• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

米国の高級住宅地のスムージー屋さんからみるおしゃれなヘルシーガール事情

Date:2013.04.17

bBAR(ビー・バー)というスムージー屋さんがアメリカの南カリフォルニア・サンディエゴにオープンしました。

このお店の売りは、スーパーフードというオーガニックの野菜やローフードもの、抗酸化食品を食べて体内の免疫力を強めること。もちろんダイエット効果もばっちりだとか!!ヘルシーライフを送りたい人にとっては注目すべきスムージーカフェです。

オープン前からガールズトークで話題になっていたスポットだったので、オープニングパーティーに潜入していろいろと探ってきてみました。すると今時のヘルシーライフを送るアメリカ人女性たちの好みはこんななの?と思えることが…!ここよりみなさんへさっそく報告致しますね!

スーパーフード好きカリフォルニア人はヘルシー志向派

1
beaming特製のスーパーフード、プロテインブレンド

アメリカ(カリフォルニア)に住んでいてまず驚くことは、ベジタリアン、ビーガン用の食品が多く、またヘルシー志向に特化したようなレストランやカフェが非常に多いということです。私の住んでいるサンディエゴはヘルシー志向の人たちが多く住む場所です。

デルマーという高級住宅地の近くにあるショッピングセンターに、bebeaming(ビーミング)プレゼンツのb SUPERFOOD VITALITY BAR(ビー・スーパーフード・バイタリティー・バー)というスムージー屋さんがオープンしたことは、それほど驚くことではありませんでした。

ですが、ここのカフェは他のスムージー屋さんと一線を画しているという噂がありました。その噂を確かめるために、さっそく友人と行ってみることにしました。

サンディエゴの新しいスムージーカフェbBAR(ビーバー)

2
新しいスムージーカフェ bBARカフェ

その日はオープニングパーティーでした。店内でテイスティングやマッサージなどのサービスが受けられるとあってお客さんが沢山来ていました。それもほとんどが女性客、ヨガウェアーをおしゃれに着こなしているヘルシーな人たちばかりでした。

bBARはスーパーフードがメイン、体にやさしいオーガニックの野菜やフルーツをメインにスムージーや野菜ジュース、サラダ、生スープなどを店内で食すことができますし、持ち帰ることもできます。

このお店のオーナーであり、bebeamingのCEOでもあるリサ・オデンウェラー(Lisa Odenweller)さんは、ご本人自身、ホルモンバランスの異常や太り過ぎによる体調不良の経験があります。

そのため、食事やフィットネスによって体内から健康になっていくことが大切だということを痛感していました。特に毎日の食事は重要です。自分で勉強や研究をして実践していきました。

これでご自身が減量成功、健康になるとみなさんにシェアーしたいという考えに至ったわけですね。その後スーパーフード、体内の毒素を出す方法の提唱者となりビジネス展開していきました。

そんな彼女のアイディアはいたってシンプル!オーガニックのローフードを毎日摂ることです。それにはスムージーが一番手っ取り早く簡単に摂取できる方法だということに気が付きました。

▼bBARの会社bebeamingのHP
http://www.bebeaming.com/

スムージーカフェのオープニングパーティーで気付いたこと

3

4
テイクアウト用の健康的なグリーンスムージー(ボトル472ml入り)

さて話はオープニングパーティーに戻ります。店内はスムージーがお持ち帰りできるように、おしゃれなプラスティックボトルに入って、9種類のスムージーが商品ケースに並んでいました。商品のタグを見るとスムージーのネーミングがとても凝っています。

たとえばSEXY MAYAN(セクシーなマヤ族)、Bootie Burn(お尻が痩せる)など。女性向けを意識したネーミングだなあと思いました。

気になるSEXY MAYANの中味はアーモンドミルク、生のカカオ、バナナ、ナツメヤシ、マカ、バニラ、唐辛子の実、シナモン、ナツメグ、それにバージョンアップしたい人はお店特製のプロテインとラズベリーが追加できます。

Bootie Burnのほうは、1個全部のグレープフルーツ、パイナップル、ココナッツ・ネクター、チリ、氷、追加用にビーポーレン(ミツバチが集めた花粉)、ココナッツバター、カムカムがあります。

さてお味の方は…ハッキリ言って普通のフルーツスムージーのような美味しさに欠けていました。でも、体が健康になるようなそんな味、日本的に言えば青汁の感覚ですね。

お値段はBootie Burnは 6ドル(約540円)、SEXY MAYANは8ドル(約720円)です。アメリカの主婦感覚では安いとは言えないお値段です。

日本人の私たちから見たら、家でオーガニックの食材を買ってジューサーで簡単に作れるというイメージがあるので、わざわざ8ドル出して一杯を飲むという感覚にはなりにくいのですが…。

こだわりの素材はすべてオーガニックだし無添加で安全なもの、そしてどんな体調のときにどれを飲めばいいのか教えてくれるのでしたら、アメリカ人的にはOKなのでしょう。(中味のカスタマイズは自由なので自分用のものも作ってくれます。)

5
手前からアンチエージングサラダ、スムージーのYikes Hungover(おお!二日酔い)とSEXY MAYAN、きゅうりとレモンの入った水のボトルがステキ!

スムージーカフェで友人が漏らした感想がなかなかするどい!?

一緒に行った在米歴の長い友人はこう感想を述べていたのが印象的でした。

「アメリカの富裕層の人たちはまずはヘルシーライフに重点を置いているじゃない?でも自分の家で作るという感覚ではなく、どこかへ行って食べるといった感覚の方が強いのよね!ヘルシーなものだったらお金をどんどん払うわけよ。それにここは、ヨガスタジオの帰りに友人と一緒にランチしたりお茶したりする所としては最高の場所だと思うわね!」

なるほど、だから今日も夕方から始まったオープニングパーティーは、ほとんどの人がヨガウェアーだったのか…!と、うなずきながら、妙にアメリカのヘルシー女性の動向におもしろさを感じた私でした。

ヘルシー好きな忙しい女性が多い日本でも、この手のスムージー屋さんがますます増加しそうですね!

この記事をシェアする

関連記事