• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

自然体から不自然体へ??結婚できないと嘆く方へのメッセージ。

Date:2012.09.25

「結婚したい、だけどできない」そのような悩みを聞くこともしばしば。そんな適齢期の女性を、何とか結婚させる為にメディアをはじめ様々な「婚活」ブームは未だに終わる事なきご時勢。

女性は環境の変化が大きく、妊娠・出産の事もあるので早く結婚したいと焦る方も多いのが現状。

確かに出産するのは体力も必要な事ですし、産めるという意味ではリミットがあるのは確か。なのでそのような生命の構造を変えるのはまず無理な話。

しかし時代は変化しているのです。昔は結婚したら家に入り、子供を生み、育てる。それが当たり前だったのに対し、現在は女性でも社会進出をしています。

中にはこの不景気な状況ですから、結婚しても共働きは当たり前。女性が働きながらも育児をするのは想像以上に大変な事です。

独身率が増えたと世の中は叫んでいるけれど、時代が変ったのだから、初婚年齢も上がるのは当然な事ではないでしょうか。遅くなる=悪い事ではないのです。

そもそも結婚相手に必要な条件は

生活の為を考えてまずそれなりのお給料を稼いでくれる人とか、思いやりのある人とか、浮気は絶対にしない人が良いとか、子煩悩な人とか・・・数えたらきりがないですよね。

条件のすべてをクリアして結婚した人なんて恐らくいないのではないのでしょうか。

大事なのは、楽しい時も、辛い時もどんな時だって一緒に生きていける相手だと思います。一人が嫌で世間体を気にして焦って結婚をしたとしても、生理的に受け入れるのが難しい相手でしたら、共に生活するのは無理です。

好きでもない人と一緒にいても疲れるだけだし、何より相手に対して真の思いやりが持てないと思います。そんな気持ちでは一人の方がマシだと思うし、何より世間体を気にしすぎては、不満も抱えるし、もしかしたら同じ事を繰り返すかもしれません。

ありのままの自分でいたいという人

中には「自然体でいれるのがいい」という人もいます。確かに生涯を共に過ごすのですから、いつも緊張していては落ち着かないですよね。ありのままの自分でいれる相手を見つけるのはとても良い事だとは思います。

ですが、本当に自然体でいれるというのはありえないと思います。何故なら自分一人の時が究極の自然体であって。どんなに親しい人といてもすべてが自然体ではないと思います。

相手を思うからこそ、相手に嫌われたくない、だから相手に少しでも合わせる。それが不自然体なのです。どんな人でも好きな人の前では、自然と不自然体になっているものです。長年の夫婦でもどこか不自然体だからこそ連れ添えるのです。

相手の事を考えないで、「ありのままの私を見て」とかでは相手に自分を押し付けすぎではないでしょうか。人と一緒に生きていくには、相手に合わせる事が重要。親しき仲にも礼儀あり。我が強すぎては上手くいきません。

相手が自分に合わせてくれると思っていては大間違い。大事なのは相手を本当に好きになる事。どうやったら相手が喜ぶか。そういう人にめぐり逢えればおのずと結婚できます。

比較が自分を悩ませる

「幸せ」というのは比較から生まれると思います。比較しなければ幸せは生まれません。主に比較しがちな要因は過去・親・友達・知り合い等ではないでしょうか。

比べた時に、自分が劣っていると思い込んでしまう時に不安や焦りが生じるのではないでしょうか。世の中の情報に惑わされて自分の価値を見失わないでください。

婚活と言われる世の中、それによってストレスを強く感じる女性が多いのが現状です。大事なのはかたちではなく中身。人が好きになれないなら婚活は無駄です。だいたい順序が違います。

相手を好きになってからでも充分遅くはありません。焦って悩むより、今を大事に楽しく考えて生きましょう。必ず良いめぐり合わせがあるのですから。

この記事をシェアする

関連記事

コメント