• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

徹底予防!食中毒やインフルエンザにならない・させない手洗い法

Date:2013.05.14

食中毒は実は家庭での発生件数のほうが、飲食店などより多く、梅雨から9月いっぱいまでが、多発時期。夏が終ってもまだまだ油断は禁物。

またその後も、インフルエンザなども流行を始めますが、食中毒やインフルエンザなどのウィルスの感染を防ぐには、やはり手洗いから。

でも、「洗えばいいんでしょ?」と、ワタシを含め、雑な手洗いで済ませている人がほとんどでは?ちょっと気を付けるだけで、病気も防げる手洗いのコツを、まとめてみました。

手は色々な物を触るから、菌がついている

医療ドラマなどで、手術前に外科医の先生たちが、手を洗っているシーンを見た人も多いと思いますが、人の手は普通に洗っているつもりでも、色々な物に触っているので、思ったよりも多くの種類と数の菌が付いていることは、再確認しておきたいこと。

外科医のように、ブラシを使ってまではしなくても、どうせ洗うならキレイに洗いたいもの。

普段の手洗いの時間は?

普段、毎回トイレなどの度に、石鹸で手を洗っている人は、かなり少数派ではないでしょうか?また洗う時間も、じっくり時間をカウントしたことのある人は、少なく、数えると3秒~10秒以内という人も多いのでは?

小学校でのある調査では、水だけの場合で平均3~4秒、石鹸をつけて洗うことを指導しても、平均19秒だったとか。実際大人も、外出時はや帰宅直後は石鹸を使っても、その後の手洗いは石鹸なしの水のみで、短時間の場合が多いようです。

水だけでも、洗わないよりは菌は落ちる

実験でも水のみで短時間(4秒程度)でも、7~9割の菌が落ちたという結果もあるので、水だけの手洗いも無駄ではないようです。しかし、水だけでも洗う時間を、倍の10秒程度にすると、残った菌の数が半分になったという結果も。

これをみると、やはり時間を長く洗えば、より菌は落ちるので、「しっかり手洗い」は効果があるということでしょう。

石鹸をつけると、効果もアップ

石鹸を付けると、同じ時間をかけて洗った場合、より多くの菌が落ちるようで、水だけの時の3分の2以下に減らせるようです。

が・・手を洗ったあとに、菌が残っている場所を調べると、残りやすい・残しやすい場所があるようです。

ポイントは爪と手首など

手を洗う時、普通は手の平を中心にして、きちんと洗う時は、指の間などにも気をつけている人は多いと思います。

でも、食べ物などにも触れて、菌が付きやすい場所にも、残りやすい部分があるようです。爪の中や、爪が生えている根元部分は、意外に洗えていないことが多く、また手の平はキレイでも、少し上の手首部分などに、菌が残っていることが多いようです。

凹んでいたり、シワがあると洗いにくく、残りやすい

この2つの場所の共通点は、凹んでいたり、シワなどがあること。こうした場所は、やはり泡をつけたつもりでも、シワの表面部分だけで、溝の中まで洗えていなかったり、洗い流せていないことが原因のようです。

指輪をした部分や、ネイル部分、関節の凹んだ部分なども、要注意の場所でしょう。また、手首の溝を洗うには、手の平部分だけを洗う意識ではなく、手首より上、理想ではヒジから下を全体に洗うと、手首部分も残すことなく洗えると言うことです。

本当にキレイになる、正しい洗い方

食品衛生協会などで紹介されている正しい洗い方では、まず、石鹸ですすぐまでに30秒くらいかけて、充分に洗うことが、大切とされています。

手順は、ひじから下を水で濡らした後、石鹸を泡立てから、手の平、手の甲、指の間(親指の間も忘れずに)、指先(爪の付け根を親指含め、忘れずに)、手首のそれぞれを、順番に5回ずつ以上洗います。

その後流水で、同じような順でよくすすぎ、キレイなタオルで拭き取ると言うのが、ベストのようです。5箇所を洗うので1箇所につき6秒程度、一回につき1秒以上は洗うつもりで。

注意ポイント:タオルは清潔な物を、すすぎ残しも

洗うときの注意は、以上のようなことですが、気をつけたいのは、すすぎ残しがないように、石鹸はよく落とすこと。菌が残りやすい部分は、石鹸も残りやすいので、気をつけて。

また、せっかく洗った手も、1日中使っているタオルで拭くと、洗う前より菌が増えることも。タオルも時間が経つと菌が繁殖するので、このキレイ手洗いをした後は、効果を減らさないためにも、清潔なタオルを使って拭くことを、忘れずに。

食事の支度の前や、家族に病人がいる時はこの方法で

毎回この手洗いをするのは、ちょっと大変かな?と思いますが、食事の支度の前や、外出先から帰った時、インフルエンザやウィルス性の胃腸風邪など、菌が他の人にもうつるような病人が家族にいるなどの場合は、この手洗いで、出来るだけ感染を防ぎましょう。子供の手洗い指導にも、役立つと思います。

この記事をシェアする

関連記事