• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

人と差が付く、たっぷりボリュームが可愛いシュシュの作り方

Date:2014.09.04

shushu-top-Edit

シュシュって可愛いですよね。フランス語で「かわいい」という意味とのこと、そんな名づけにも納得です。

お店に並んでいても、ついつい手に取って眺めてしまいます。でも、買うまでには至らない。なぜかというと、決め手に欠けるから。私が世の中の流行についていけてないだけかもしれませんが、コレ!というシュシュにはまだ出会えてないのです。

そんなわけで、売ってないなら作ればいい!せっかくなら思い切り自分好みに。お好きな布を使って、可愛いシュシュ、一緒に作りませんか?

準備するもの

・布1:20㎝幅、長さ50㎝以上
・布2:9cm幅、長さ50㎝以上
・ヘア用ゴム:15cm
・グログランリボン:2本(24cm×2)
・パール:8mm、6mm、4mm 各1個
・ミシン
・アイロン
・マチバリ
・チャコペン
・針
・糸
・定規
・はさみ
・ゴム通し
・(お好みでリボンやビーズ等)

2枚の布を縫い合わせる

布1、メインとなる布です。ちょっと派手目のこんな柄。

幅20㎝。だいたいで大丈夫。組み合わせたのは大人しめなストライプ。

こちらはだいたい9cmです。組み合わせると、こんなかんじ。ちょっと素敵でしょ。

どちらも長さは52㎝。長ければ長いほど出来上がりのフリフリが多くなります。お好みで。ただ、2枚の長さは揃えましょう。

2枚の布の表を内側にして、長い辺を揃えたら、マチバリで仮止め。

端から1㎝の所を縫いましょう。

もちろん手縫いでも。縫い終わったら反対の辺も合わせて、同じように縫いましょう。

2枚の布の中心を合わせて置きましょう。

さきほど縫い合わせた部分を割り拡げながら、アイロンを掛けます。

両側ともに、きっちりと。

端の部分を1㎝ほど外側へ折り返します。

こちらにもしっかりとアイロンを。

反対端も同様に、折り返してアイロンをかけましょう。

表に返します。

ここからは手縫い。コの字縫いで、かがっていきましょう。

裏側もグルッと。

ゴムを通すため、間を残して玉結び。

チャコペンで布の中心に1.5㎝間隔で線を引きましょう。

引いた線の上を縫います。

最後は返し縫い。

ゴムを通しましょう。

一周通したら、結んでください。余計な部分はカット。あまりギリギリを切り過ぎると、結び目が外れますのでご注意(経験者)。

結び目を中に入れて、またコの字縫いで先ほど残しておいた箇所を全て縫い合わせましょう。

これでシュシュ本体、完成です!

更に可愛くアレンジ

ここからが「人と差がつく」ポイント!2本のグログランリボン。

端をライターで溶かしてほつれ止め。

敢えて少し中心を外して半分に折り曲げます。

シュシュ本体の中心に縫い留めて。

さらにこちらのパール3粒を上から縫い付けたら

完成!

できましたよ~!

我ながらフリフリのボリューム感が良い!

リボンとパールが可愛くて、腕に付けているだけでテンション上がります。

「なかなかなんじゃないの」「うんそうだね」

テンション上がったついでに、もう一つ作っちゃいました!今度はストライプをメインで。

パールは付けずに蝶結びしたリボンをふたつ。

並べてみると、似ているようで、ちょっと印象が違います。右のほうが少し大人っぽい?

なにがいいって、簡単なのが良い!この2つを作るのに、1時間もかかっていないのです。ちょっとしたプレゼントにもなりそうで、リピート確実です。

「どっちほしい~?」「どっちも!」

というわけで、かなりオススメです。布の組み合わせはもちろん、リボンやビーズによって、全然違うものができそうです。

因みに2つめのシュシュは布の長さが60㎝です。1つめより少しフリルが多いはず。ご参考までに♪

作ってみてびっくりなほど簡単、びっくりなほどかわいいこのシュシュ、皆様ぜひ、お試しください!

この記事をシェアする

関連記事