• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

美も健康も質の良い睡眠から!まずはシーツと枕を綺麗に心地よく

Date:2015.10.01

shutterstock_145281133 - コピー

人が生きていく上で欠かせない「睡眠」。ただの生活習慣としてあるのではなく、睡眠の良し悪しが美容にも健康にも大きく関わってきます。

「たかが睡眠」と思っていると、後々体調の崩れっぷり、老化っぷりに泣くことになるかもしれませんよ!

美人は夜つくられる?睡眠の大切さとは?

高級な美容液をつけるより、質の良い睡眠をとる方がお肌にいい!という人もいるほど、眠るという行為が体に及ぼす影響は大きいのです。

睡眠の美容への影響

眠っている間も、体の中ではいろいろな作業が行われています。

【睡眠と美容の関係】

  • 寝ている間に、成長ホルモンをはじめ、さまざまなホルモンバランスが整えられます
  • 寝ている間に、肌の再生や、新しい血液などが作られます
  • 睡眠が足りないと、食欲増加ホルモン「グレン」の分泌が増え、太りやすくなります

特に成長ホルモンの美容への影響は絶大

  • 肌のハリ、潤い
  • 髪のツヤ・健康
  • 代謝アップ
  • 体脂肪減少

などに影響します。

美容だけでなく健康な体を維持するにも睡眠が重要!

睡眠は体と心を休める大切な時間です。健康な生活を送るためにも質の良い睡眠をとることは大切です。

【質の良い睡眠が健康にもたらす効果】

  • 生活習慣病の予防
  • 鬱病の予防
  • 疲労回復
  • 骨強化
  • 筋力アップ

質の良い睡眠をとるための対策いろいろ!おすすめは?

睡眠の大切さについては多くの人が語るところ。質の良い睡眠をとるための対策もいろいろ提示されています。

【質の良い睡眠をとるために注意したいこと】

  • カフェインの効果は持続するため、夕方以降は飲まないようにする
  • 就寝2~3時間前には食事を終え、それ以降は物を食べない
  • 入浴は就寝2~3時間前に
  • 寝る前にパソコンやスマホなどの画面を見ない
  • 就寝前にぬるめのお湯など、適度な水分の補給を
  • 寝酒は睡眠の質を悪くするため厳禁
  • 就寝前にストレッチを

質の良い睡眠をとるために、いろいろと体を整える方法がありますが、それとは別に寝る環境を整えるというアプローチもあります。

  • 部屋を暗くする
  • 枕の高さなど寝具を自分に合うよう整える

特に寝具は、体が直に触れるものなので、寝心地の良いものを用意することが大切なのですが、枕の高さやベッドの硬さなど、寝具そのものを変えなくても簡単にできることが、ひとつあります。

洗いたてのシーツと枕カバーを用意することです。

シーツと枕カバーを毎日洗濯!心地良さが質の良い睡眠を生む!

shutterstock_77493601 - コピー
素肌が直に触れるシーツや枕カバー。どのくらいの頻度で洗濯しているでしょうか。お風呂に入った綺麗な体で寝ると言っても、夜中に寝汗をかいたり、皮脂汚れがついたりして、日々汚れていきます。

いつも洗いたて!清潔で心地良いシーツや枕カバーで、肌に気持ちのいい感触を与えてください!

皮膚は露出した脳?肌が気持ち良ければ脳も気持ちいい!

「皮脳同根」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。皮膚と脳は根っこが一緒ということ。受精卵が分化し成長していく過程で、皮膚と脳は同じ「外胚葉」から作られることからそう言われています。

脳がストレスを感じると肌が荒れたり、体をマッサージすると脳がリラックスしたり。肌と脳には密接な関係があるというわけです。

毎日洗いたてのシーツに寝転がって、肌が気持ちいい~と感じれば、脳も気持ちいい!と感じるのです。肌がリラックスすれば、脳もリラックスし、睡眠の質もアップするのです。

シーツを長く洗わないと健康被害も

シーツをこまめに洗わないと、下記のような汚れがたくさん付着していきます。

  • 汗や皮脂
  • 髪の毛
  • フケ

これらはダニの大好物!

特に梅雨どきから夏、秋口にかけては、高温多湿で大繁殖する危険性があるので、熱い季節は最低でも週に1回は洗濯を!冬場は2週間に1回を目安に。洗えない日は干して乾燥させるだけでも違います。

シーツの効果的な洗い方

シーツをぐしゃぐしゃに丸めて洗濯機にポンッと入れている人、いませんか?そのまま入れると布が傷んでしまうので、まずは洗濯ネットに入れてください。

その際のポイントとして、

  • 縦に三つ折りにしてから、じゃばら状にたたむ
  • じゃばらに折る際、背中、首元など汚れがつきやすい場所が表にくるように折る

こうすることで、シワも防ぐことができ、奥まで水がしみこみやすくなり、汚れが落ちやすくなります。

柔軟剤を使用すると、シーツの汗の吸い取りが悪くなってしまいます。中性洗剤や天然由来の石鹸など、生地を傷めないもので洗うのがオススメです。

シーツを干すときは陰干し!

シーツをパリッと仕上げたくて、直射日光でガンガン乾かしている人も多いのでは?私もそのひとりでしたが、直射日光に当てると紫外線で生地が傷み、シーツの寿命を縮めてしまうことに!

風通しのよいところで陰干しがベストだそうです。シワを伸ばして干しておけば、肌に気持ちの良い風合いに。

早く乾かしたいときは、さおを2本使ってМ字干しに。2本のさおにまたいでシーツをかけ、さおとさおの間に布をたるませてМの形になるように干す方法です。こうすると、風の通り道が多くなって乾きやすくなります。

家族が多くて干す枚数が多い!という場合は、ひとつのさおで一度に3枚干せちゃうハンガーもありますよ!

「ステンレスシーツハンガー 通販 – ディノス」
http://www.dinos.co.jp/p/1128901401/

気持ちの良い眠りで、気持ちの良い朝、気持ちの良い一日を

shutterstock_253875898 - コピー
可能ならば毎日、無理なら週に一度シーツを洗うように心がけてみてください。シーツが無理なら、枕カバーだけでも毎日洗うことをおすすめします。洗いたての香りや感触に顔をうずめて、心地良い眠りに包まれてください。

大きなシーツを毎日洗うのは大変ですが、何枚か予備のシーツを用意して、家族ローテーションで使用するなど、工夫してみてください。

お金に余裕がある人はクリーニングに出すのもいいかも!たまには、プロ仕上げのパリッとしたシーツでのんびりぐっすりもいいですね!

美と健康のために、お肌にも脳にも気持ちの良い眠りを手に入れてくださいね!

この記事をシェアする

関連記事

コメント