• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

イマドキ女子の”幸せ”な人生に必要不可欠な8つの要素

Date:2015.02.01

shutterstock_154040954

イマドキ女性の多種多様なライフスタイルが、テレビや雑誌などあらゆるメディアで連日取り上げられていますね。女性自身はもちろん、イマドキ女子の在り方や理想の形を知ろうと男性からも関心が高いのが、”女性の幸せ”についてです。

イマドキ女子の幸せな人生に必要不可欠な8つの要素とは?!

今回は、恋も仕事も大忙し…なにひとつ妥協したくないイマドキ女子にとって最高に”幸せ”な人生をおくるために必要な要素とは一体なんなのかを紹介していきます。

一度しかない人生を自分自身が納得し、自信を持って”幸せ”に過ごせば皆の憧れる勝ち組女子になれるのです。そのために必要不可欠な要素について知っておき、今の自分に足りない要素は一体なにかをチェックしてみましょう!

1、心も体も”健康”であること

普段、何げなく過ごしている毎日。誰かに必要とされれば時に自分の食事時間を短くしたり食事内容を気にせず仕事に没頭したり…睡眠時間を削って更に仕事に打ち込んだりしてしまうこと、ありますよね。

家事だってそうです、現状に満足できなくて、徹底的にやる気になってしまえば休むヒマなんてありません。

でも、よく考えてみてください。やる気は大事ですし、何かに没頭することは人生に深みもやりがいももたらしてくれる大切な要素だといえます。

でもあなたは毎日、自分の体のケアを怠ってはいませんか?ただガムシャラに頑張っているだけで、ムチ打った体をきちんと労わってあげているでしょうか?

体って、自分で気づいていないだけで毎日かなりのダメージを受けています。一番セルフケアをしなければならないのは自分自身そのものなのです。

豊かな人生を送るには女性も男性も体が資本。身も心も健康でいられなければ、仕事も恋も趣味も…なにも楽しめなくなってしまいます。

健康でいることの大切さというのは、健康を失ってから気付くものです。でも、そうなってから気付いても遅いですよね。

普段から自分の心と体の健康を心掛けて生活することを実践してこそ、毎日が充実して楽しく”幸せ”な人生を送ることができるのです。

病気は、人生においてもっとも大きなリスクです。どんなに健康に気遣って暮らしていても、襲い掛かってくることもあるでしょう。

そんな巨大なリスクだからこそ、毎日しっかりとそのリスクを最大限に減らす努力をするべきです。そして”健康な体”でいつまでも居続けることを目指すのです。

そして、女子の健康で気になる部分といえば”お肌”です。スキンケアを怠ると、年齢を重ねた後に取り返しのつかないことになってしまいます。女子の幸せな人生にはいつまでも綺麗なお肌も必要不可欠です。

2、暮らしていくのに困らないある程度の”お金”

なんて現実的で面白みのないことを!と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、これがリアルというもの。某CMでもおなじみですが、本当に「お金は大事だよ~」ということです。

「私が転職する前の会社は、本当に薄給でした。一生懸命働けども働けどもお給料は一向に上がらず、仕事の量と責任ばかりが増していきました。

嫌気がさして、全くの未経験な職種に転職をしたんです。動機は不純と言われるかもしれませんが、”お金のため”

それからというものの未経験の職種だったということもあり苦労は絶えませんでしたが、今では前職のお給料のかなり上をいただけています。

勇気を出して転職してみて本当に良かった。お金があるということで、自分にご褒美を買ってあげたり友達とパーっと旅行にも行けるようになりました。

ある程度のお金は、人生を幸せで豊かなものにしてくれると思います。」(30代女性・営業職)

この女性がおっしゃる通り、ある程度のお金は人生に余裕感をもたらし、豊かにしてくれます。

特別裕福というレベルじゃなくても、自分のしたいことをある程度出来るくらいの財力があると、金銭面からくる我慢を強いられることが無くなるので自然と生活における幸福度が上がるのです。

幸せに毎日暮らすためには、金銭面で苦労をしないことが大事といえます。

3、周りに流されない自分自身への”自信”

実はこれが一番難しかったりします。自分自身に自信を持っている人というのは、ほんの一握りなのではないでしょうか。自分のウィークポイントはたくさん思いつくのに、自分の長所ってなかなか思い浮かんでこないものです。

