• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

SNSにストレスを感じやすい人の3つのパターン

Date:2013.03.08

今、SNSと言えばFacebookやmixi、もっと簡易なものでもLINEやカカオ、自分のアカウントを持つものではTwitterもSNSと言えます。10代から20代の若者の間では自分のアカウントやブログを持っていることが当たり前になっています。

自分の日常を報告したり、ちょっとしたことでも誰かに何かを伝えたい時に役立つSNSですが、それをやっていることでストレスを感じている人も少なからずいるようです。あなたはどうですか?

SNSで感じるストレスとは?3パターン

SNSを通じて感じるストレスには様々なものがあります。

◎パターン1:コメントや評価がもらえない

自分の投稿に対し、友人からのコメントや評価をもらえないことがストレスになっていると答える人は多く、SNSに関する最大の問題であると言えます。

誰かに見てほしくて投稿しているのに、その反応がないというのは確かに寂しいかもしれません。

◎パターン2:コメント、評価を「しなくてはいけない」と感じる

パターン1と関連して、自分が見た友人の投稿に対し、「コメントしなくては、評価をつけなくては」という意識が芽生えてしまい、それを面倒だと感じることにストレスを感じることもあります。自分の投稿に評価がほしいと感じている人が陥るストレスパターンです。

◎パターン3:友人の投稿内容がいらつく

例えば友人が、自分が誘われていない飲み会の写真を掲載したり、自慢ばかりする内容の投稿をすることです。目につく行動がただネット上に場所を変えただけとも言えます。

腹が立つ訳ではありませんが、ネガティブな内容ばかりを投稿する女性は特に多いようです。自分としては誰かに聞いてほしくて書き込んでいるのだと思いますが、これは男性はもちろん、同性からも不評なのでご注意ください。

対処法1:SNSは自分の為のものであると意識する

SNSの長所は離れている友人や、普段なかなか会えない人と情報交換をしたり、つながれること。しかしそれにはまりすぎてしまうとパターン1、2のようなストレスを感じることになります。

自分を評価してほしいという自己顕示欲が男性に比べて強い女性はこれに陥りやすいと思います。そこで「SNSは自分の生活や感じたことを残すためのもの。誰かに見てもらうのはそのおまけ」という意識を持ってSNSと付き合うことが出来れば、そのストレスはなくなります。

そもそもネット上のやりとりなのですから、過度に期待しないことで評価をもらえたらそれはラッキー!くらいの軽い気持ちで付き合うべきです。うまく使いこなすべきものであって、SNSに振り回されている女性はナンセンスです。

対処法2:ブロック機能も有効活用する

SNS上で友人になってしまうと面倒なのが、何かのきっかけで友人を外した場合にそれが悪いことだと感じてしまう、見られてしまうことです。先ほども言ったように、ネット上の単なるやりとりと考えればそこまで非難されるようなことではないのです。

しかしSNSにはまってしまうと「友人を外すのは悪い」「本当はそこまで仲良くないけど、友人申請が来たから受けなくてはいけない」と感じてしまいます。

もう一度言います。大したことではありません。

ブロック機能を使ってマイページに表示されないようにしたり、そこまでしなくても表示しないような設定機能はあります。

友人のネガティブな内容によって、あなたが暗い気持ちになることはありません。そんな友人は一旦表示されないように設定してみてはどうでしょう。

対処法3:投稿内容に注意!

ストレスパターン3の追記のように、SNSを通じてネガティブな内容を投稿する人がいます。特に女性に多く、そんな投稿ばかりを見せられたらこっちまで気が滅入ってしまいそうです。

投稿する側としてはモヤモヤした気持ちをなんとか吐き出しているつもりなのですが、観る側(特に男性)からすると、「可哀想な自分をアピールしている」「心配してほしいだけ」のかまってちゃんだと思われてしまいます。

「はあ・・・今日仕事で辛いことがあった・・・」などと落ち込んだ様子だけ書かれていても、コメントのしようもありません。そこで投稿内容に少しの変化を加えるだけでいいので、こうしてみてください

「はあ・・・今日仕事で辛いことがあった・・・誰かに聞いてほしいので明日の夜誰かご飯食べにいきませんか?」と言ったように友人を誘う文言をつけたり、「はあ・・・今日仕事で辛いことがあった・・・でも自分にも反省点があると思うから明日からまた頑張ろうと思う!」とポジティブに締めることでコメントしやすく、応援する気持ちにもなります。

快適なネットライフを送る為には、自分が嫌な気持ちにならない注意と、友人を嫌な気持ちにさせない注意が必要です。ほんの少し付け加えたり、心持ちを変えるだけで楽にSNSと付き合うことが出来ますよ。

この記事をシェアする

関連記事