• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

嘘をつくときの行動の特徴!嘘をつくとき仕草にでる心理的原因

Date:2012.11.12

「あなたは、嘘をついた事がありますか?」そう聞かれたらNOと答える人はいないでしょう。人は、少なからず嘘をついて生きています。

普段の生活の中でも相手に本音ばかり言っていては、良いコミニュケーションが取れませんよね。

しかし人間が嘘をついてしまう時には、表情や行動に出てしまう事があります。恋人の嘘、友達の嘘を行動や表情で見破る事もできます。そしてそんな嘘をついた時の行動パターンは、いくつかあるのだそうです。

あなたの嘘も見破られているもしれませんよ。

嘘が行動に出る心理

人間は、嘘をつく生き物です。嘘といっても悪い嘘ばかりではなく、人の気持ちを考えて敢えてつく嘘もあります。

全ての嘘が悪い嘘とも限りませんが、恋人や友達など親しい間柄の人には嘘はついて欲しくないですよね。

でも、人は何故嘘をついてしまうのでしょうか?嘘には、さまざまな嘘があります。人を気遣う嘘や悪い事をした時につく嘘、そして愛を失うわない為の嘘や自分に自信をつける為の嘘などさまざま存在します。

心理学的に人が嘘をつく時は、自分に自信がない時が多いそうです。相手に対して罪悪感があったり、相手に本音を言えないなど自分に正直になれない場合につくのが嘘です。

自分の自信の無さをカバーする為に、人はさまざまな嘘をついてしまいます。そして嘘をついた時には、相手に嘘がばれないように必死で隠そうとしますが、実はこの心理が行動や言動に無意識に出てしまっているのです。

そわそわしたり、話を変えようとしたり、目線が一定の方向ばかり見てしまったりと髪を何度も触ってしまったり、全て無意識に出てしまいます。

嘘をついている時に行動に心理が投影されない人は、ほとんどいません。小さい変化でも何かしらの反応が見られます。そんな小さな行動の変化を見抜いて、相手の嘘を見抜いてしまいましょう。

嘘をついた時多い行動パターン

人が嘘をついた時には、些細な行動でも変化が出てしまいがちになります。特に親しい間柄の人の嘘は、見抜きやすいそうです。

そして人が嘘をついた時に多く見られる行動パターンなども存在しています。ここでは、そんな嘘をついた時に多い行動パターンをいくつかご紹介していきましょう。

まずは、目に注目してみましょう。人の感情は、目に出やすいといわれています。これには、脳の仕組みが関係しているのだそうです。

右脳は、想像をする事に使い、左脳では、真実を言葉にする時などに多く使われるのだそうです。この事を踏まえてみていきましょう。

嘘をついている時の目の動き
①右上ばかりを見ている

右側ばかりを見ている時には、嘘をついている可能性があります。右ばかり見ている時には、右脳を使っているとされているからです。

右脳では、想像をする場所です。嘘がばれないように、想像を働かせて話をしている可能性があるといわれているのです。

逆に左ばかり見ている場合には、過去の出来事を思い出して話をしている場合が多いそうなので、嘘をついている可能性が低くなります。

相手の話を聞く時には、目線を気にして話をしてみましょう。

次は行動に注目してみましょう。

手の動きや足の動きなど、良くみていると変化を感じる時がありませんか?あれ?と思った時にこんな行動をしていたら、嘘をついている相図かもしれません。

①必要以上に鼻に触る

人に嘘をつく時には、緊張する事もあります。そんな時にでる行動パターンです。人の鼻には、突起性組織という血が流れている血管があります。

極度に緊張をすると、この突起性組織の血管が膨張して鼻が敏感になるのだそうです。その為、嘘をついている緊張から鼻がムズムズして無意識に鼻を触ってしまうのです。

②足をやたらと組み替える

落ち着かずに足をやたらと組み替えるのは、早くこの場を去りたい、乗り切りたいという時に出る行動です。

心理的に落ち着かなくなってくると、人はソワソワしてしまうものですよね。

その他には、相手の質問に対して返答がやたらと早かったり、髪を触りまくる、短い返答しか返して来ない場合など、嘘をついている時にはとても多くみられるそうです。

又このような嘘をついている時の行動は、顔、手や足など上から順番に現れてくるといわれています。

相手の言動に不審を感じたら、まずは顔からいつもと違う部分を探してみましょう。相手の本音を知りたい時は、ぜひ活用してみて下さいね。

この記事をシェアする

関連記事

コメント