• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

姿勢美人になるためにモデルウォーキングを習得しませんか?

Date:2013.06.24

30代も後半になってくると、「若い頃はこんなところに脂肪つかなかったのに~!」という場所にたぷたぷお肉が付いてくるものです。毎日の家事や、育児、仕事に追われ、定期的に運動の時間を取るのもままならないのが現状ですよね。

そんな忙しい女性のために、モデルウォーキングを伝授します。普段、家の中でも外でも常に実践すれば姿勢も良くなり、ボディシェイプも出来、美しさを保てます!

Step1.まず、自分の身体が真っ直ぐになっているかどうか確認してみましょう

壁の前に立ちます。背中を壁につけて立ち、なるべく背中の大部分が壁につくように、下腹と肛門に力を入れて立ってみてください。足はかかとを壁に付け、逆ハの字にします。

普通に立つと、腰と壁との間に隙間が出来ると思いますが、これをなるべく壁につけられるように肛門を締め、骨盤が真っ直ぐになるようにしてみてください。背中と壁に隙間がほとんどなくなればOKです!

step2.爪先立ちで歩いてみましょう。

爪先立ちになり、全身を思い切り上に引き上げましょう。下腹と肛門に力を入れて、下半身で全身を支えます。膝を伸ばし、お尻で後ろから押してあげるような感じで、上半身は後から自然に付いてくるイメージで歩きます。

両手を腰の低い位置に置くと身体が支えやすいでしょう。爪先立ちなのでぐらぐらすると思いますが、真っ直ぐ立てるように頑張って、ゆっくり1歩ずつ確実に歩いてみましょう。かなり下半身が疲れるはずですが、それだけ筋肉を使っていますので引き締まります。

step3.モデルウォーキングをしてみましょう

まず、立つときは、どちらか片方の足を後ろに引き、体重を全部この後ろの足にかけて立ちます。そして、前にある方の足は軽く膝を曲げて真っ直ぐ前に向けます。そして、この前の足から歩きだします。踵から先に地面に付け、爪先で地面を蹴るようなイメージです。

両膝の内側をほんの少し擦るような感じで、1本のライン上を両足の内側が通るように意識しながら、真っ直ぐ前を見て歩きます。下腹と肛門に力を入れて膝を伸ばし、先ほどの爪先立ちと同じようにお尻で後ろから押すようなイメージです。

step4.靴を履いて歩いてみましょう

家の中では裸足で爪先立ち、靴を履いて出かける時は少し慣れてきたら高めのハイヒールにして、下半身を緊張させながら歩いてみてください。

日常的にこのウォーキングを意識するだけで、全身が引き締まり、姿勢が良くなるので内臓の健康にも良く、内側も外側も美しさを保てます。

この記事をシェアする

関連記事