• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

あなたは大丈夫?気軽にしてしまうSNSでのマナー違反

Date:2013.10.23

皆さんは、SNSってやっていますか?たくさんのSNSがありますので、何か一つは皆さんも登録しているのではないでしょうか?友人や知人と、どこにいても手軽に繋がれるSNSは、知り合いの近況を知る手段としても、自分の近況を知らせる手段としても便利ですよね。

しかし何気なくしてしまった投稿が、実はマナー違反だったかもしれません。あなたの投稿は、大丈夫ですか?

写真投稿は慎重に!

SNSでは、皆さんたくさんの写真を載せていますよね。写真を載せると、ページも華やかになりますし、状況が伝えやすいものです。

しかし写真を投稿する時は、慎重にしましょう。不快を感じるマナー違反のトップが、写真の投稿という方が多くいます。特に友人などが一緒に写っている写真は、必ず相手に許可を取ってから載せることがマナーです。

家族など身近な人でも、許可が必要なのは同じことです。加工をすればまだ許してくれる場合もありますが、そのまま載せてしまうと顔が丸見えになってしまいます。

顔を見られたくない人や行動を知られたくない人などを、不快にさせてしまう恐れがありますね。最悪な場合、友人関係にも影響してくる可能性があります。

コメントは読み返す

SNSでは、思わぬ一言で炎上してしまった!なんてことを良く聞きます。炎上までしなくとも、見ている人が不快になる言葉の使い方や表現には注意が必要です。

例えば、感情丸出しのコメントや、相手のイメージが悪くなるようなコメントは、たくさんの知り合いと繋がるSNSではマナー違反です。また言葉がキツ過ぎたり、人を笑うようなコメントも不快指数が上がります。

実際に人と顔を合わせて話をしているわけではないので、自分の感情や持論が思いの他書きやすいのも事実でしょう。だからこそ投稿前に、客観的な目線で、一度読み返してみる必要があるのです。

他人の情報を漏洩しない

あたり前でしょ!と思いますよね。しかし気を付けていないと、何気なく書いた文章に中に、他人の情報が含まれている場合があります。例えば「○○ちゃんと○○に行ってきました」とか「○○君は、これが大好きなんだよね」などです。

このように自分のコメント欄に、一緒に出掛けた相手の名前や知り合いの嗜好などを書いてしまっていませんか?もしかしたら名指しされた相手は、あなたの書いた情報が、他人には知られたくない情報だったりするかもしれませんよね。

どんな些細な情報でも、相手にとってはバラされたと感じさせてしまうこともあるのです。自分のコメントの中に、他人の行動や嗜好など、些細な個人情報でも載せてしむのはマナー違反です。一番やってしまいまいがちなことですから、投稿する場合は気を付けるようにしましょう。

SNSは知り合いやその知り合いまで、幅広く繋がっていることを考えなくてはいけません。自分以外のことを載せる場合には、前もって知らせておくとトラブルも防げます。幅広く繋がれるシステムだからこそ、上手に使って楽しく情報交換したいですね。

この記事をシェアする

関連記事