• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

初任給で6割の女性がプレゼント、親に送るなら何?

Date:2012.09.16

初任給で親やお世話になった方に、プレゼントを贈った経験のある方も多いと思います。ある調査では、女性の場合は6割近くが両親へのプレゼントを贈っていたということです。

今年の入社予定者も半数近くが贈る予定だとか。昔はし忘れていたという方も、これを機会に親などに、感謝の気持ちを表すプレゼントをすると、きっと喜んでくれると思います。

実際に多いのが、食事や旅行の体験型のプレゼント

ここ数年の色々な調査などで多くなっているのが、「レストランなどで、食事をする」「温泉へ一緒に旅行」など、親や他の兄弟などを含めて、家族みんなで体験するような形のプレゼント。

他にもささやかながら、家族で食べられるように、「ケーキやお菓子などを買って食べた」という人も、結構多いようです。

食事も、高級なお店に招待することが人気のようですが、気持ちが大事なので、気取らない近所の店で・・という人も。予算に問題がありそうな方は、気軽な店で食事する、ケーキを買うでも充分だと思います。

頑張って海外旅行のチケットを贈るケースも

「国内旅行のチケット」は人気が高く、プレゼントした方も多いようですし、「高級ホテルの宿泊券」や「海外旅行のチケット」など、頑張って特別なプレゼントを・・という方もいるようです。

家族と同居している場合は、プレゼントを考えるより、食事や旅行に出かけるほうが、気楽に出来ることも人気のようです。

親に気に入ってもらえなかったら・・と心配して迷って、こうした形にすることも多いようです。また物だと残っていて照れくさい・・と言った理由から、こうした形にする人もいるようです。

一人暮らしで実家に帰れない場合は、やはり物やチケット

以前は物をプレゼントする人が多かったようですが、定番として考えられるのは、サラリーマンの父親なら、ネクタイやベルト、母親には衣類やバックなどが人気でしたが、最近はどうなのでしょうか?

一人暮らしを始めて、親元から離れてしまうと、やはり初任給を貰ったこの時期に、実家に帰るのが難しい人も多いはず。そうした方はやはり物が一番ですね。旅行の場合も、チケットを贈ることになるようです。

物は記念の品として、親は嬉しいもの

まず、品物の中で人気が高いのは、衣類や財布、花束などです。

衣類の人気は高く、お父さんには普段使いのシャツ類など、お母さんにはブラウスやカットソーなどが、無難に選びやすいのではないでしょうか。ネクタイも相変わらず多いようですし、スカーフやストールなども人気があるようです。

こうした物は、比較的お値段的にも、頑張らずに、でも気持ちが伝わる品物ではないでしょうか。

例えあまり趣味に合わなくても、親としては持っているだけで、見るだけで幸せな気持ちになるようなので、使ってくれなかったとしても、記念の品としての役割は果たしてくれると思います。

小物類は財布やバックが人気

財布は、お父さんにも、お母さんにも贈れることも人気の理由のようです。値段的にも、バリエーションが豊富なので、予算に合った物が選べるのも人気の理由でしょう。

お父さんには、ベルトと言うのも実用性もあるプレゼントです。バックの場合は、お父さんにはビジネス物や趣味に役立つ物、お母さんにはハンドバック類が人気のようです。こちらも予算に合わせて選べるのが、良いところでしょう。

花束や高級酒、中にはテレビなどの家電製品も

母束は主に母親に、お酒は父親、または夫婦で楽しめるようにワインなどを送る人もいるようです。また二人で使ってもらえるように・・と大型のテレビや、DVDプレイヤーなどの家電製品などを贈る人もいるようです。

また雑貨類で、ペアのグラスや湯呑みなどの陶器や、絵や置物などの家に飾れる品物、両親共通の趣味の物などを贈るのも、良いかもしれません。

貰う側の親の気持ちを聞いてみると・・・

年上の友人達に聞いてみると、金額は多すぎるとかえって心配になるという声も。

プレゼントが初任給(通常の給料より少ないですし)の半分以上、もしかしたら全額をつぎ込んだのでは?と思うような高価な物は、親心としては嬉しいけれど、少し無理していないかと、心配にもなるようです。

ですから、初任給では、少ない中から気持ちで、ボーナスなどでまとまった金額が入った際に、少し頑張ってプレゼントするという形でも良いのかもしれません。

貰う気持ちが嬉しく、ちょっと自慢もしたい

品物や金額に関わらず、貰ったことそのものを喜ぶ親が多いので、特に一人暮らしでお金に余裕の無い場合は、無理をせずに出来る範囲で良いので、気持ちを込めることが一番のようです。

そして、友人などに子供が贈ってくれたことをちょっと自慢したり、確かめたりする瞬間に幸せを感じるようなので、食事や旅行などの場合は、旅行そのものは残らなくても写真などを一緒に撮影するなど、何か残こしてあげることが、一番の親孝行のようです。

そして一番お金をかけなくても、喜んでもらえるプレゼントは、感謝を伝えるメッセージかもしれません。何かメッセージを添えて贈るのが一番ではないでしょうか?

この記事をシェアする

関連記事

コメント