• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

脚やせで注目されている脂肪溶解注射って何?

Date:2013.07.08

shutterstock_328825562

これから暑くなる季節、ダイエットをしている人も多いのでは亡いでしょうか。でもダイエットをしてもなかなか細くならない部分があります。それが脚です。体全体はほっそりとしているのに太ももだけどうしても痩せなくて下半身だけ重く見られるという人が多いそうです。

そこで最近、雑誌やネットでよく目にするのが「脂肪溶解注射」です。しかし美容整形などをあまり知らないという人はこの「脂肪溶解注射」と聞いてもピンとこないしよく分からない、そしてどういうメリット・デメリットがあるのかも分かりません。

一体この「脂肪溶解注射」とはどういうものなのでしょうか。

脂肪吸引より簡単?脂肪溶解注射とは

そもそも脂肪溶解注射とはどういうものなのでしょうか。ダイエットしてもなかなか痩せない足、そういう時にこの脂肪溶解注射を施術すると脂肪がなくなって細くなるというものです。

施術は名前のとおり注射で製剤を注入していくもので、脂肪吸引のように切ったりするわけではないので、即日帰宅できるということで施術をする若い女性も多いんだそうです。

脂肪溶解注射のメリットとは?

切ることがないのですぐに施術できるという点です。脂肪吸引やメスを入れる施術の場合、短期間とはいえ入院などが必要な場合があります。

入院が必要になると、仕事の合間に施術を行うということがなかなか難しいので、簡単にできるのが嬉しいと施術をする人もいるそうです。

そして部分痩せができるのも嬉しい点のようです。特に足などは痩せにくいので、足痩せしたい人などは注目している施術の1つのようです。

脂肪溶解注射のデメリットとは?

注射をたくさん打つことと体内に製剤を入れることで腫れや痛みを生じます。それはほとんどの人が生じることのようです。腫れは自分でお風呂などで揉みほぐすことで早く治るようですが、その揉みほぐすのがまた痛いようです。

そしてこの脂肪溶解注射は1度の施術では終了せず、これを3~5回程度続ける必要があります。なのでその都度痛みと腫れと戦わなければいけません。

1度打ったことがあるから腫れが出ないというものではないらしいので、1度の施術でその痛みと腫れに耐えることができなくなって途中でやめてしまうという人も多いそうです。

その痛みや腫れがあるというのも事前のカウンセリングでは説明はあるそうですが、今までに感じたことのない痛みと腫れで断念してしまう人も多いので注意しましょう。

施術で気をつけておきたいこと

この脂肪溶解注射は脂肪の付き方などによって向き・不向きがあるそうです。きちんと効果を出したいという場合は入念なカウンセリングも必要ですし、病院選びからきちんとすることが大切です。

病院によって注射の値段もかなり違いますし、打つ回数なども変わってくるそうです。自分の目で調べて信頼できる病院を見つけ、そしてきちんとカウンセリングを受けることで効果が期待できるものです。

運動も何もしないで痩せるのにはこのくらいの痛みは仕方がないと思って受ける人が多いそうですが、実際その痛みを体験すると継続するのをためらう程なんだそうです。

簡単に「注射で痩せる」と思うのではなく、きちんと調べてカウンセリングを受けてから施術を受けるようにしましょう。

この記事をシェアする

関連記事