• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

新婚旅行の費用をより安く!賢い花嫁を目指しましょう

Date:2013.05.12

結婚式が終われば、次に楽しみなのは新婚旅行です。最近は海外に行くカップルが多く、最初で最後の贅沢と思って、ついつい豪華な旅行で散財してしまうことも。

新婚旅行で贅沢気分を味わうのもいいですが、考え方を変えれば新婚旅行で少し節約して、予算内でセカンドハネムーンの国内旅行へ行くという手もあります。

予算が足りなくて憧れの場所に行けないかもとお悩みのあなたも、ちょっと工夫すれば行けてしまうかもしれませんよ。

新婚旅行はいつ行ってもいい!

結婚式の後にそのまま新婚旅行に行かなければと思っていませんか?仕事の関係で結婚式の後にしか長期休暇が取れないという場合は別ですが、式の後しばらく期間を空けてから行っても全く問題ありません。

オフシーズンを狙って安くて空いている時期に設定すれば、かなりお得に旅行を楽しむことができます。

とは言え、少し期間を開けるだけのつもりがそのままタイミングを逃して行けないままというのは悲しすぎます。式の準備と共に「いつ・どこへ行くか」はあらかじめ決めておき、予算も家計とは分けてしっかりと残しておきましょう。

お金をかけるポイントを絞りましょう

まずは彼と相談して、自分たちの旅行のメインを決めましょう。三ツ星ホテルや水上コテージで優雅に過ごすのが好きであれば、行き先を近場にすれば宿泊にお金をかけられます。

お互いに貧乏旅行でも楽しめるようであれば、同じ予算でそこそこのホテルでもたくさんの都市を巡るような旅行にも行けます。

貧乏旅行でも、最後の晩だけドレスコードのあるレストランで食事するとか、一つだけ現地ブランドの本店で買い物をするなどのイベント的な事を決めておいても楽しいでしょう。とにかく二人が楽しめることが大切なので、張り切って奮発する必要はありません。

飛行機代が節約の決め手!

旅行の代金を左右するのは飛行機代です。航空会社・時期・キャンペーンなど、様々な項目で代金が大きく変わってきます。ツアーで旅行を申し込む場合も多いと思いますが、飛行機代によってツアー料金も大きく変わってくるのです。

節約旅行でオススメなのは「乗り継ぎ便」です。例えば、ヨーロッパへ新婚旅行に出かける際、直行便を利用するツアーと韓国乗り継ぎ便を利用するツアーでは、同じ内容でも倍近く料金が変わる場合もあります。

もちろん待ち時間が発生することもありますし、フライトの時間も長くなりますが、半分の値段で憧れの地へ行けるのであれば検討の余地ありですよね。ガイドが同行するツアーであれば、乗り継ぎの案内もきちんとしてもらえるので心配はいりません。

乗り継ぎの空港は施設も充実していることが多く、レストランやカフェで休憩したり、ショッピングしたり、イベントブースなどを見学したり、待ち時間も楽しく過ごせる空港作りがされているのも嬉しいところです。

ヨーロッパ旅行のついでに、本場の韓国料理を食べて帰国というのもいいかもしれませんよ。

この記事をシェアする

関連記事

コメント