• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ちょっとそこまでなら・・・たった15分の紫外線が命取りに!

Date:2013.07.18

すっぴんだけどちょっとコンビニまでだから…。洗濯物干してからメイクしよう…。これがシミの始まり…。紫外線はどれくらい浴びたらメラニン(シミの元)を作り始めるのでしょう?!

「紫外線は約15分以上浴びると、脳が体を守るようメラニンを作る指令が出始める」そうです。ちょっとそこまで、お庭の手入れ、子供の送り迎えどれも15分なんてあっという間です。

紫外線からお肌を守るには、生活リズムの中でこのような簡単なルールを取り入れれば良いのです。

朝起きて一番にメイクしましょう!

順番を変えるだけ。お部屋の中にいても紫外線は降り注いでいますから、この習慣をつけるのが一番です。どうしても朝忙しくメイクはゆっくりしたいというあなたは…。

とりあえず日焼け止めをつけましょう!

日焼け止め、一度つければ数値の少ないものでも15分の日常生活からは肌を守ってくれます。忙しさが一段落したら塗りなおすか、メイクを重ねましょうね。

では15分未満なら良いのか?そうではありません。もう一つ紫外線で知っておきたい知識があります。それは、「紫外線の量は足し算されていく」ということです。

一日分の紫外線が蓄積されていって夜寝ている時にお肌に変化が出てきます。朝起きて鏡をみると、あれ?こんなところにシミなんてあったっけ?ということもよくある話です。

パパを駅まで車で送る 10分
洗濯物干す&取り込む 10分
ちょっと銀行へ    10分
スーパーへ買い物   15分
隣の奥様と立ち話   10分
子供のお迎え     10分…etc.

外にいる時間なんて、ちょっとちょっとの積み重ねであっという間に1~2時間です。今日はほとんど家から出ていないという時も、しっかり紫外線は足し算され結構な時間になっています。

たまに今日は何もつけていないという方がいらっしゃいます。お肌を休める日はあって良いと思いますが、全くのすっぴん(日焼け止めもしない)でいて良い日なんてほとんどありません。

紫外線から守ってかつお肌を休めたいのであれば、日が上ったらメイクをし、日が落ちたら早めにメイクオフしスキンケアをしてお肌をいたわりましょう。

この記事をシェアする

関連記事