• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

シリコンって、なんでだめなの?シャンプーの成分、基本のき

Date:2014.10.31

「シリコンは体に悪い」、「シリコンフリー」などシリコンにまつわる話題が増えてきた昨今。

シリコンてなんなの?と思いながら、なんとなくノンシリコンのヘアケア製品を使っている人もいるのでは。

この記事ではシリコンって一体何なのかというとことから、あなたのシャンプー選びの役に立ちそうな情報をご紹介します。

シリコンってなに?

シャンプーやリンスの製品ラベルに「~コン」で終わるものを見つけたら、それはシリコンの仲間。これらはレインコートのようにあなたの肌と髪を覆う成分で、外側からの水分が内部に入らないようにし、肌や髪をするっと滑らかに整える成分の1つです。

シリコンと髪の関係

シリコンと髪は、実は複雑な関係なのです。シリコンの入ったヘアケア製品を使うと、あなたの髪はまとまりがよく潤って滑らかな感じになります。

一方でシリコンの入ったシャンプーなどを使うと、髪は完璧にコーティングされてしまってほかの潤い成分が髪に入っていかなくなり、長年使うことでどんどんとシリコンの成分が髪や頭皮に蓄積されていくという危険性があります。

悪いシリコン

ジメチコン、セチルジメチコン、ジメチコノール、ステアリルジメチコン、シコロメチコン、アモジメチコン、トリメチルシリルアモジメチコン、サイクロペンタシルゼーンなどの水溶性でないシリコンは髪にこびりつき、頭皮の毛穴を詰まらせる原因になります。この状況を打開するのが、ディープクレンジングシャンプーとか、クラリファイングシャンプーなどと呼ばれるシャンプー達。

これらを使うことで、毛穴や頭皮につまったシリコンを取り除くことができます。

しかしながらこれらの製品は頭皮や髪を乾燥させるので、その後にディープトリートメントをしなければなりません。

でもこのトリートメントにまた、シリコンが含まれていたりすると・・・。悪循環になってしまいます。

いいシリコン

ジメチコンコポリオール、ステアロキシジメチコン、ベヘノキシジメチコン。これらのシリコンは水溶性で、そうではないものに比べるとまだ「いい」シリコンと呼べるでしょう。これらのシリコンは頭皮や毛穴に蓄積はしないものの髪をコーティングするので、その他のヘアケア製品の保湿成分は髪に入っていきません。

「髪が滑らかになる」という謳い文句のシャンプーを買うときには、これらの成分に気を付けてみてください。

いかがでしたか?シリコンにも比較的「いいもの」と「わるいもの」があります。

結論としてはものすごくダメージが気になるときにはちょっとだけシリコンの入ったシャンプーやコンディショナーを使うという選択をするときもあっていいのでは、ということです。

とはいえ、これが習慣になってしまうのは体にとってあまりよくありません。

あくまで応急処置としてシリコン入りの製品をつかうようにしましょう。

この記事をシェアする

関連記事