• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

美味しい生姜の砂糖漬け(生姜糖)の作り方と効能の紹介

Date:2013.07.04

ドライフルーツの1種としても売られている「生姜の砂糖漬け」。ピリ甘で案外好きな方も多いのではないでしょうか。この砂糖漬けの家庭での作り方や、身体にいい効用を探っていきますね。

生姜の砂糖漬けをお家で作ってみよう!

新生姜でもいいし、根生姜でも作れます。たくさん安売りしているときに手に入れて、作って保存するのがいいですよね。

生姜は繊維に垂直に薄切りにして、水にさらし、2~3回水を替えます。鍋に入れて、ひたひたの水で煮て、更に何度か茹でこぼします。生姜の辛味が好きな人は茹でこぼさなくてもOKです。

そして生姜が透き通ってきたら、生姜と同量の砂糖を入れます。上白糖でも三温糖でもきび糖でも、お好きなお砂糖を。黒いお砂糖のほうが、よりヘルシーですね。

そして沸騰したら弱火で煮詰めていきます。途中でレモン汁や35度の焼酎を少し加えるやり方もあります。レモン汁を入れると酸味が付き、生姜がピンク色っぽくなりますし、焼酎だとより保存がきくようになります。

しっかり煮詰まったら、1つ1つ離してクッキングシートの上などで乾かします。冷めたらできあがり。

生姜の砂糖漬けにはこんな効能があります!

生姜には実は身体に良いこんな作用があるのです。たとえば、身体を温めるので冷え性に効く・風邪による咳・のどの痛み・声がれに効く・鎮痛作用・乗り物酔い予防・血行促進・便秘・消化不良などに効用があります。

つまりは少しの身体の不調なら、生姜を摂取していれば治ってしまうようなもので、それも甘いお菓子の形であれば、なおさらオヤツとして取り入れたいですよね。女性にとってはさらに、美肌効果・むくみ・お通じの改善・疲労回復にも良いことが分かっています。

是非お家でもオヤツに取り入れたいし、出先でもドライフルーツの1種ですから、持っていくのもかさばらないので、積極的に食べたいものですね。

作るのが面倒な方・忙しくて作れない方に朗報


生姜の砂糖漬けは、買うと300g1050円など高くついてしまいますが、それでもすぐに完成品を手に入れたいという方のためには、「生姜糖」として売っている商品もあります。

ネットのドライフルーツ販売では、上記の300g1050円くらいにはなってしまうようです。でも自分が直接買いに行かなくていいのが楽ですね。そしてスーパー・デパート・富澤商店などの特殊商品を扱うお店。このあたりでも見つけられるかもしれません。

それから狙い目なのが、駄菓子屋。最近よくショッピングセンター内に駄菓子屋ができていますが、さまざまな駄菓子といっしょに、ドライマンゴー・ドライキウイなどが売られていて、生姜の砂糖漬けもあるのです。

ここでは200g300円くらい。結構穴場です。近所に駄菓子屋さえあれば…。

このように女性の身体に良い生姜は、砂糖漬けの形にすれば、オヤツ代わりに食べられてアンチエイジングにも役立つことが分かりました。皆さんも保存のきく生姜の砂糖漬けを、もっと生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事