• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

太めでも大丈夫!スキニーパンツをきれいに履きこなすコーデ術

Date:2015.05.25

shutterstock_272310143 - コピー

パンツのシルエットにも流行がありますよね。この数年ブームとなっているのが足のラインにぴったりと密着したシルエットのスキニーパンツ。

流行のファッションなので取り入れたいのですが、下半身がぽっちゃりしているのが悩みで挑戦できない、という女性も多いのではありませんか?

太めだからっておしゃれをあきらめないで!太めさんでも挑戦しやすいスキニーコーデ術を紹介していきますね。

着やせ効果のあるパンツを選べ!

shutterstock_221691643 - コピースキニーパンツはskinnyと表記し、英語で痩せているという意味を持っています。そんな言葉を聞くと、痩せている人しかはけないのでは?思ってしまいますよね。雑誌やテレビでかっこよくスキニーパンツを履きこなしているのは、確かに細身の方が多いですよね。

でも大丈夫です。スキニーパンツも選び方次第で太めの方でもきれいに着こなせるようになりますよ。着やせ効果の高いスキニーパンツの選び方のコツを以下にまとめてみました。

ピッタリラインを選ぶこと

足が太いのが気になる方は、ワンサイズゆとりのあるパンツを選んで足の太さをごまかそうとしていませんか。実はジャストフィットするパンツのほうが足を細く見える効果があることをご存知でしたでしょうか?

スキニーパンツは足にピッタリとフィットするので、足の太さが余計に強調されてしまうと考えてしまうでしょう。

実は逆なんです。

脚のシルエットをごまかそうとワイドタイプのパンツや、シルエットにゆとりのあるパンツを選んでしまうと、余計に太って見えてしまうのです。

スキニ―パンツを選ぶときはジャストサイズを選ぶことが細く見える絶対条件ですよ。

柄選びに注意!

スキニ―パンツでも色や柄がとても豊富ですよね。一昨年くらいから柄パンツが大流行しており、得に花柄やチェック柄が人気を集めています。柄やカラーによっても太く見えるものがありますので注意して選びましょう。足が細く見える柄は以下の通りです。

柄は大柄よりも小柄
柄パンツを選ぶ時は、大きい柄よりも小さい柄を選ぶようにします。大きい柄のパンツを太めさんが履いてしまうと、柄の大きさが余計に強調されてしまうため、足が太く見えます。小さい柄のパンツのほうが柄の大きさが目立たないため、太めさんでもすっきりとスキニーパンツをはきこなせますよ。
柄ははっきりより抽象的を選べ
パンツの柄にもいろいろな模様があるのですが、柄がはっきりとしていると足の太さが強調されやすくなってしまいます。逆にぼやけた柄をチョイスしたほうが足痩せ効果がありますよ。
暖色系よりも寒色系を
ストッキングをはくなら透明よりも黒のほうが足痩せ効果がありますよね。黄色や水色といった淡いパステルカラーのスキニーパンツも素敵ですよね。太めさんの場合はブラックや紺色など色の濃いパンツを選んだほうが、足が細く見えますよ。

丈はちょっと長めをチョイス

パンツを買う時に、いつもジャストサイズに裾をカットしてもらっていますか?ストレートやフレアタイプのパンツを購入するときは裾を引きずってしまうので、ジャストサイズにしてもらうことが多いと思います。

しかしスキニーに関してはちょっと長めに丈を残しておきましょう。

スキニーで裾が余った部分をクシュクシュにして履くためです。こうすると足首の太さが緩和されるので足がほっそりと見えるようになるからです。

靴で足痩せ効果を狙え

shutterstock_210457540 - コピースキニーコーデに合わせる靴次第で、太め体型をカバーすることができますよ。

冬の定番ムートンブーツ

冬のおしゃれ定番アイテムとしてすっかり定着したムートンブーツ。これにスキニーパンツを合わせると足痩せ効果抜群です。太めさんがスキニーを履くと足のライン、太さが目立ちます。

