• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

シングルマザーでも素敵な恋愛をして一人の女性として輝ける

Date:2013.07.17

現在日本の母子家庭世帯数は約123,8万世帯あるそうです(平成23年度調査)。私も少し前まではその中の一人でした。未婚で長男を出産し、沢山の人の力を借りながら二人で生きてきたわけなのですが、3年前現在の旦那様と出会いました。

子供がいると、恋愛をする事をいけない事だと思ってしまって、諦めてしまっている人も少なくないと思います。

しかし、今の時代はシングルマザーでも恋愛している人は沢山いますし、子連れでの結婚も珍しい話ではありません(もちろん今でも反対されないわけではありませんが・・・)。

子供だって、ママが輝いていた方がいいに決まっている!

子供の事を一番に考えたいから。子供だけと生きていくと決めたから。決意は分かります。しかし、恋愛してる時って、何でも頑張れませんか?育児だって家事だって頑張れちゃいます。

結果、恋愛をしている方が子供の為になる。私はそう思いました。もちろん無理に恋愛して!という話しではなくて。素敵だなと思う人がいるのに、子供の存在でその想いにストップをかけてしまうのはもったいないという事なのです。

シングルマザーキラーに要注意!

恋愛してみようかなという気持ちになった時に注意していただきたいのが、シングルマザーを狙った最低男達の存在です。

子供がいると言えば「俺、子供好きなんだよね」なんて言って子供好きをアピールしてきたりしますが、私の経験上本物の子供好きは5割いるかいないかです。

シングルマザーというのは他の女性よりも男性の優しさに飢えていますし、昔なら絶対に男なんかに騙される事のなかった女性も、コロッと騙されてしまうなんて話しは実は結構ある話しなのです。

ママの失恋は子供の傷にもなる事を忘れないで

私が現在の旦那様と結婚する前に、私と彼と子供と一緒に暮らしていた時に、些細な事で私と彼が喧嘩をして「もう別れる」と彼が家を飛び出したときの事です。私が泣いていると、子供は「ママ、僕がいい子じゃないから・・・ごめんなさい」と泣きながら私に言うのです。

子供からすれば、ママの彼氏はもう家族なのです。もちろん、それが受け入れられない子もたくさんいますが、どちらにしても、ママが落ち込んでいる事は子供にとっても、かなり辛いものなのだと思いました。

結局仲直りしたからよかったものの、そのままもし別れていたら、子供は自分のせいだと思って、ずっと生きていかなければならなかったのです。

子供と俺どっちが大事?なんて論外

たまにこんな馬鹿な事を言い出す男性がいますが、私の場合言った時点でもう完全に冷めます。でも反対に子供が、自分と彼どっちが大事なのか?と思う事は絶対にあります。

ママをとられた気がして、情緒不安定になる事だってあります。そういう場合は、彼の事も好きだけどあなたの事が一番好きなのよ、と何回でも言って抱きしめてあげましょう。

そのフォローがきちんとできなかったら、子供が彼を嫌いになったりして幸せな家庭を築く事など絶対にできません。

彼が子供の事を愛してくれないのなら、そんな彼いりません

私は結婚する時、彼に「お前と子供が餓死しそうで、食べ物がひとつしかなかったら、俺は迷わずその食べ物を子供にあげるからね」と言われました。その時私はこの人を選んでよかった、と本当に思ったのです。

恋愛すれば全てが上手く行くわけではありません。もちろん嫌な事だって多いです。一人で育てた方がいい点だってたくさんあります。でも、あえて恋愛をしない事を選ぶ事はおすすめしません。

普通の恋愛のようにいかない事だってたくさんあります。でも普通の恋愛よりもいい事だってたくさんあります。ママの幸せは子供にとっても幸せであるということを忘れないでください。

この記事をシェアする

関連記事