• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

働く女性に知ってほしい好感度を上げるちょっとした気配りベスト5

Date:2012.09.06

頑張っているのに、何だか上手くいかない・・と仕事で悩んでいる女子も多いと思います。

「まあ、そんな時もあるさ」と割り切って、クヨクヨしない気持ちも必要ですが、もしかしたら「これでいい」と思っていることが、ちょっとだけ足りなかったり、甘かったりすることもあるのかも?

普段やっていることを、もう一度見直して、より好感度アップできる、仕事のちょっとしたことを紹介します。

1、まずは当たり前だけど、初対面の挨拶を見直してみる

何を今さら・・なことですが、やっぱりとても大事なこと。お客様など社外の人だけでなく、初めて人と会うときの第一印象を、左右してしまうののが挨拶。

相手を見つけたら、まず微笑みきちんと目を合わせて。挨拶の言葉や自分の名前などは、モゴモゴと誤魔化さずに、しっかりと話しましょう。

最後の「よろしくお願いいたします」などの言葉をキチンと言ってから、丁寧にお辞儀を。話しながらお辞儀をするのは×。

学生さんなら、ペコリとお辞儀もかわいいですが、社会人なら少しゆっくり、丁寧な気持ちで、頭だけでなく腰から曲げて、きちんとお辞儀をしましょう。女子は自然に手を前で揃えてからお辞儀をすると、丁寧で上品で、好感度もアップします。

こうしたお辞儀の方法は、婚活やお見合いなど、他の場でも活用できるので、一度鏡を見てチェックしてみましょう。

2、職場やママ友など身近なところの挨拶も見直してみる

朝の挨拶は大切などと言うと、まるで学校のようですが、それでもにこやかに気持ちの良い挨拶をされると、誰しも悪い気持ちはしません。

苦手な人、昨日叱られた上司など、何となく避けてしまいたい人にこそ、きちんと挨拶をすると、向こうからも声を掛けてくれたり、いいこともあるハズ。

上司や先輩にはまず自分から挨拶をする、席を立って又は相手の席の近くまで行って、挨拶することが基本。自分のデスクのパソコンを見ながら、顔だけちょっと向けて言葉だけ「おはようございます」と言っても、それでは挨拶していないのとかわりません。

またイヤな人、嫌いだと思っている人に対する時は、つい笑顔もひきつりがち。そんな時は服装でも何でも良いので、その人の何か良い部分を見つけると、笑顔が自然に作れるので、是非試してみて。

顔を付き合わせるからこそ、笑顔で気持ちよく挨拶することを、実践してみては?

3、スキマの時間を上手に活用する方法

やってもやっても仕事が終わらない、常にやらなければならないことが山積み・・・こんな人も多いハズ。そんな状態だと、バタバタしている間に大事なことを忘れてしまい、大失敗・・。

こんな経験は、誰しもあるはず。忙しい時こそ、スキマの時間を有効に使うことを、心がけて実践してみては?

通勤中や、交通機関での移動時間、達人ともなればエレベーター待ちの時間も使っているよう。意外に限られた短い時間のほうが、集中できることもあるで、細切れ時間こそ仕事に使って。

細切れの時間にやるとオススメなのが、まずはメモ。朝なら今日朝一番でやることを書き出し、チェックして、先のダンドリまで考える、取引先からの帰りの電車なら、商談の中身を思い出し、帰ってからやるべきことを、細かく書き出すなど。

物理的にメモできなくても、頭の中で思いだして整理するだけでも、落ち着いてメモをする時の時間短縮になります。

また、意外に良いのがアイデアや企画を考えること。机に座って考え込むより、ひらめくことも多いという証言も。

お風呂やトイレ、夜寝る前にフッと忘れていたことを思い出したり、アイデアが浮かぶのと同じで、場所が変わると、意外に効果もあるので、試してみては?

4、メモの取り方を見直してみる

人間は誰しも忘れる生き物。きちんと忘れずにいる人は、メモを取ってそれを活用している人。スケジュール的なことは、手帳や携帯に入力して管理するのは当然ですが、ちょっとしたことも、出来るだけその場でメモをすることを習慣づけて。

またどこに何を書いたのか、すぐにわかるようにメモをとるのもコツ。打ち合わせなら打ち合わせ専用ノートを作る、顧客別ノートを作るなど自分で工夫を。

活用している人の中には、ノート一冊にとにかく思いついたこと、やるべきこと、感想などなんでも、まとめて書いておき、1日に何回も見直し、優先順位やすぐに出来ることから片付けて、どんどん項目を消していく方法も。

すぐにしなくて良いことは、長期的なことをメモするノートに移すなど、せっかくのメモを無駄にせずに。

長期間に渡るような案件の場合や、仕事の内容によっては、顧客・案件別に会議や打ち合わせ内容を書いておき、その後自分で考えて、その日にすべきこと具体的な細かい行動(○○さんに、時間連絡のメールなど)に落とし込んで加えておき、その日のうちに処理をするなど、達人達は使い分けが上手なので、見習いたいですね。

*オススメノートの使い方

ノートの使い方のヒントとして、ノートの見開きを縦に3つか4つに区切り、日付、件名を一番に書いた上で、名前(内容を言った人)、言われた内容などを、左半分に、真ん中に疑問点(質問して解消するのを忘れない)や自分で感じたこと、考えたこともメモし、終わってからやるべきことを一番右に書いて、そのままチェックリストとして使うという方法も。

学校の勉強のノートの応用形ですが、用件があって急に呼ばれたなどの時は、こうしたノートにメモっていくと、書きながら整理も出来て、後で見直してもわかりやすくなります。

また、できれば、前日の最後に「明日やるべきこと」リストを完成させてから、退社すると翌日もスムーズに。

*メモで大切なこと

メモで大切と言われるのが、その場ですぐメモること、自分がわかりやすく、何回も見直すことの3つのようです。

どこに、何が書かれているか、後でわかるように、自分が一番探しやすく、面倒でない方法を見直してみましょう。

5、その他にも

  • 話したり文章を書くときには、相手を想定して、その相手に伝わるのか?と考えながら、内容や言葉を工夫することを、心がける。
  • 取引先や社内の違う部署の人と別れる際には、こちらから「何かありましたら、すぐにご連絡ください」と声をかけるだけで、相手も気軽に疑問や確認がしやすくなるので、コミュニケーションもスムーズになる。
  • 仕事をする際には、仕事の目的(何のためにするのか)を確認することを忘れずに。また途中も折々に確認すると、方向性がブレずに最終的に良い結果が・・。

など、すでにやっていることばかりかも知れませんが、今一度見直してみると、良いのでは?

この記事をシェアする

関連記事

コメント