”謙遜”の概念が強く脳に刷り込まれている日本人の私たちにとって、心の底から自分に自信を持つということがとても難しいのです。

毎日、自分なりに精一杯生きている…ただそれだけで本当に立派なことなのですが、それだけでは自分に自信を持つことが難しく、結局わたしたちは第三者の意見や不特定多数からの目で自分の価値を推しはかろうとしてしまいます。

「人の目がとにかく気になってしまいます。自分なりにコーディネートした服を、周りのみんなはどう思っているのかとか、もっとちゃんとしたブランドのバッグを持てばスゴイと思ってもらえるかな、とか思っていました。

でも、なんとなくそんな人の目線を気にすることに疲れたんです。そしてその時から、あまり人から良く思われようとか、流行のものを身に着けようとかを気にせずに自分のしたいように服を着て、背伸びをやめました。

すると、かえってそのほうが人が寄ってくるようになりました。”ありのまま”なんて言葉が流行しましたが、まさにその通りでした。

ありのまま自分の思うように生きれば必ず素の自分を認めてくれる人と出会えるんだということがわかって、心が軽くなりました。」(30代女性・デザイン関連)

周りの環境、親しい友人…自分と比べる相手は社会にいっぱいいますが、なにより自分自身のことを好きでいること、自分に自信を持つことで普段の見慣れた世界もガラッと変わって見えることでしょう。

自分に自信を持って胸を張って堂々と生きること。これが出来れば幸せな人生間違いなしです。

4、楽しんで生きるためのスパイス”やりがい”

仕事でも、家事でも、育児でも…女性が人生をより楽しんで”幸せ”に生きていくためには、なにかに対して”やりがい”を感じて暮らすことです。

そのやりがいは、どういったものでも構いません。プライベートな時間に友人から感謝をされるようなことをしてやりがいを感じる人がいますし、お給料をもらうことで仕事のやりがいを見出す人もいますよね。

「毎日、平穏無事が良いと思って結婚後は仕事を辞めて専業主婦になりました。そうして今までにないようなゆっくりとした時間の流れの中で、ひとり家で主人の帰りを待っていたのですがとにかく孤独で…。

安らぎ、平穏無事を欲しがって専業主婦になりましたが、主人からしか感謝されない毎日になにか物足りなさを感じてしまったんですよね。

そして、結局再就職することを決めいい歳になってからにも関わらず一生懸命就職活動をし、結果無事に内定を頂き晴れて再び社会人になったんです。

ここでは、以前よりもお給料は少ないし、仕事量は多く大変な思いをすることもありますがやりがいを感じて毎日刺激的に過ごせています。

こういう刺激があるからこそ、休みの日の平穏さを愛しく感じるようになりました。主人は働くわたしを素敵だと言ってくれますし、家事を積極的に手伝ってくれるようにもなりました。わたしは今、幸せです。」(20代女性・飲食店)

5、余裕感を生み出すための”優先順位”の明確化

毎日というのは、本当にあっという間に過ぎていってしまいます。「1日が48時間あったら良いのになぁ…」なんて言う人もいますが、まさにその通りですよね。

やりたいことがたくさんあるにも関わらず、それよりもやらなきゃいけないことが山積みなんてこと、誰でも経験があると思います。

漠然と毎日、ただやるべきことに追われ続けながら生きていくよりも、自分のなかで譲れないものと、後回しにしてもいいものの2種類に分別して考えることができれば、人生は格段に幸福感を増します。

忙しい日常に“余裕感”をもたらすために必要なのは、自分のなかの”優先順位付け”なのです。

人間は、欲深い生き物です。なにか成し遂げたって、希望がひとつ叶ったところでまた違った願いが生まれます。そうしてまた、次の願いが叶えるために頑張れる…欲は生きていく上で必要なもの。

その欲を可能な限り満たしつつ、でもやりたくなくてもやらなきゃいけないことをしっかりと成し遂げていくために優先順位…いわゆる“プライオリティ”をしっかりと自分の中で決めておくことが大事なのです。

「若い頃は、とにかく“あれがしたい”“これがしたい”と時間なり趣味なり…とにかく貪欲になにかを求めて毎日過ごしてきました。

自分が不幸せだとは思っていませんでしたが、満ち足りていて幸せだと感じたこともなかったです。そんなときに、ある本を読んでから物事に優先順位をつけるようになりました。

そうすると、今までなにかと満たされなくてモヤモヤしていた気持ちが、譲れないことだけでもしっかりと出来る幸せを感じられるようになったんです。」(20代女性・公務員)

