• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

情報取得・昔の友達を探すなどSNSの賢い使い方

Date:2013.07.04

SNSとは「ソーシャル・ネットワーキング・サービス」の略ですが、現代ではたいていの方が一つくらいは登録していて、さまざまな情報を得ています。そこで、いろいろなSNSの使い方を探っていきましょう。

日本ではお馴染みです…mixi

日本国内で大発展をしたSNSです。匿名(ハンドルネームなど)で登録でき、写真も自分の顔がハッキリ写っているものではなくても大丈夫なので、情報漏れが気になる方には良いSNSだと思います。

普通に自分のページを覗いている人からマイミク(友人)になると、よりプライベートな写真を見せるという仕組みにもすることができます。遊び半分のビジターは、シャットアウトできるわけです。アプリもいろいろ充実していますから、アプリ好きな方にはいいですね。

ただ、友人からアプリへのお誘いが来ることもありますので、遊びたくない方はスルーしましょう。義理でいろいろアプリをやっていると、自分の時間が無くなります。

その日のニュースについては、旬なものを知ることができ、コラムも結構気になるものが充実しています。女性向けなら恋愛関係とか。いろいろと参考にできますよ。マイミクのタイムラインは常に更新されていますから、友達の状況をいち早く知ることができて便利です。

メールのやり取りより、さり気なく状況が知れていいですね。こういうのがSNSの醍醐味です。また、mixiアプリを開発して広めるのもOKとのことで、開発者にとっても可能性が広がりますね。

世界的規模です…Facebook

こちらは日本に留まらず、北米が発信地というだけあって、海外の人とも情報交換ができます。また、タイムラインの中にニュースや自分が選んだ分野の宣伝などが、頻繁に出てきますので、友達の近況と世の中の状況をいっぺんに知ることができます。

昔の友達探しでは、Facebookのほうから「友達かも?」といった知らせが来るので、見つけやすいかもしれません。でもその反面、ストーカーみたいで気味が悪いという方もいます。

ちょっと自分の学校や住所などから検索され過ぎの感ありです。この辺が合わないという方もいます。

自分から積極的に「○○学校卒の…」と探す分には問題ないんですけどね。見ている間にチャット可能な友達も表示されますから、試してみるのもいいかもです。

原則は実名主義です。しかし日本人のように自分の情報がオープンなのを嫌う方は、ニックネームなどで登録している方もいるようです。

他にも続々ありますSNS

他にも「ウィメンズパーク」という、女性専用のSNSもあります。女性特有の病気や妊娠・出産に関しての、同じ気持ちの仲間の意見が聞けるところです。先輩の意見が聞けて心強いですよね。

「ジョグノート」という、ジョギング・ウォーキング・水泳・自転車の記録や、体重・体脂肪管理、コース検索、開催レース情報などが分かるSNSもあります。健康に一役買ってくれそうですね。

ツイッターよりもっと小規模版なのが「オールギャザー」。割と近所の方同士がつぶやいたり、一言日記を書いたり。自宅にいながらチャットオフ会もできるそうです。寂しがりにはいいかもしれません。

SNSは自分にとって有益になる使い方を選んで使いましょう。そうすれば面倒なものではなくなる筈です。不必要に自分の情報を流さないためには「電話番号を入力してください」等のメッセージには簡単に従わないことです。

気になる場合はPCに詳しい方に相談してからにしましょう。基本は友達と世の中の情報が得られれば、まずOKですね。

この記事をシェアする

関連記事