• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

あなたは大丈夫?SNS依存症で“ウザい奴”にならない為に!

Date:2014.01.21

その投稿する前に、ちょっと待った!「親しき仲にも礼儀あり」という言葉がありますが、これはネット上でも特に肝に銘じておきたい言葉です。SNSによって遠く離れた家族や友人との繋がりを実感できるようになりました。

今日食べた朝ごはん、最近面白かった本や今遊んでるゲームなどなど、自分のリアルタイムを誰かと共有出来るのはとても楽しいことです。ですが、何事にも良い面と悪い面があります。

SNSを使っていると、楽しいことだけではなく、中には不愉快な思いをする場面もあるはずです。あまりにもプライベートすぎる内容や、多数の連続投稿など、”シェア”をしすぎる自己主張が激しいユーザーは、少し遠ざけたいと思ってしまいます。

あなたはそんな”ウザい奴”になってしまっては居ませんか?あなたは面白いと思っていても、実は他人からは白い目で見られてしまっているかもしれません。

今回はそんな”ウザい奴”にならないために、気をつけるべきポイントをいくつか紹介したいと思います。Twitterやfacebook、面白いと思っている人ほど要注意です!その投稿、送信してしまう前に是非一度チェックしてみてください。

誰かのプライバシーを侵してませんか?

自分だけではなく、誰かと一緒に写った写真をアップしようとするときに気をつけたいものです。あなたは良くても、一緒に写っている人は、あまり写真を公開することに乗り気ではないかもしれません。

誰かのことをネット上に公開するときには、その相手の了承を得るのが大原則のマナーです。

ネットでのストレス解消はあまりお勧めできません

何か嫌なことがあって、怒りがどうにも収まらないときに、ついネットに愚痴ってしまうこともあるかもしれません。ですが、これはストレス解消法としてはあまりお勧めできるものではありません。

特に、職場での上司の愚痴など、特定の誰かを傷つけるような内容などは、相手に不快な思いをさせる可能性があり、また今のあなたの状況を悪化させてしまうかもしれません。

嫌なことがあったときには、ネガティブな感情をネットで拡散していくよりも、ポジティブなものをネットから吸収できるようなストレス解消が出来たらいいですね。

自分の個人情報を守れていますか?

個人情報に関する意識は人によって程度が異なるとは思います。有名人等でない限り、そこまで神経質になりすぎる必要はない、という意見の方もいるかもしれませんが、いつどこでどんな事件に巻き込まれるかわかりません。

特に女性の方や、お子さんがいる方は、むやみに自分の情報を公開しすぎないことが、自分の身を守ることに繋がることでしょう。

無意識に誰かを貶めてしまっていませんか?

明確に悪意のある誹謗中傷でなくとも、誰かを傷つけてしまったり、イメージを下げてしまう可能性を秘めています。飲み会でつぶれてしまった同級生の写真をアップすれば、その同級生の職場の人に写真を見られてしまうかもしれないのです。

まさかたったコレだけのことで…なんて思うかもしれませんが、人によって大事にしているものは違います。もし万が一のことがあった場合、あなたは責任がもてますか?アップした情報は「誰が見るかわからない」ということをお忘れなく。

依存している”かまってちゃん”になっていませんか?

誰かから反応があるのは嬉しいものですが、その感覚に依存してしまって、淋しさを紛らわすためだけのツールになってしまっていませんか?

誰かに相手にしてもらいたくて「構って構って!」と言わんばかりに連続投稿しているユーザーを見たら、あまり良いイメージは抱けませんよね。誰かのタイムラインを自分だけで埋めてしまうことの無いようにしたいものです。

以上、いかがでしたでしょうか?どれも、自分の投稿に対する客観的な視点が欠けてしまうことが原因であると言えます。「送信」ボタンを押す前に、一度確認するクセをつけましょう。

自分の投稿で嫌な思いをする人はいないか?どんな人が見ても大丈夫か?などなど。冷静さを失わないように、嗜める大人でありたいものです。楽しみながらも、きちんと礼儀をわきまえられるように気をつけましょう。

この記事をシェアする

関連記事