• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

靴はあなたを幸せに導くアイテム。こんな言葉を知っていますか?

Date:2012.08.21

時代・年代に関わらず、美しさを求める女性の心を揺さぶるもの。洋服、バッグ、そして靴。これらは買っても買っても飽きることなく、女性にとってはいくつあっても構わない、むしろ許されるならいくつでも持ちたいと願うアイテムです。

その中でも特に靴は、ヒールにサンダル、ブーツにパンプス、仕事用にデート用、パーティー用など、種類も用途も様々で、女性らしさの象徴にもなる武器でもあります。

「Sex And The City」の主人公キャリーのように、靴をコレクションしている人も多いのではないでしょう。眺めているだけでも幸せになれる、女性にとってのそんな魔法の力を持っているかのような靴。

しかし現実では、キャリーのように高価な靴を衝動買いしまくることも出来ないし、安価なものを数多く揃えることにしているという方もいるかと思います。

もちろん、今は安く買えて質の良い靴もたくさんあります。仕事用のシューズなど、消耗品と考えられるものは安くても良いのかもしれません。

しかし、靴はあなたを幸せに導いてくれるラッキーアイテムです。仕事用、なんでもない時用の靴もあるかと思いますが、今回紹介する靴に関する言葉を知って、今度から靴を選ぶ時には思い出してみてください。

素敵な靴を履くと素敵な場所へ連れていってくれる

これはことわざではないようですが、イタリアの言葉のようです。漫画などでも使用されたことがあるので、見たことがある人もいるかもしれませんね。同様のもので、

「良い靴を履きなさい。良い靴は履き主を良い場所へ連れていってくれる」

というのもあります。

どちらも、靴が私(履き主)を幸せへ導いてくれるというニュアンスになっています。人生を歩くと考えた時、地面に接する役割を持つ靴が、あなたの人生のポイントになるという意味だと私は解釈しています。

その人が履いている靴は、その人の人格そのものを表すものである

こちらもイタリアから出典でことわざです。メイクや髪型に手入れが行き届いている女性は、足元まできちんとしていることで雰囲気が完成すると考えられています。

女性が男性を見る時も同じですよね。スーツをきちんと来ている男性が、汚れた古い靴を履いていたら全体の価値がガクッと下がって見えてしまうのと同じです。足元まで注意をはらって、完璧な女性になりましょう。

足に合った靴を履いている足は年をとらない。足は若さと美しさを保つ

こちらは高級ブランド、フェラガモの創立者サルヴァトーレ・フェラガモのセリフ。フェラガモが靴を作る時に何よりも重視したのが履き心地でした。顧客の足に触れただけでその人の体調が分かるほどだったという逸話も残っています。

見た目の美しさももちろん重要ですが、足の幅に合わないきつい靴やヒールが馴染んでいない靴でおぼつかなく歩くのはなんとも格好悪いこと。あなたの毎日を、人生をきちんと歩く為には足に合った靴を選ぶことが重要なのです。

番外編:こんな言葉もありました。

「恋人には靴をプレゼントしてはいけない。その靴を履いて遠くへ行ってしまうから」

これは韓国では一般的なジンクスのようです。これに倣い、韓国では本当に恋人同士や好きな人には靴を贈らないそうです。

もし韓国人の彼に靴を贈られたり、「どんな靴がほしい?」と聞かれたりしたら要注意のサインと覚えておいてください。

「シングルウーマンの道は平坦ではない。だから、歩くのが楽しくなる靴が必要なのだ」

こちらは冒頭にも登場した「Sex And The City」の主人公キャリーのセリフ。人生を道に例えた時、自分と道との間にいる存在の靴がかなり重要なものと位置づけているとキャリーが考えていることがよく分かるセリフです。

シングルウーマンに限ったことではありませんが、やはり女性が女性らしく、美しく生きていく為にも、あなたの足に合う強い靴が必要なのです。

この記事をシェアする

関連記事