• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

夫のストレスは嫁から!今すぐ見直したい嫌がられる主婦の言動

Date:2013.06.20

悪妻、という言葉がありますが、旦那さんのストレスになっている妻は、悪妻ですよね。旦那さんが最近元気がない、食欲がない、痩せてきている、家に帰ってくるのが遅い、休日は家にいない、などといったことに心当たりがないでしょうか?

もし、そうなら旦那さんはかなりのストレスをためている可能性があります。それも仕事ではなく、奥さんに対するストレスかもしれません。

奥さんにそのつもりがなくても、その行動や言動が旦那さんのストレスになっていることがあるのです。気をつけないと、旦那さんの方から「離婚」を切り出されてしまうかも!

旦那さんのストレスになってしまうのは、こんな言動や行動です。我が身を振り返って、心当たりがあるならすぐにやめてあげましょう。

いつになったらお給料上がるの?

収入の多い少ないは、男性にとって能力の差として感じてしまうもの。有能な男性はたくさんお金を稼ぎ、家庭を豊かにするけれど、能力が劣る男性はお給料も少なく、妻に毎日のように文句を言われなければならない。

お給料が少ないと言われるたびに、男性として能力がない、無能だ、と言われているようなもの。ストレスにならないはずがないですね。

仕事もしないで飲んでばっかり!

飲み会で酔っぱらって帰ってくる旦那さんに、こう言いたくなる気持ちは分かりますが、旦那さんも楽しい飲み会ばかりではありません。

接待で気を遣っていたり、上司に文句を言われたり、部下の愚痴を聞かされたり、と気の滅入るような飲み会も多いのです。家に帰ってもそんなことを言われては、精神的に落ち着く場所がなくなってしまいますよ。

あら、ご飯終わっちゃったわよ

いつも仕事で遅い旦那さん。夕ご飯を家で食べることが少ない旦那さんだとすると、いつもご飯は先にすませてしまうし、残しておくことはないですね。

でも、たまに早く帰ったときは、奥さんの温かくておいしい手料理を食べたいもの。自分が電話一本しなかったのは悪いけれど、母親は何かしら用意してくれたのに…なんて勝手なことを思う旦那さん。

それでも、妻には温かい言葉とあたたかいご飯を望んでしまうのです。それを冷たい一言ですまされ、結局コンビニのお弁当なんて、自分は何のために働いているのだと、嘆いてしまうのです。

あなたのお義母さん、ありがた迷惑なのよね

自分の身内の悪口は聞きたくないものです。まして母親が自分たち家族のためを思ってしてくれていることに対しての文句なんて、嫁のわがままとしか取れません。

でも、嫁にしてみたら本当に迷惑なことなのかもしれないけれど、そんな言い方はないだろう、と内心面白くありません。毎日のように身内の愚痴を言われるのはつらいですね。

ああ言えば、こう言う

旦那さんが文句を一つ言えば、その数十倍になって文句がかえってくる。正しいのは自分で、悪いのは旦那さん。ケンカをするのも面倒になって、黙ってふて寝。それを繰り返していると、夫婦の間にも亀裂が…。

すぐに「離婚」と言い出す

何か気に入らないことがあったり、旦那さんが文句を言うとすぐに「離婚よ!」と言っていませんか?奥さんは本当に離婚をする気がなくても、言われた方は心にズシリときているものです。

離婚という言葉、夫婦にとってそんなに簡単に出してはいけないものではないでしょうか?
あんまりしょっちゅう、離婚、離婚と言っていると、旦那さんの方から離婚を切り出されてしまいますよ。

家が汚い

疲れて帰ってきてもお風呂やトイレが汚い、リビングは片づけられていない、洗濯物はたまっている、では家でゆっくりとくつろげないですよね。

キレイなお風呂にゆっくり入って、清潔なお布団で休みたいものです。家事の手抜きはいけませんよ。

帰ってきても奥さんがいない

夜家に帰ってきても家に誰もいないのは寂しいものです。仕事で奥さんがいないのならまだ我慢もしなくてはいけませんが、遊びやお稽古事で毎日のように家にいないのは、旦那さんにとっては面白くないこと。

昼間にいないのはかまわないでしょうが、夜旦那さんが帰ってくるまでには家にいて、「おかえりなさい」と言ってあげましょう。それがないと、旦那さんは、なぜ結婚したのか分からなくなってしまいます。

奥さんがいつもぷりぷりしている

旦那さんの顔を見れば、いつもぷりぷりと怒っていませんか?「洗濯物はカゴの中に入れてよ」「ドア開けっ放し!」「たまには自分で食べた食器くらい洗ったら?」など、常に小言を言われていては、旦那さんは家でリラックスできません。

そのうち帰ってこなくなるかもしれませんよ。そうならないように、少しは旦那さんの苦労も理解して、優しくしてあげましょう。

この記事をシェアする

関連記事