• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

あなたはどっちを選びたい?シリコンブラパッドvsウォーターブラ

Date:2012.11.05

shutterstock_291965006

世の中にはバストアップの方法を探している女性がたくさんいます。マッサージをしたりバストアップサプリメントを摂ってみたり。でも効果が出るまでには時間がかかります。面倒な努力なくして簡単にバストアップしたい!そんな彼女たちの願いを一瞬で叶えてくれるアイテムがあります。

シリコンブラパッドとウォーターブラです。そこでこの2つのアイテムについてもっと詳しくご紹介します。それぞれメリット・デメリットがあるわけですが、どちらが自分に合っているか参考にしてみてくださいね。

シリコンブラパッドとは?

その名の通りシリコンで出来ていて、ゼリーのような感触、肌の色と同じトーンのブラパッドです。ただブラジャーの中に装着するだけでバストのボリュームアップが図れるというもの。その形が似ているということで「チキンカツレツ」と呼ばれることもあるのだとか。

シリコンブラパッドのメリット・デメリット

シリコンブラパッドのメリットを以下に挙げます。

  • 値段が手ごろ
  •  メーカーによって多少の違いはあるものの、だいたい1,500円~3,000円程度で購入できます。

  • 使い方が簡単
  •  ブラを付ける時に一緒に中に入れてはずす時に取り出すだけ。

  • 長持ちする
  •  毎日使ったとしても2年程度はもちます。

  • フリーサイズ
  •  誰でも使えるサイズのため試着の必要がありません。

そしてデメリットはというと…

  • 毎日つけないといけない
  •  もし特別な時だけ使った場合でも、別の日に使っていないとバレてしまう恐れがあります。

  • 常に快適とは限らない
  •  シリコン製のため夏の暑い時期などムレることも考えられます。

  • ブラから落ちてしまう可能性も
  •  肌やブラに留めているわけではないため、長時間使っているとズレてブラからはみ出してしまう恐れもあります。

ウォーターブラとは?

ウォーターブラはブラジャーの中に水が入っていて着けると胸を大きく見せることができるというものです。ウォーターブラという名前ですが、実は水だけでなくオイルも入っています。似たような機能を持つジェルパッド入りのブラもありますが、ウォーターブラの方が人気が高いようです。

ウォーターブラのメリット・デメリット

ウォーターブラのメリットを以下に挙げます。

  • シリコンブラパッド同様、こちらも値段が手ごろ
  •  普通のブラジャーと大して変わらない値段です。メーカーにもよりますがだいたい3,000円程度です。

  • なじみやすい
  •  普通のブラジャーと同じように使えるため、あまり違和感がないでしょう。

  • 使い方が簡単
  •  中にパッドを入れる必要がなく、ただブラジャーをつければ完成です。

  • つけているときの不快感がない
  •  普通のブラジャーをつけていることに抵抗のない女性ならば大丈夫です。付け心地を心配する必要はありません。

そしてデメリットはというと…

  • 大きさを選べない
  •  ウォーターブラで水増し(?!)できるサイズは1カップのみです。例えばAカップの人はBカップ、Bカップの人はCカップというように。Aカップの人がDカップにするとかはできないようです。

  • 耐久性に欠ける
  •  もし破れた場合、中身がこぼれ出てしまいます。大切なデート中で起こった場合かなり恥ずかしい思いをするかもしれません。

  • 手で洗濯しなければならない
  •  もし洗濯機の中で破れた場合、ウォーターブラの中に入っている水やオイルがこぼれ出るため、他の衣類も汚してしまう可能性があります。それを防ぐためには毎回、ウォーターブラのみ別に手で洗う必要があるでしょう。

耐久性を重視して、毎日使うことに抵抗がない人はシリコンブラパッドを選択してみるのもいいでしょう。そして着け心地重視の人はウォーターブラがいいのではないでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事

コメント