• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

「もう恋はしたくない」そんな心から立ち直る一番現実的な方法

Date:2013.05.31

あなたが最近大切にしていた恋を失ったなら、今はもちろん悲しみで胸がいっぱいでしょう。毎日楽しくて、ドキドキしていたあの頃が、はるか昔のように感じられるのではないでしょうか。

また、自分から別れを告げたならば、なんであんな事を言ってしまったのだろうと、悔やんでいるかもしれませんね。喪失感、孤独、空虚、そんな言葉があなたを取りまいていますか?

仲のいい友達に、恋が終わったことを話ましたか?もしかしたら不倫など人には話せない恋だったら、ひとりで抱えたままかもしれませんね。

友達は『そんな男は忘れてもっといい男性を探しなよ。』と励ましてくれると思います。それはもちろん本心で、彼女達は真剣にあなたの事を心配してくれているのです。

でもそういった励ましの言葉は、あなたの心の奥まで届いていますか?ぽっかり空いた心の穴を埋めてくれますか?話を聞いてもらったその時は元気になったように感じても、夜ひとりになると悪魔のように悲しみが訪れて、またひとりで泣いていませんか。

仕事や趣味に打ち込もう、そう思う方もいますよね。彼の事を思い出す暇がない位に一日の予定を一杯にして。それもいいと思います。たとえそれが逃避という名の埋め合わせだったとしても。

あなたは今、こう感じているのではないでしょうか。『もう二度と恋なんてしない』と。あんなに辛い想いをするのなら、女性としての心を閉じ込めて生きる方がよほど楽だと考えていませんか?

考えてみたら、恋って不思議ですよね。もちろんなくても生きていけるし、人間の五大欲求にも入っていません。けれどもその反面、いまこの瞬間も世界中のあちこちで無数の出会いと別れがおこっているのです。

誰がみても愚かだと言わざるを得ない恋をしている人もいれば、恋のためにすべてを失ってしまう人もいる…。はかれるものではないけれど、損得勘定でいえば恋はしない方がお得なのかもしれないですよね。その方が心穏やかに暮らせるのに。

それでも人はなぜ恋をしてしまうのでしょう。大好きな人の声を聞くとき、彼と触れあうとき、メールで短くても優しいメッセージをもらうとき、いつでもあなたの心(身体も)、輝くようなエネルギーでいっぱいだったはず。

世界中が生き生きとした色で包まれて、優しい音楽で満たされていましたよね。奇跡といってもいいかもしれない、こんな幸福感をもたらせてくれるのは恋だけです。だからこそ私たちは失ってもまた恋を求めてしまうのかもしれませんね。

恋が何かなんて、誰も分析なんてできません。もうしないって思っても明日恋に落ちてしまうかもしれません。でもあなたが恋の素敵な思い出を心の中から追い出さない限り、いつかきっとまた恋をしたくなる日があなたに訪れます。

だからいまは心のままにたくさん泣いて、悲しんで、そして自分を慈しんでください。空けない夜はない、そう信じて。

この記事をシェアする

関連記事