• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

新社会人注目!女の先輩にかわいがられる5つの方法

Date:2013.07.22

今年新社会人になった皆さん。新しい環境に新しい仕事、社会のルールなんてなにも分からずに毎日右往左往している人も多いのでは?

そんな中で気を遣うのが、先輩上司との関係。サークルや部活とは違う先輩との関係が業務以上に難しいなんて事はないでしょうか?

特にお局さん的な女性の先輩。キャピキャピしてたら学生ののりはやめろなんて言われそうだし、かといって怖がってうまくしゃべれないでいると無愛想だなんて嫌われてしまいそう・・・。

そんな女性の先輩にかわいがられる為にはいったいどうすればいいのか?今回はそんな悩める新入社員のみなさんの為に、女の先輩にかわいがられる5つの方法をご紹介します。

鉄板はあいさつがきちんとできる明るい後輩!

長年仕事をしてきたお局女性社員にとって、新入社員が仕事面で使い物にならないなんて100も承知。期待以上の事をしてくれるなんて希望は全く持っていませんし、ミスさえしなければとりあえず良いとぐらいにしか思っていないでしょう。

それよりももっと気にしているのが基本的な「あいさつ」。報告・連絡・相談で怒られる事は新人のうちはもちろんありますが、あいさつをちゃんとしろと丁寧に教えてくれる事はないでしょう。

なぜなら、あいさつは社会人とかの問題ではなく、今まで生きてきた中で当然のように身ついているだろうと思われています。そんな当然の事を当然のようにできない新入社員は、仕事を教える以前の問題です。

「おはようございます」「ありがとうございます」「おつかれさまです」といった基本的なあいさつは絶対に欠かさないようにしましょう。特に教えてもらう立場の新入社員ですから、先輩が教えやすいよう明るく話しやすい雰囲気を出すのも好かれる要素です。

どんなに親しくなってもタメ語は厳禁!

いざ話してみるととても気さくで話しやすい先輩っていますよね。休日も一緒に遊びに行っちゃうぐらい仲良くなって、なんとなく気が緩んでついついタメ語になってしまうなんて事も。

確かに完全なプライベートで、ちょこっとタメ語がでちゃったぐらいならまだ許容範囲かもしれませんが、仕事の場で上司もいる中でのぺらぺらぺらぺらぺらタメ語なんて使われるとなんだかちょっと・・・と思うのが先輩の本音。

どんなに仲良くなっても敬語を使うのが、教えてもらう立場の新入社員のルールです。

頼りにしているアピールは何よりもの武器!

男性と違って頼られるとか、女性の先輩は、そんなにあからさまに頼りにしてますとか、褒め言葉を並べるのはどうなんだろうって思ってしまうかもしれませんが、長く仕事を続けている人ほど自分ががんばって続けてきた事をほめられるのはやはり嬉しい事です。

そこに女性と男性の差はないようです。教えてもらった事には「ありがとうございます!」と言うのは当たり前の事ですが、「勉強になるなー」なんて独り言を言ってみたり、何かうまくできて誰かにほめられたときは「やっぱり先輩にアドバイスしてもらった通りにやってよかったです!」のように先輩を立てるようにしてみましょう。

間接的でも直接でも、自分をほめてくれる人というのはやはり仲良くしたくなってしまうものです。ただ気をつけなくてはいけない事が一つあります。それは上から目線でほめない事。教えてもらう側だという事を常に肝に命じましょう。

歳の話はしない!もぉ歳かな?は絶対禁句!

「もう25歳なんで全然おばさん扱いされちゃうんですー」「30歳に近づいてきたせいか体力の衰えが・・・」そんな話は絶対禁句!だって先輩は当たり前のようにあなたより年上で、しかもお局さんともなればあなたより10歳年上なんて事も・・・。

そんな先輩に対して20代の自分がおばさんだなんていうのは言語道断!「じゃ私はなに?おばあさん?」なんて事も。自分の年齢については触れないようにしましょう。

それだけではなく、「先輩ってお洋服とか若いですよね!」なんて言うのもあまりよくありません。まるで「先輩若い子の服着てるけど、年相応のおばさん服は着ないんですか?」なんて言っているようにも聞こえかねません。

「先輩肌つやつやー!」なんて言うのもなんだか上から目線で「歳の割にきれいですね」なんて聞こえかねません。

男性の先輩とジェレネーションギャップについて盛りあがる事はあったとしても、女性の先輩とのジェネレーションギャプについては自分から口に出す事は控えましょう。

いつも笑顔を絶やさない子は嫌われない!

笑顔は誰からも愛される最大の武器!ぶりぶりしている笑顔は嫌われるけど、明るいさわやかな笑顔は誰からも好かれます。笑顔というのはやはり自分に余裕の無い人からは出ないものです。

いくら新入社員だからといって、いつも緊張して顔がこわばってしまっているような子には、なかなか世間話もしづらく仲良くなれないし話しかけずらいですよね?

それに比べるとちょっと注意された時も笑顔で「ありがとうございます」といえる子には「もっとたくさん教えてあげよう」って思えますよね。重要なのは話しやすい環境を自分からつくる事!先輩が指導してくれやすい環境をつくる事を心がけましょう。

この記事をシェアする

関連記事