• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

美肌の大敵、紫外線に負けない肌作りをしてシミのない肌に!

Date:2012.07.08

これから夏に向けてどんどん紫外線が強くなっていきます。紫外線は美肌の大敵!そんな紫外線から肌を守って美肌を目指していきましょう。

紫外線を浴びると・・・

紫外線を浴びるとメラニン色素ができます。これを放っておくと色素沈着を起こしシミとなって出てきます。それだけでなく紫外線を浴びて肌にダメージを与えると乾燥などを起こしそれがシワなどになってしまいます。

そこで常に日焼け止めを塗ることをオススメします。今では乳液タイプやウォータータイプなどといった気軽につけることができるタイプも増えてきているので、ちょっとした外出にもなるべく日焼け止めを塗ってまずは紫外線から肌を守っていくことを心掛けましょう。

肌にいい栄養素って何?

表面上のものは化粧水などでケアができますが内面からのケアは何ができるでしょうか。肌に良い栄養素を含んだ食品を心掛けて摂取することで内側からのケアもできます。ここでは肌に良い栄養素を含んだ食品をいくつか紹介します。

ビタミンC

ビタミンCはメラニン色素の生成などを防止する役割があります。よくテレビなどでもシミ・ソバカスを防ぎますといったCMを目にすることがあります。メラニン色素の生成を抑える作用があるので、美白にも良いとされています。

ビタミンCを多く含む食品には、トマト・いちご・ブロッコリー・レモンなどがあります。

ビタミンA

ビタミンAは皮膚・粘膜の保護、肌のかさつきを防止する役割があります。日焼けなどによってビタミンAが不足すると肌のかさつきでシワなどになることがあります。

ビタミンAを多く含む食品には、かぼちゃ・にんじん・ピーマン・緑黄色野菜などがあります。

ビタミンE

ビタミンEは肌の若返りによいとされています。紫外線で弱った肌にもとても大切な栄養素です。ビタミンEを多く含む食品には、アーモンド・ピーナツ・うなぎなどがあります。

これらの食品をうまく摂取して内側からも肌を守っていくように心掛けましょう。

どうしても無理な時は

なかなか食品での摂取が難しいという場合はサプリメントなどを活用するのもオススメです。今ではいろんなサプリメントがあるので、自分に何が不足しているのかを把握してサプリメントで補うのも効果的です。

何が不足しているか分からない場合は、「マルチビタミン」などを摂取するとほとんどの栄養素は含まれているので迷わなくて便利だと思います。

紫外線を浴びた肌のお手入れ方法

肌のことを考えると日焼けは厳禁なのですが、海などに行って紫外線を浴びて日焼けした肌はまずクールダウンさせましょう。化粧水などで熱を取り、これ以上メラニン色素を増やさないこと、そして乾燥させないことを心掛けましょう。

紫外線は肌の老化にも結びつきます。なので日頃から日焼けなどに気を配り、少しでも紫外線を浴びないように心掛けてシミやシワの少ない肌を目指しましょう。

この記事をシェアする

関連記事