• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

スリムな体型を保とう!お腹が減りにくくなる6つの食品

Date:2012.12.05

ダイエット中、どうしても空腹に耐え切れなくなって思わず真夜中にアイスクリームを食べてしまった…お昼を食べて満足したかと思ったのに、食後に思わずポテトチップに手が出てしまった…そんなこと、ありませんか?

「なんて自分は意思が弱いのだろう…」なんて自己嫌悪に陥ってしまったりして、自分を責めないでください。もしかしたら、その原因は通常の食事、特に朝食にあるかもしれないのです。

何をいつ食べたかというのは、食欲を抑制してくれるための大切なポイントとなります。また、ミネラルが足りないのかもしれないし、有害な化学物質が身体機能の中に蓄積されてしまっているのかもしれません。

自分が予想しているものとは意外なことが空腹を引き起こしていたりするのです。色々考えてみても、理由ははっきり分からないかもしれませんよね。

でも、ここでご紹介する6つの食品は腹持ちがよくなったりして食欲を抑えてくれる効果がありますので、まずこれを摂取することから試してみませんか?これで変な時間に間食してしまうことが避けられるかもしれませんよ!

1. ヒヨコマメ

ヒヨコマメはたんぱく質と繊維質が沢山含まれているため、栄養素の消化を遅らせてくれるのです。消化が遅くなれば、血糖の急上昇を引き起こす炭水化物が血流に送り込まれるのに時間がかかることになります。

そのため、空腹感があまり起こらなくなるのです。もしヒヨコマメが手に入りにくい、または好きではないという人は、他の豆類でも同じような効果があるという話ですので、そちらを試されてみてはいかがでしょうか。

2. お酢

お酢は色々種類がありますよね。白ワイン、赤ワイン、バルサミコ、シャンペーン、りんご、米、ブルーベリーなどなど、本当に驚くほど種類があります。

そんなお酢を食事前に飲んだり、サラダにかけて食べたりすると、食べすぎを防ぎ、デザートに手が出るのを防いでくれるのです。

この香り高い調味料に含まれる酢酸は、炭水化物を砂糖に変える酵素であるアミラーゼを非活性化させてくれます。その結果、身体は摂取した炭水化物をよりゆっくりと消化し、就寝前に思わずアイスクリームに手が出てしまうことを防いでくれるのです。

3. ダークチョコレート

砂糖菓子で食べすぎを防ぐなんて夢のような話があるのでしょうか?でも、それは本当に可能なのです。

ニュートリション・アンド・ダイアビーディス(栄養素と糖尿病)と言う、オンラインジャーナル誌の研究によりますと、100グラムのダークチョコレートを食べることで、この強い香りのため、満腹感を与え、他のジャンクフード等を欲してしまう傾向がより少なくなるとのことなのです。

更に、ダークチョコレートはココアバターが多く含まれていることにより、ミルクチョコレートに含まれるバター脂肪よりもよりゆっくりと消化をするのです。

これは食欲を抑え、長時間満腹感を与えてくれます。 砂糖たっぷりのミルクチョコレートではなく、カカオの率が多いチョコレートを選びましょう。

4. 牛乳

朝一杯牛乳を飲みましょう。そうすることで、昼食を食べ過ぎたりする可能性が低くなります。牛乳を飲む人たちはフルーツジュースを好んで飲む人たちよりも昼食に55キロカロリー少なく食べるという研究結果も出ています。

テネシー大学栄養学部ディレクターのマイケル・ゼメル博士によると、牛乳のどの成分が空腹感を減らす作用があるのかははっきりしていないとのことです。

それはたんぱく質かもしれないし、脂肪かもしれないし、カルシウムがホルモンに働きかける作用によるのかもしれません。とにかく、朝牛乳を飲むことと一日を通して乳製品を摂取することは、ウエストラインにかなりよく効くと博士は言います。

5. ブロッコリー

食べ物を欲するのは、クロムという、エネルギーを変えるためにグルコース(血糖)を細胞に送る役目をするミネラルが不足していることで起こることもあります。

私達は食品加工に非常に頼っているため、全粒粉や野菜等に含まれるクロム摂取が自然に少なくなり、クロム不足に陥っているのです。そして、それが空腹の元となるのです。

ブロッコリーは食品の中でも一番多くのクロムを含んでいます。そこで、夕食でブロッコリーをカップ半分摂れば、一日の約半分のクロムを摂取することができます。なお、ミネラルはほぼ全てのフルーツや野菜に微妙に含まれています。

6. いわし

魚の中でもいわしのような脂がのった魚は、白身魚よりも腹持ちがよいといわれています。脂肪といっても、いわしのような魚の脂肪はオメガ3(DHA:ドコサヘキサエン酸、EPA:エイコサペンタエン酸)と呼ばれる、健康な脂肪、不飽和脂肪酸なのです。

この脂肪はコレステロールを下げ、中性脂肪を減らしてくれる作用もあります。また、カルシウムも豊富に含まれており、ダイエット中のイライラにも効果が高いです。ビタミンD、ミネラルも多く含まれているのは見逃せないポイントです。

この記事をシェアする

関連記事