• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

クリスマスの飾り付けに!雰囲気の出る人工雪の作り方

Date:2012.12.21

冬の風物詩、雪ですが、暖かい所ではあまり降らないし、直接装飾には使えませんよね。そこで、年中使える人工雪の作り方をご紹介します。これを使えば、夏場に雪だるまもできるかも。

用意するもの

・尿素
・水
・洗濯のり
・液体洗剤
・霧吹き
以上です。

尿素を溶かす

尿素を、同じ量の水で溶かし、尿素水溶液を作ります。今回は、尿素25gに、水25ccを用意しました。尿素は、ガーデニングなどに使うもので、大丈夫です。

尿素水溶液をよくかき混ぜます。

尿素を、なじませるために、一日、常温で放置します。(ゴミが入らないようにしてください)

液体洗剤を入れる

食器洗い用の液体洗剤を3,4適、尿素水溶液に入れます。

洗濯のりを入れる

洗濯のりは、小さじ1程度、尿素水溶液に入れます。

よく混ぜる

できた水溶液を、よく混ぜます。人工雪は、これで完成です。あとは、装飾したいものに、吹きかけて乾かすだけです。

使用例

以前作った、クリスマスリースに雪の装飾をしてみたいとおもいます。水溶液を満遍なくふきかけて、よく乾かします。早くしたい場合、ドライヤーで乾かすと、あっという間に出来ます。ただし、結晶が飛びますので、汚れてもいい場所で行ってください。

乾くと、このような感じになります。ぐっと、雰囲気が出たんじゃないでしょうか。

近くで見るとこんな感じです。粉雪って感じですよね。

因みに、手につくとこんなふうになります。もちろん、水洗いで取れますし、原材料も体に悪い物は使っていませんので、安心です。机などに付着しても、水拭きで取れますので、お子様と一緒でも楽しめると思いますので、ぜひ一度お試しください。

この記事をシェアする

関連記事