生き急ぐ気持ちもわかりますが、時間は誰もが1日24時間。時間は平等に流れるのですから、いかにその時間を自分の過ごしたいように過ごすか…有意義に過ごした人が最高に幸せな人生を歩むことができるのです。

6、優しい気持ちの源泉、誰かを”愛”すること

 

あなたには、心から大切に思える人がいるでしょうか。友達、彼氏、夫、子供、両親…どんな人でもいいんです。自分以外の人を愛することで、人は優しい気持ちになれます。愛することが、自分の心を丸くそして温かくしてくれるのです。

イマドキ女子が幸せな人生を送るために、必要不可欠なものが“愛”です。晩婚化といわれていますし、生涯未婚の人も少なくありません。でも、それでもいいんです。

異性に限らず友達でも、両親でも、誰かに“無償の愛を注ぐ”という行為が、自分の心を穏やかにし人生を豊かにしてくれます。

愛なんて…と思う方も少なくないと思います。けれど、誰かに愛されることの喜びは他のことでは感じることの出来ない幸福です。

愛して欲しいと誰かに求めるよりも、愛してあげたいと能動的に誰かを大切に思うことで、その気持ちがめぐりめぐって結果自分のもとへと帰ってくるわけです。

自分のパートナーや両親になにか見返りを求めてはいませんか?「子は宝」なんて言う言葉もありましたが、自分の子供に「大きくなったら色々してもらおう」なんて考えてはいませんか?

なにかをしてもらうことを望むのではなく与える喜びを知っている人が、幸せな人生をおくることが出来るのです。

7、サブ的要素、でも無いと寂しい”趣味”

趣味が無くても正直、人は生きていけます。一生懸命に打ち込む仕事があって、帰る家があって…なんら困ることはありません。

でも、自分の好きなことに純粋に没頭する時間というものって物凄く有意義だってこと、皆さんもご存じなのではないでしょうか?

趣味を充実させるには、時間とお金が必要になります。時間もお金も用意して趣味の世界を見つけることで、今まで無かった社会が広がることになりますよね。

新しい社会には喜ばしい出会いがあります。同じものに興味をもった人が集まりますから、自然と会話もはずみます。一緒になにかに没頭する仲間がいるというのは、仕事の同僚や地元の友人とはまた一味違った面白さがあるんです。

「毎日時間に追われていたわたしが、なにか始めたいと思って習い始めたのはサックスです。楽器なんてやったことのないわたしでしたが、やってみるととにかく面白く、レッスンの日がとても楽しく待ち遠しく感じながら毎日を過ごしていました。

個人レッスンから始まり、今ではグループレッスン出来るまでになり、同じレベルの仲間が出来て会話も楽しく、レッスン後に飲みに行くのが日課です。趣味のお陰で本当に楽しい時間を過ごせています。」(20代女性・自営)

8、1度しかない人生を”努力”して生きる

幸せな人生を歩むために必要な要素についてお話をしてきましたが、最後に考えてみて欲しいのが幸せの対局にある“不幸せ”は一体どこからやってくるのかということです。

不幸せを避けていけば、おのずと幸せな人生を送ることができます。その、“不幸せ”、わたしたちの“後悔”という感情から訪れます。

あのときこうしていれば良かった、なんでこうしなかったんだろう…そんな過去の自分の行いに対する後悔が、今の自分自身を苦しめてしまうのです。

ですから、後悔をしないためにも毎日を一生懸命、精一杯努力して生きる ことが必要なのです。

努力をするということは、簡単ではありません。今の自分にとって、どんな道を進むのがベストであるのか…それを常に考えて行動するのです。そのためには明確な将来へのビジョンを持つことが求められます。

どんなに成功した人でも、どんなに努力を重ねてきた人でも、完全に後悔をしない人生など無いでしょう。でも、その時その瞬間の“最善の道”をしっかり歩めていたならば、後悔は必要最小限のもので済むのです。

人生は、一度きり。後悔ばかりでいっぱいになって前に進めなくなってしまうことのないように、最高の自分でいられるように努力することを心がけたいものですね。

後悔のない、幸せな人生を歩んでいくために…

様々な選択肢がある現代社会。周りに合わせる部分は合わせつつ、自分自身の中で様々なことにプライオリティをしっかりつけてブレずに生きていくことで、後悔のないイマドキ女子的幸せな人生を手に入れることができるでしょう!

この記事をシェアする

関連記事