• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

スリムな体を維持する為に!これを食べなければ「太らない」食品ベスト5

Date:2012.04.22

女性は常に体重を減らしたい、スリムな体になりたいと願っています。体重を減らし維持するには、健康的に食べ、もっと運動し、加工食品や甘い食べ物を減らすことで達成できます。

それを実行できている人の生活を見てみると、商品ラベルを見るだけでなく、何を食べているかをきちんと知ることが大切だとわかります。

あなたがこれはダイエットによくないと思い込んでいる食べ物のいくつかは実際にはあなたに必要だったりします。今度こそは健康的に痩せたいと思っている人は次にあげる避けたい食品や飲み物に注意してください。

1、脂肪分ゼロの加工食品

20世紀の初め、脂肪分ゼロの食べ物が流行りました。しかしそれ以降もその流行が長く続いています。

食品工場は脂肪分をゼロにするために、バターやオイルなどの成分を取り出し、フレーバーを残すために香料や甘味料といった防腐剤を加え始めました。

さらに、もっと炭水化物や砂糖や塩を製品に追加して、全体のカロリーを増やしているのです。それに研究では、普段から脂肪分ゼロの食品を食べている人は脂肪量が低いので、2倍食べると良いと言われています。

脂肪分ゼロ食品でお腹を満たす代わりに、良質な脂肪(不飽和脂肪酸)が含まれた食品に変えましょう。

良質な脂肪が含まれる食品

  • オイル
  • ピーナッツバター
  • 野菜

に含まれています。良質な脂肪はコレステロールが低く、力を長く保つことができます。

2、人工的な甘味料

人工的な甘味料が含まれているパッケージを見ずに、あなたは今日会社に行くのは不可能です。それくらい人工甘味料が使われている製品は多いです。

甘味料は、低カロリーで砂糖の代用品になります。しかし、体重増加や癌とつながるというクレームもあり、確かな証拠はありませんが、数知れない議論がされているのも事実です。これからは、人工的なものではなく、本物を食べて行きましょう。

3、ダイエットソーダ

ソーダは今すぐに辞めたい習慣のひとつです。カフェインをたよりに飲んでいたら特にです。

普通のソーダは砂糖が一杯入っていて、子供の肥満にもつながっています。だからといって、肥満を防止するためにダイエットソーダに変えるのは考えないで下さい。

研究では、ダイエットソーダを毎日飲む人は、飲まない人に比べて、67%以上が糖尿病になっていると言われています。加えて、毎日のダイエットソーダの摂取は、発作や心血管の高いリスクを招きます。

ソーダだけがあなたを病気にする訳ではありませんが、それに代わって、カフェインの紅茶やコーヒーを飲みませんか?

4、冷凍のダイエット食品の夕食

長時間働く人や、忙しい仕事を持って家族の食事をやりくりする人にとっては重宝されていますが、特に女性はランチや夕食に冷凍のダイエット食品を食べています。

冷凍のダイエット食品は、低カロリーですが、栄養があまりありません。多くの料理に、カロリーをカットする為に全粉の代わりに精製された炭水化物が使われています。

冷凍のダイエット食品は、水分量を増やし膨張を導くナトリウム値が高いものが多く、しかも低カロリーなので、一食のカロリーは、人が寝ている間に空腹を感じないために必要な250カロリーを下回っています。

冷凍食品を買う代わりに、家で簡単な料理を作りましょう。凍っていない食材で、シチューやスープはいかがですか? 自分で作れば、何を食べているかきちんと知ることができます。

5、プロテイン・ファイバーバー

全部のプロテインバーがだめだと言ってる訳ではありません。確かに本当にタンパク質をとれるプロテインバーも中にはあります。特にアスリートにとっては重宝されるでしょう。

しかし、ほとんどのプロテイン・ファイバーバーには砂糖・脂質・炭水化物が大量に使われています。研究によると、こういうバーを食べている時、血糖値は急に上がり、その後急速に低下することが分かっています。それは、キャンディを食べた時と同じ効果です。

プロテイン・ファイバーバーの代わりに、高タンパク質の食べ物と全粉を選ぶといいでしょう。例えば、全粉のパンにピーナッツバターをつけるとかです。

もしプロテインバーが食べたくなったら、5グラム以下の脂質、少なくとも8グラムのタンパク質、そして3~5グラムの繊維が含まれているものを探しましょう。

この記事をシェアする

関連記事