何歳になってもキレイでありたい!そんなあなたに、30代の肌を美しく保つための秘訣をご紹介しましょう。

何歳であっても美肌の敵!

何かを得るためには何かを捨てなければならないときもあります。例えば、「喫煙」。肌をキレイにしたいのに喫煙をしていては、まったくの矛盾です。

高価な化粧品を使って日々若々しさを求めていても、喫煙をしていてはその効果はゼロに等しくなります。高いお金をドブに捨てているようなものなのです。

タバコに含まれる「ニコチン」が及ぼす肌への影響

「ニコチン」は血管を収縮させてしまい、結果血行が悪くなってしまいます。血行が悪くなることで代謝が悪くなり、真皮に大きな影響をもたらし、シワやたるみなどの原因になるのです。

美肌サプリともいわれるビタミンCを破壊する

「肌をキレイにするにはビタミンC」とよく耳にします。その通りで、美肌を保つためにはビタミンCは必要不可欠なのです。

しかし、喫煙をすることでこのビタミンCが破壊されてしまうのです。ですから、喫煙をしながらビタミンCのサプリを摂取していてもあまり意味がないようなものなのです。

これらの通り、喫煙は百害あって一利無しなのです。美肌になりたい!美肌を保ちたい!というあなた。もし喫煙をしているようであれば、悪いことは言いません。今すぐやめてください。確実に少しずつ、お肌は改善していきます。

バランスの良い食生活が美肌への鍵!

炭水化物を多く摂りがちの食生活。米やパン、パスタなど美味しいものがたくさんあります。しかし、他の栄養素もまんべんなく摂らないと健康や美肌は保つことができません。

美肌には生野菜!というイメージがありがちですが、どの野菜でも良いというわけではなかったのです。美肌に必要な3つの栄養素があるのです。

タンパク質

主菜にもなってくる肉や魚はタンパク質です。油で炒めるとカロリーが気になるという方は、蒸して調理することをおすすめします。

また、卵もタンパク源です。添え物にも良いですし、卵料理でも摂りやすいでしょう。

ビタミンC

メラニンの生成を抑え、シミ予防に効果的なのがこのビタミンC。お肌だけではなく、健康にも欠かせない栄養素です。

ビタミンCと耳にすると、生野菜や果物というイメージが浮かびます。なかでも、色の濃い野菜を選ぶと良いでしょう。

ピーマンも良いといわれています。ピーマンでも赤ピーマンの方がビタミンCの含有量は多いのでおすすめです

果物ではアセロラ、ゆず、レモンなどがビタミンCの宝庫です。

ビタミンA

30代からはなんといってもアンチエイジング。ビタミンAには抗酸化作用が含まれているので、積極的に摂りましょう。

お肌や粘膜を保護する働きがあるので、これも健康にもお肌にも効果的な栄養素といえるでしょう。

にんじん、かぼちゃ、ほうれん草という野菜の代表格でもあるこれらを1日1皿でも良いので、普段の食事に取り入れてみましょう。

他にも小松菜やチンゲンサイなどもビタミンAを多く含みます。これらの野菜を取り入れるメニューはもりだくさん。様々料理法で楽しく摂取しましょう。

30代は20代より気を配った生活を

いかがでしたでしょうか。喫煙だけではなく、睡眠不足もお肌の大敵です。

30代の美肌を保つためには、規則正しい生活は基本、食生活も20代の頃とは違うワンランク上のバランスを考えましょう。

常に実年齢よりも若々しくいられる肌を保ちたいものですね!

この記事をシェアする

関連記事