• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

とにかく食事は大切!健康であれ!男性が女性に望んでいる本当の姿

Date:2013.06.14

女性というものは、いつの時代も常にスリムでいたいと願っているものですね。たとえ自分の体型に不満がなかったとしても、ちょっと食べ過ぎてしまったときなどは体重計に乗って、増加具合を嘆いてみたり。

それから女性に多く見受けられるのが、痩せることや異性の目を意識しての「小食さん」を演じてしまうという傾向。これが実は、男性の目から見たときに、大きな間違いだったりするのです。

男性が女性に求めている本当の魅力とはいったい何なのでしょうか。本当に小食で、ガリガリの女性のほうが支持が厚いでしょうか?そんなことはないはずです。ここでは男性の、女性に対するちょっとした本音をご紹介します。

メンタル面が弱い子を守りたくなる、は大嘘!

男性がよく言う、「守ってあげたくなる女性」という言葉。私たち女性は、その言葉を勘違いしている可能性があります。守ってあげたくなる、イコール「メンタル面が弱い女性が人気」という意味に捉えている女性がたくさんいるのです。

夜中に泣きながら電話をしてきたり、悩みがあると言っては泣きついてきたり、そんな行動をとることで男性の気を引けると思ってしまうと大きな落とし穴にハマってしまいます。男性は、思いのほかメンタル面が強い女性を望んでいるものです。

よく、男性は「俺がいなくても生きていけるような人が好き」と言います。気持ちの乱れやメンタルの弱さを売りにしてくるような女性は、支持されるのがなかなか難しいということの裏づけでもありますね。

男性は、頼られたいわりに、依存されるのが苦手な生き物。守ってあげたくなる、というのはつまり、「俺の守れる範囲では守るけど、どっぷり依存されたら困る」という条件つきであることが多いのです。言葉通り受け止めたら駄目だということですね。

小食のふりをするのもNG!

男性とのお食事。そんなとき、絶対に逆効果になってしまうのが、この小食気取りです。たしかにたくさん食べられない姿を見せて、か弱さをアピールしたい気持ちもわかります。でも、これが男性から見れば、大きな間違いだったりするのです。

男性は、女性が食事をおいしそうに食べてくれることを望んでいます。なにも、必ずおかわりするべきだ、ということではありません。でも、彼がすすめてくれたメニュー、自分が食べたいと言って頼んだお料理くらいは全部きっちりと食べきる努力が必要です。

「おいしい、おいしい」と言ってニコニコしながらペロッと食べてしまう、そんな女性のほうが男性は気分よくデートに誘えますし、「そんなにおいしかったんだ、連れてきて良かったな」とお支払いも気持ちよくしてくれますよ。

また、あまりにも痩せることを意識したり、実際にガリガリに痩せてしまったり、というのも男性から見ればマイナスポイントにつながってしまいます。過度なダイエットや食事制限には手を出さないようにしましょう。

また、ダイエットをしていることを男性に言ってしまうと、一緒に食事をする楽しみを彼らから奪うことになってしまいます。食事にも誘いづらくなってしまうので、気をつけましょう。

心身ともに健康であることが一番!

なにもジムに行って体を鍛えるべし、と言っているわけではありません。ただ、心身ともに健康であるということは、本当に大切なことです。これは男性から見ても、本当に重要視される点でもあります。

男性は、おしゃべりやショッピングなどでストレスを解消する習慣が、女性に比べて圧倒的に少ないです。そのため、外から帰ってきたときには女性以上にヘトヘトだったりします。女性と違い、長電話をしてストレス発散、ということも少ないでしょう。

ですので、仕事を終えた後や帰宅時などの男性にかかっているストレスは女性の数十倍だと考えてください。そんなに疲れているときに、そばにいる女性がネガティブで、落ち込みやすく、根暗だったら……どうでしょうか?

彼らのストレスは発散されるどころか、ますます増してしまうのではないでしょうか。これは付き合っている関係でも、ただの友人関係であったとしても同じことが言えます。

せっかく会う時間を作って飲む、というときに、女性から出る話が全部愚痴や不満ばっかりだったら、相手の男性はどう思うでしょうか。仕事のことを少しでも忘れるために楽しく飲みたい、と思っていた相手に、あなたはネガティブなことばっかり相談していませんか?

自分の気持ちや相談したい気持ちをグッとおさえ、あえて明るい話題を提供できるようになりましょう。もし付き合っている関係なら彼からの信頼度が上がりますし、友人関係なら今後飲みのお誘いなどが増えるでしょう。

「おいおい、疲れてるときになんでそっちの愚痴まで聞かなきゃいけないんだよ~」と思われないように気をつけましょう。

悲劇のヒロインが男性によって救われるのは、漫画の中だけと悟りましょう

漫画やアニメの世界だと、女性が傷ついて落ち込んでいるときに、男性が現れて心を癒してくれる…という展開がよくありますね。「あの人が私の支えになってくれたの」こんな言葉、一度は言ってみたいですよね。でも現実はなかなかそうはいきません。

自分の病んだ心を支え、励まし、大切にしてくれる…という理想を男性に抱き続けてしまうと、男性がこちらに対して望んでいる事を見逃してしまう可能性があります。

男性に「もうあの子のことは面倒見切れないぜ」と思われてしまったら、関係の修復や復縁はまず難しいでしょう。

そうならないためにも、今からぜひ、心身ともに健康な人を目指しましょう!心がけ一つで、相手の男性の反応もグッと変わってきますよ。また、情報誌やテレビなどで、女性の美について過度な情報が配信されていることもあります。

痩せていることなどを必要以上に褒めるような偏った情報には、決して気持ちを揺るがされることのないように気をつけましょう。

この記事をシェアする

関連記事