• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

笑顔が素敵な女性になろう!笑顔のアンチエイジング効果がすごい

Date:2015.05.30

shutterstock_106199981 - コピー

笑顔が素敵な女性には明るくて活発な若々しいイメージを持ちますよね。元々その人が持っている雰囲気や顔立ちは関係なく、笑顔を心がけるだけで実年齢より若く見せてくれる効果があります。

アンチエイジングというと高価な化粧品や特別なお手入れを想像する方が多いですが、お金と時間をかけるよりも毎日笑顔でいることが最高のアンチエイジングなのです!

今回は、笑顔の持つアンチエイジング効果をご紹介します。

笑顔は女性を若く見せる

笑顔の相手に悪い印象を持つ人はいません。いつも明るくニコニコしていると、周囲の人は自然と健康的で若々しい人だと感じ取ってくれます。

雰囲気だけでなく、笑顔には顔のたるみやシワを目立たちにくくする効果があります。笑顔を作る時、口角をキュッとあげますよね。この時、頬から口元にかけての筋肉が使われてたるんでいた皮膚を引き上げてくれるのです。

人は無表情だと無意識に口角が下がっています。表情筋が弱っていたり皮膚がたるんでくると口角の影が濃くなり、黙っているだけで怒って見えることもあります。意識的に笑顔を作るようにしてみましょう!

笑顔は顔の老化を予防する

表情ジワを作らないためにあまり笑わないようにする人がいますが、それはアンチエイジングとは逆効果。顔の老化を早めてしまう行為です。笑顔でいると表情筋が鍛えられ、さまざまな年齢肌のトラブルを予防してくれます。

笑顔で防げる肌の老化現象には以下のようなものがあります。

ブルドッグラインの予防

目元から口元にかけてできるいわゆる「ブルドッグライン」は、表情筋の衰えによる頬全体のたるみが原因です。よく笑ってよくしゃべる人は表情筋をたくさん使うので、自然と頬をリフトアップできます。

表情筋を使うとたるんだ皮膚が上へ引っ張られ、フェイスラインのたるみや輪郭のぼやけを改善します。引き締まった横顔になり、小顔に見せてくれます。

目元から口元にかけて大きくたるみ、いわゆる「ブルドッグライン」や、フェイスラインがたるんでぼやけるのも笑顔が予防してくれます。

毛穴の開きの予防

毛穴の開きの原因の一つは、たるんだ皮膚に引っ張られて毛穴がタテ方向に開いてしまうこと。毛穴の形を見て涙型になっていたら皮膚がたるんでいる証拠です。

コラーゲンや水分の不足による肌の弾力不足も関係がありますが、頬全体を持ち上げてくれる表情筋の衰えも大きく関係しています。保湿ケアとあわせて表情筋を鍛えていきましょう。

くすみ肌の予防

顔の老化原因の一つに、表情筋が固くなるというものがあります。常に無表情でいると表情筋が凝り固まってしまい、血流やリンパの流れが滞って水分や栄養が届かなくなって顔全体がどんよりとくすんでしまうのです。

思いっきり笑った時に頬が痛くなるのは表情筋が鍛えられたことによる筋肉痛です。筋肉がつくと頬が引き上げられる他、血流とリンパの流れも改善されて透明感のある肌に変わります。

笑顔は「幸福ホルモン・セロトニン」を増やす!

「幸福ホルモン」「ハッピーホルモン」とも呼ばれるセロトニンは、精神を安定させて幸せな気持ちにしてくれる脳内分泌物の一つです。

セロトニンは笑顔に反応して分泌量が増えます。辛いことや悲しいことがあっても笑顔でいれば「今は幸せなんだ」と勘違いして分泌量が減ることはありません。ちょっとくらいのことは笑って済ませられるくらいの余裕が持てると良いですね。

逆に、いつも不機嫌な顔をして不満を抱えていると、セロトニンの分泌量が減ってもっとイライラしやすくなってしまいます。セロトニンが増えると、以下のようなアンチエイジング効果があります。

色々なことに前向きになれる

セロトニンは気分を持ち上げて、前向きな考え方ができるようにしてくれます。ストレス耐性が高くなり、嫌なことがあっても引きずりにくく、すぐ立ち直れるようになります。

また、不安感や極端な感情の上がり下がりもセロトニン不足が原因の一つです。自分の感情を制御できなかったり、わけもわからず泣いてしまうのは心が疲れている証拠です。

心の疲れは色々なことへのやる気を奪ってしまいます。セロトニンは心の疲れを取り除くのに欠かせない物質です。笑顔でセロトニン量を増やして、恋も仕事も女子力アップも楽しく続けられるようにしましょう。

睡眠の質を高める

セロトニンの量が多いと、睡眠の質を高めるメラトニンという物質の分泌量も増えます。睡眠不足は様々なホルモンバランスを乱れさせ、肌のコンディションも最悪にしてしまいます。

また、睡眠には心身の疲れをリセットさせる役割があり、質の悪い睡眠は疲れをどんどん蓄積させて体調不良やうつ状態の原因にもなります。

たくさん笑って睡眠の質を高めて、毎日元気に過ごせるようにしましょう。

食べ過ぎを防止する

イライラした時や疲れた時に、甘いものや油っこいものを食べたくなった経験はありませんか?ストレスを受けると、脳は一生懸命ストレスに対処しようとして疲れてしまいます。その結果、脳のエネルギー源であるブドウ糖が不足して食べ過ぎてしまうのです。

セロトニンがたくさんあれば、脳の疲れからくる食べ過ぎを予防できます。ストレスの多い環境にいる方や、ダイエットでストレスをためやすい方は、食べ過ぎ防止のために笑顔を心がけてみてくださいね。

怒ったり泣いたりも大切!

shutterstock_279771284 - コピー笑顔でいることのメリットをたくさん紹介しましたが、辛い時にまで無理に笑うのは禁物です。良い人ほど誰からも好かれようと無意識に笑顔を作ってしまいますが、無理に笑顔を作るのは心に大きな負担をかけます。

疲れて笑顔を作るのもしんどい時は、まず笑顔になれるように自分を癒してあげましょう。泣ける映画を見て思いっきり泣いたり、紙をぐしゃぐしゃに丸めたり、マイナスの感情をリセットすることが大切です。

また、どこへ行っても笑顔でいる必要はありません。笑顔でいる瞬間をたくさん作れば良いのです。辛い環境で無理に笑顔を作るのではなく、笑顔になれる環境や趣味を大切にしましょう。

いかがでしたでしょうか?笑顔でいるだけで肌も心もアンチエイジングできるなんてうれしいですよね!最近あまり笑ってない方は、ぜひ試してみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事

コメント