• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

その「クセ」と「行動」が「しわ」の原因!予防を知ってもう増やさない!

Date:2013.02.07

「シワ」とひと口に言っても、シワの場所により、印象は変わります。チャーミングに見せるシワもあれば、逆に暗い印象を与えてしまうシワがあります。例えば笑った時にできる目尻にできる笑いジワは、明るくてかわいらしい印象になりますよね。

一方、どうしても暗い印象を与えてしまうのが、眉間のシワ。いつも怒っているような顔に見えたり、「疲れているの?」と言われたり・・・。損することはあっても、得することはない、マイナスのシワです。できないようにする為に気をつけるのは、まずはある「クセ」を知ることだと思います。紐解いてみましょう!

表情のクセを知って、まずはシワを予防しましょう。

眉間やおでこに刻まれた深いシワは、疲れ顔を助長させてしまいます。眉間やおでこのシワをつくる大きな原因はやっぱり「表情のクセ」です。さてどんなクセがシワを助長させるのでしょうか?

①眉毛を大きく上げ下げをするクセがある。
※このクセは、おでこだけではなく、眉間にもシワが寄りやすいタイプです。
②唇をかみ締めるクセある。
③口元をキュッと閉じるクセがある。

これらのクセがある方は確実に口元にシワをつくる原因を自らつくっています。とは言っても所詮「クセ」なかなか自覚するのも難しいもの。他人に教えてもらうのも手ですが、簡単に知る方法は、電話をしている時に、鏡で自分の顔をチェックしてみてください。

一見ナルシストと勘違いされそうですが(笑)。相手の話に笑った時、聞いている時、話している時などに、不必要に眉を上げ下げしていたり、眉を寄せたりしていたら、それが「表情ジワ」の原因になっているのです。また、何より大事なのはすぐにできてしまったシワには、保湿をお忘れなく。

メガネ・パソコン・クルマが目尻のシワをつくりだす。

視力が悪いのに、メガネやコンタクトをしないでいると、顔に不必要なシワをつくってしまいます。物がよく見えないと、どうしても目を細めてしまうようになります。

実はこのクセが目尻や眉間に深いシワをつくることになるのです。度の合わないメガネをしている方も気をつけてくださいね。また、パソコンの前に1日中座って仕事をしている方や、長時間車の運転をする方は、疲れ目にも注意が必要です。

目を酷使していると、元々視力のいい方でも、次第に物が見えづらくなってきて、目を細めたり、眉間にシワを寄せる事になってしまいます。適度に休憩をとり、目が疲れたなと感じたら、こめかみや目のまわりの筋肉をそっとほぐしてあげてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事