• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

年齢より老けて見られる?肌年齢をチェックしてハリのある肌を!

Date:2014.09.15

いくらブランド物のコスメで、しかもトップ・メイクアップアーティストにメイクをしてもらったとしても、肌のハリがなく、クッキリとしたシワが目立っていたらそのメイクの効果も半減してしまいます。 

やはり、女性の美しさはハリとツヤの有る美肌無しでは語れません。そこで、あなた自身の肌年齢とエイジングの傾向を知った上で、スキンケアの対策をもう一度見直してみてはいかがでしょうか?

まずは自分の肌の現状を知る!肌年齢チェック

① あなたの過去の日焼けレベル
a) 毎年夏は今でも小麦色になるまでビーチで、あるいは日焼けサロンで肌を焼く。(+3)
b) 10代後半ぐらいまでは毎年肌を焼いていたが、それ以降は気を付けている。 (0)
c) 赤くなったり、まっ黒になるまで焼いた事は今まで1度もない。 (-2)

② サンスクリーンの使用度
a) 真夏でビーチに行く時ぐらいしか日焼け止めを使わない。 (+2)
b) “日焼け止め”と書いてあれば使用し、SPF値等は気に留めてない。 (+1)
c) SPF30以上でUVA/UVB対応の日焼け止めを365日使い、日中塗り直しもする。 (-3)

③ あなたの体型の変化
a) 10代後半から今まで5~10キロ以上の増減を繰り返している。 (+2)
b) 10代後半より数キロ増えた、あるいは5キロは減った。 (+1)
c) 今でも高校3年の時の制服が無理なく着られる。 (-2)

④ あなたのお母さんは…
a) 年齢よりも老けて見える。 (+2)
b) 年齢に似合った外見をしている。 (0)
c) 実年齢よりもずっと若く見られる。 (-2)

⑤ あなたの過去1年間の睡眠時間
a) 7時間以上の睡眠時間を取った事が無い。 (+2)
b) 睡眠時間はバラバラで決まっていない。 (+1)
c) 8時間睡眠を基本にしている。 (-2)

⑥ 日々の運動量は?
a) 運動が苦手で、毎朝駅まで徒歩15分の距離もバスに乗る。 (+2)
b) 時間があれば、運動やウォーキングをする程度。 (+1)
c) 毎週3、4回スポーツクラブに行き、エクササイズをしている。 (-2)
d) 毎日しかも数時間エクササイズをしている。ハッキリ言って運動オタク。 (+1)

⑦ あなたの肌の状態は?
a) ハリ・ツヤが良く、肌のキメも細かくて、目立つシワやシミもない。 (-2)
b) ほぼ、スムースな肌…でも所々乾燥や、薄らとしたシミがある程度。 (0)
c) 無表情なのに額のシワやほうれい線がハッキリ、乾燥肌でたるみも気になる。(+2)

各項目の最後に( )内に書かれているポイントの合計を自分の年齢に加算(マイナスの場合はそのポイントを引く)をすると、あなたの肌年齢が分かります。 

もちろん、ポイント数はあくまでも参考の数値です。あなたの年齢、元々の肌タイプや、ストレス、食生活を含むライフスタイルによっても肌年齢は微妙に上下します。

肌年齢を少しでも低くする為にできる事

実年齢より高くなってしまった方は、ポイント数が高かった項目を目安に、エイジングの原因と言われる睡眠不足、喫煙やお酒の飲み過ぎ等の毎日の習慣を見直しましょう。

スキンケアも日焼けを防ぐ事を中心に、アンチ・エイジング効果の高い美容液を使うなどして、これからの肌の老化を少しでも遅らせる努力をする事が大切です。

そして、美容液も1ヶ月程度で「全然、効果ないじゃない!」とすぐに諦めないでください。肌の専門家によれば美容液の効果が表れるのには最低でも6週間はかかるそうです。

私達の肌は正直に今までの習慣やライフスタイルの結果を表してしまいます。 今日からでも遅くはありません! これから出てくるかもしれないシワ、シミ、たるみなどのエイジングのサインを1年でも遅らせる様に努力しましょう。

この記事をシェアする

関連記事