• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

シンプルスキンケアで肌が劇的にチェンジ!その方法教えます

Date:2016.01.15

simpleskincare
女性は誰しも肌状態が気になり、少しでも綺麗にそして悩みを解決するためにいろんなスキンケアをします。

毎日スキンケアをして自分では万全のつもりが効果が出なかったり、反対に肌荒れや吹き出物ができて肌状態がどんどん悪くなってしまうなんて経験をしたことがある女性も多いのではないでしょうか。

透明感のある美肌を目指すために行っているケアが実は間違いだらけで、反対に肌を傷めていることもあります。

もしケアをしているのに美肌から遠ざかっているという人は、スキンケアを間違っているかもしれません。

「高価なスキンケア商品をたくさん使えば美肌になる」は大間違い!

スキンケアをする時、みなさんはどういうところに気を付けますか?やはり短期間で効果が感じられるようなスキンケアを目指しているのではないでしょうか。

短期間で効果を出すためにと、高い基礎化粧品を使っている人がいます。それで効果を感じられる人もいますが、中には「お金を出しているのに全く効果がないし美肌にならない」と嘆いている人もいます。

よくスキンケアをする時に、「手をかけて上げると肌もそれに応えてくれる」と言います。この「手をかける」を自分の勝手な判断で「お金をかける」と捉えている人が多いようです。美肌はお金をかければ手に入れることができるというものではありません。

塗りすぎスキンケアは本来の肌力を奪ってしまう

シンプルケアが美肌になると言われているのには理由があります。肌には「自己治癒力」といった肌力があります。

肌のターンオーバーが正常に行われなくなる

肌が正常にターンオーバーを行っていれば、少々の肌荒れや吹き出物は自分の力で治癒できるというものです。しかし肌状態が良くないとこの肌力も落ちてしまいます。

そのため、それを解消するために肌にいろいろなものを塗って肌を守るのですが、この塗りすぎスキンケアがさらに肌を悪化させます。

肌に異常を感じた時、自己治癒力を働かせなくても外からいろんなものを補ってくれるので肌が本来の仕事をしなくなり、肌が甘えてしまいます。これを繰り返していくと肌のターンオーバーも正常に働かなくなってしまいます。

肌の水分が奪われている

洗顔はお肌の汚れを落とす大切なケア。ところが汚れを落としたいあまりに必要以上に洗いすぎてしまっているのです。それが肌に必要な潤いまで奪ってしまいます。

肌が乾燥すると、肌を外部刺激から守ってくれているバリア機能が低下してしまいます。その結果、外部の刺激に対して敏感になります。そして肌のトラブルが出てしまうのです。

肌に刺激が強すぎる

肌に良い成分をたっぷりと与えたいという気持ち、とてもよくわかります。そのために化粧水や美容液などのたくさんのアイテムを使って、肌に栄養補給をしてあげるのです。

ところがたくさんのアイテムを使用するとそれがお肌には大きな刺激になっているのです。肌に良いと思っていやっていたことが裏目にでてしまうのです。

肌に栄養を与えることはとても大切です。しかし必要以上の物を与えても逆効果になります。

シンプルスキンケアは最低限のケアしか行いません。必要な栄養だけを与え、お肌本来が持っている回復力を高めるのです。

誰でも簡単にできる肌に良いシンプルケアの方法とは

シンプルケアというと「手抜きケア」と間違える人もいます。シンプルケアと手抜きケアは全く違うので、しっかりと肌に良いシンプルケアを覚えておきましょう。

1.クレンジングは保湿力の高い成分を使う!

メイクをすっきりと落とすために、洗浄力の高いクレンジングを使っている人も多いと思います。

常に濃いメイクをしている人は洗浄力が強いクレンジングが必要ですが、アイメイクやリップなどを専用リムーバーで落としていれば、洗浄力の高いクレンジングを使わなくてもメイクは落ちます。

クレンジング剤を選ぶ時は洗浄力の強いものを選ぶのではなく、なるべく肌を乾燥させない、ヒアルロン酸やコラーゲン、美容液成分の入った保湿力のあるクレンジングを使うのがベストです。

2.洗顔は朝と夜とで使い分けがベスト

洗顔は基本的に1日2回、朝と夜おこないます。多くの人が朝と夜、同じ洗顔フォームや洗顔石けんを使っていると思いますが、朝と夜では皮脂分泌量などが違うので洗顔フォームを変えるのがベストです。

朝は寝ている間の皮脂を取り除くだけなので、肌に優しいものを使います。敏感肌や赤ちゃんでも使えるような洗顔フォームで十分です。

夜は日中分泌された皮脂と埃が混ざって毛穴に詰まることがあるので、毛穴まで洗えるような洗顔フォームを使って1日の汚れをしっかりと落とすことが大事です。

汚れを落とすために洗顔に長い時間かけている方がいます。それはお肌に余計な刺激を与えるだけです。洗顔とクレンジングはできるだけ手短に済ませるのがコツです。

3.化粧水は絶対気を抜かないで!

洗顔の後は化粧水をつけるのですが、シンプルケアで1番大事なのが「保湿」です。肌はしっかりと保湿されていると肌トラブルもほとんど起こしませんし、肌に透明感が出てきます。

肌の奥までしっかりと保湿をしたい場合は、化粧水の付け方にちょっとした工夫があります。自分がいつも行っているやり方と比べてみましょう。

  1. コットンにたっぷりと化粧水を付け、顔を軽くなでていく
  2. 手のひらに化粧水を取り、手でハンドプレスしながら化粧水を浸透させる
  3. 乾燥肌で特に乾燥が気になる部分はコットンにたっぷり化粧水を含ませコットンパックをする
  4. 再度手でハンドプレスして化粧水を浸透させていく

コットンで顔を軽くなでることで余分な角質が取れ、次に化粧水を付ける時に肌に浸透しやすくなります。

肌が乾燥しやすいという人はコットンパックを顔全体にするとさらにモチモチとした潤い肌にすることができます。化粧水が吸い込まなくなるまでしっかりと保湿をしてあげましょう。

4.乳液やクリーム、両方使う必要はなし!

せっかく化粧水を浸透させたのを蒸発させないためにも乳液やクリームは必ず塗るようにしましょう。

乳液とクリーム、どちらも塗る必要はありません。普段は乳液で、肌が乾燥しそうな時はクリームと切り替えて使うといいかもしれません。

乳液も化粧水と同じで、表面にサラッと塗るのではなく肌に押し入れるようにハンドプレスしながらつけるようにしましょう。

肌荒れを起こした時こそシンプルケアが大事になる

肌荒れを起こすとどうしても解消させるために、いろいろなものを顔につけてしまいます。しかしこれはさらなる悪化に繋がります。肌荒れなどの肌トラブルを起こしている時はさらにシンプルなケアをすることが大事です。

肌荒れや肌トラブルを起こした時は化粧水でとにかく保湿

肌荒れや肌トラブルを起こした時はとにかく保湿をして、肌が外的刺激に負けないようにするのが大事です。この時に使う化粧水はなるべく刺激の弱いものを選びます。

温泉水やミネラルウォーターを使った化粧がオススメで、それでしっかりと肌を保湿してあげるだけで肌荒れはほぼ解消します。この時、肌に摩擦を起こさせないようにコットンは使わず手のひらでプレスして化粧水を浸透させていきましょう。

油分の強いもので水分蒸発をしっかり阻止

肌荒れや肌トラブルをしている時は化粧水とクリームだけのケアで十分です。

しかしこの時に使うクリームは「肌に栄養を与える」というものではなく、しっかりと浸透させた水分を蒸発させないように防護する役割のために使います。

オススメは、

  • ワセリン
  • 馬油
  • オリーブオイルなど植物性のオイル

といったものです。

肌にも優しいので刺激もありませんし、油分が強いので蒸発阻止にも最適です。

特に馬油は炎症予防効果もあるので、肌荒れの時用にスキンケア用品として1つ持っておくと便利です。

お金ではなくシンプルケアで手をかけてあげるのが大事

シンプルケアは一見特別何もしてあげていないケアですが、しっかりと肌に化粧水を浸透させるなど少し手がかかります。しかしこのちょっと手をかけてあげることが、肌には大事なのです。

美肌を目指す人はスキンケアにお金をかけるのではなく、シンプルなケアをしっかり手をかけてしてあげることが大事です。いろいろとケアをしても肌状態が良くないという人は、もしかすると保湿ができていないのかもしれません。

肌は自分でトラブルを解消する力を持っています。それを引き出すのがシンプルスキンケア。自分自身のケアを見直し早速シンプルケアを始めてみましょう!

この記事をシェアする

関連記事