足の細い方は太ももと足首の太さにそれほど大きな差がないのですが、スキニーを履いてもそれほど足の太さが目立ちません。

ところが太めさんは足首と太ももの太さがはっきりとわかるので、スキニ―を履くと余計に太くみえてしまうんですね。ムートンブーツはとてもボリュームのあるブーツですよね。

これを履くことで足首の太さを完全にカバーできます。おかげで太ももの太さが目立たなくなります。

高いヒールで足長効果

太めさんでも足を長く見せることで、縦のラインを強調できるようになりますよ。ヒールの高い靴を合わせることで足が長くみえますね。おかげで横のラインが目立たなくなります。

春夏はブーツをはけませんので高めのヒールがあるサンダルや靴をチョイスしてスキニーパンツと合わせてみましょう。

ヒールの高さですが7センチから10センチ程度の物を選ぶと歩きやすいですし、足長効果も得られます。

太め体型ををカバーできるトップス選び

太めスキニースタイルをすっきりと見せるためには、トップス選びがとても重要なポイントになります。痩せてみるトップスの選び方をご紹介していきます。

お尻が隠れるトップス

太めさんが特に気にしている部分といえば、太ももやお尻のではないでしょうか。トップスで気になる部分を隠してあげると着やせ効果がありますよ。

お尻まですっぽりと隠れる丈のシャツやチェニックを合わせると、最も太さが気になる部分をカバーできます。

おまけにトップスがふんわり、パンツはタイトとシルエットにメリハリが生まれるので着やせ効果もバッチリですよ。

ボーダーよりもストライプ

涼しげで可愛らしいボーダー柄ですが、太めさんが着てしまうと余計に横の線を強調してしまうことになります。スキニーパンツと合わせるなら、断然ストライプがおすすめです。

太めさんは下半身だけでなく、上半身のボリュームも気になりますよね。せっかくスキニ―でタイトシルエットにまとめたのに、ボーダー柄と合わせると横の線が強調されるので着やせ効果が半減してしまいます。

ストライプと合わせると縦のラインを強調できるのでほっそりとして見えますね。

柄は細かいのがベター

柄パンツではなく無地のスキニーパンツと合わせる場合は柄つきのトップスと合わせてもおしゃれですよね。柄をえらぶときは、大柄よりも細かい柄を選んだほうが着やせ効果が得られます。

小物、ヘアスタイルで足の太さを緩和する

スキニーコーデに合わせるヘアスタイルや小物でも足の太さを緩和するのに役立ちますよ。

マフラー、ストールで首にボリュームを

上半身にボリュームを持ってくると、下半身の細さが際立つようになりますよ。ボリュームのあるシルエットのトップスを併せてもいいのですが、首にボリュームを持ってくるとそこに視線が集中して足の太さが気にならなくなります。

マフラーやストールにはいろいろな長さがありますが、ボリュームを出すなら長さのあるタイプを選びましょう。またいろいろな巻き方がありますから、自分で調べてみてボリュームの出る巻き方を習得してみるといいですね。

頭はすっきりとコンパクトに

巻き髪でゴージャスに、近頃流行の盛りヘアでボリュームあるヘアスタイルが人気ですが、ヘアスタイルはすっきりとタイトにまとめてしまった方が、着やせ効果があります。

ヘアにボリュームが出てしまうと顔が大きく見えてしまうので、全体のバランスが悪くなってしまうんですね。頭全体をコンパクトにまとめた方が、小顔に見えます。

下着で気になる部分を引き締める

トップスや小物を工夫してもどうしても下半身の太さがきになるときは、下着で下半身を引き締めてみるのもおすすめです。

矯正効果や引き締め効果に優れた下着が販売されているので、それを試してみましょう。気になる部分を引き締めてくれるので、下半身全体がすっきりとして自信を持ってスキニ―パンツを履きこなせるようになります。

太めだからと最初からあきらめるのではなく、細く見せるコーデ術をマスターすれば大丈夫!スキニーファッションを楽しみましょう。

この記事をシェアする

関連記事