• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

SNSで離婚の危機? あなたはパートナーのSNSを見ますか?

Date:2013.10.06

あなたはSNSをやってますか?

SNS、Facebookなどのソーシャル・ネットワーク・サービスをあなたはやっていますか? 現在、SNSに登録している方は、友達登録などで、色々な知人と繋がっている事と思います。

さて、その中でよく話題に上がるのが、「夫(または妻)と友達登録をするか」という問題です。まめに更新する人であればあるほど、普段の生活が透けて見えることになります。

夫婦やカップルであれば、互いの行動がすべて見えてしまう事が、新たな問題のきっかけになったりする場合もあるようです。

例えば、異性の友人関係が原因で、浮気疑惑問題が発生したり、そこまでいかなくても、相手の気分を害してしまう場合などもあるようです。または、普通のブログなどでは気軽に書ける、配偶者などへのちょっとした愚痴も書けない、などの問題もあるようです。

あえて、友達登録をしない

とある掲示板で、話題になっていたトピックスで、『SNS内で配偶者の友達登録をやめたい』という相談があり、様々な議論がそこでは交わされていました。

トピックスの投稿者は、「夫の人間関係が見えすぎてしまって、どうしても監視のような状態になってしまい、精神的に不安定になる。夫が異性と絡んでいるのを見て、どうしても妬いてしまう。けれど、友達登録をやめるとも夫には言いにくい」

そこでは、夫との関係を強調して、けん制を掛ければいいという意見から、見ないようにする方が精神的にいいならば、見ない方がいい、などと色々な意見が出ていたようですが、結果としては、その夫婦での関係によって違ってくるので、一度、SNSでの付き合い方について、夫婦でしっかり話し合いをするべきだというのが、合理的な意見と言えるでしょう。

コミュニケーションツールとして、SNSを利用するのであれば、互いに楽しめるレベルでなければ、意味がないですし、却って夫婦関係を悪くするのであれば、すっぱりやめてしまう。または友達登録をお互いに止める、という方法もありそうです。

前向きに利用するSNS

知り合いの夫婦は、SNSを能動的に利用しています。

例えば夫が昼に何を食べたのか、確認したうえで夕食のメニューに生かしたり、相手が何に今関心を持っているのか、そう言うことを互いに見ることで、「もしかして、○○に行ってみたいと思っている?」などと普段の会話のネタにしたり、実際の旅行先を相手の興味のある場所にしてみたりと、互いに忙しくゆっくり会話が出来ない時でも、相手の思っていることを理解することができて大変に便利だといいます。

相手の友人関係に関しても、大まかなところは理解していても、余り深くは干渉しない。

『いいね』などを押すことを乱発しない、相手との関係性を強調するようなタグ付けは出来るだけ避ける、など、お互いのプライベートに配慮したうえで、いい形で利用できれば、こんなに便利なものはないそうです。

また、直接はっきり言いにくい事でも、相手が読んでいることを考慮したうえで、あえて発言してみて、相手の関心を確認することなんてこともできそうです。

便利なSNSですが、それが相手への監視ツールになってしまってませんか?監視ツールになってしまうような精神状態ならば、いっそ一度やめてしまうのも手かもしれません。

SNSをやめてしまっても、人間関係が終わるわけではありません。一度お休みして、それからまたしたくなった時点でゆっくり復活するという手もあります。便利なツールは使ってこそです。使われてしまっては元も子もないのです。

この記事をシェアする

関連記事