• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

セレブ気分も味わえる!手軽で優雅に、週末クルーズで女子会する?

Date:2012.09.06

最近はファッション誌でも、女子会に着るコーデなども紹介されているように、女子会でちょっとオシャレして盛り上がるのが、イマドキの楽しみ方ですね。でも、女子会もいつも同じようなお店ばかりでは、ちょっと飽きてしまいがち。

また、ゆっくりと話したいけど、温泉なんかじゃちょっと・・。そんな女子達に、少しセレブ気分も味わえる、クルーズの女子会はいかがでしょうか?

週末を使って、ゆったりと女子会が出来る

今回紹介するのは、近場を週末の短期間だけクルーズするプランです。

クルーズ旅行というと、長い時間をかけて、時間とお金がある定年後の方が行くイメージも強いようですが、最近では手軽に楽しめるプランも充実し、まさにちょっとゆっくり、ちょっとリッチな女子会にピッタリです。

クルーズ旅行はここがイイ!

温泉などに行く場合、移動に交通費と時間がかかりますが、クルーズ旅行の場合は、出発地と到着地を自宅近くで探せば、地下鉄などの運賃だけで、他に費用もかからず、荷物を持ち歩いたりする手間なども不要です。

服装も乗船時はジーンズで、着替えも持ち込めばよく、事前に港まで荷物を送れるサービスもあるツアーもあるので、移動が楽チン。

また、多くの船はレストランだけでなく、何種類ものバー、大きなお風呂やスパ、プールやりっぱな映画館、エンターテイメント(ex,クラシック演奏、大道芸など)が楽しめるなど、無料で利用できるサービスがいっぱいです。

プランによっては観光などが一切無く、とにかく船内でゆったりするなど、自分達に合わせて利用できることもメリット。

タンスのこやしを解消し、カジノでセレブ気分も

船内でノンビリする時間は、ほとんどの場合カジュアルな服装でOK。でもディナーは多くの場合、ドレスコードがあります。

が、堅苦しい格好でなくても、ちょっとしたパーティーや披露宴などで着るようなワンピース・ドレス・スーツ類でドレスアップを楽しめるのも、女子には嬉しいところ。

せっかく買ったのに1度しか着られないで、タンスの肥やしになっている、ちょっとフォーマルな服に身を包んで、客室の中でゆっくり準備して、ゆったりと美味しいディナーやワインを楽しむ・・・。これは女同士のほうが、絶対楽しめると思います。

また、国内発着でも、カジノが備えられている船もあるので、海外まで足を伸ばさなくても、カジノを楽しむことができるのも魅力です。

自然やお祭り、能やタンゴが楽しめる欲張りプランもある

1泊だけの場合は、船内で過ごすプランがほとんどですが、2泊3日くらいになると、寄港地があり、自然(ex..小豆島に寄港)やお祭り(ex,阿波踊り)を見たり、また往復船ではなく、片道だけを新幹線などで移動(ex,東北をいろいろ楽しむ)することで、ちょっと足を伸ばせるプランもあります。

また、プランによっては1泊でも、能楽師をゲストに能を鑑賞したり、タンゴの歌など鑑賞が出来るなど、わざわざ出かけなければ体験できないような、イベントが組まれているプランもあるので、興味のあるイベントからツアーを探すのも良いでしょう。

美にも健康にも、磨きもかけられる!

他にも多くの船では美容室や、ネイルサロンがあったり、マッサージやエステなどが可能な船もあります。

料金は有料ですが、船内を歩いていくだけで、気軽にサービスを受けられるのは嬉しいところ。楽しみながら、キレイにもなれちゃうのが、女子には嬉しいポイントです。

また、ジムなどが完備されている船も多く、こちらはほとんどの場合、特別に料金などが発生せず、運動不足の解消にもなるので、一石二鳥ですね。

友人とゆっくり会話しながら、ジムで汗を流し、スパでノンビリするだけでも、ストレス解消にもってこいでは?

行くなら3の倍数の人数がお得?

部屋は色々なランクがあり、料金はかなり違い、ツインが多いようです。が、ツインを3人で使用すると、3人目の料金が格安になり、一人当たりに換算すると、1割くらい安い設定になっているプランもあったりします。

多くの場合、1泊2日で4万円前後、大勢で行くのもヨシ、3人でこじんまりと楽しむのもヨシ。余裕があれば、ご褒美としてスイートでゆったりするのも。ただし、同じ行程の1人分で、10万円~20万円とかなりお高いですが。

気をつけたいことはある?

クルーズ旅行の場合、船やプランによって、内容がかなり変わるので、予約の前に専門のデスクなどに相談しましょう。またファミリーツアーなど、内容や日程で一緒になる方の客層も変わるようなので、確かめておくと良いでしょう。

美容室なども有料ですが、無料のウェルカム・シャンパンなどを除いて、ほとんどがアルコール類は有料です。一部ソフト・ドリンクも有料の場合があるので、事前によくリサーチしておきましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント