• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

恋愛上手は育て上手?出会いがないと嘆く前に!いい男の育て方

Date:2014.09.26

周りに素敵な男性がいない、理想の男性がいない・・・そう嘆いている女性も多いことでしょう。実際、社会に出てみると意外と出会いってなかったりしますし、「素敵だな」と思った人には既に奥様や彼女がいたりするパターンも、かなしいかな多くなっていきます。

では、どうすればいいのでしょうか?合コン・パーティー・サークルなどなど、人脈を広げる手段はたくさんありますが、ここでは「いっそいい男は自分で育ててみよう!」という提案をさせて頂こうと思います。

おらぬなら、育ててみよう、いい男!?自分にとってのMr.RIGHTって?

Mr.RIGHT・・・それは、自分にとっての「正解」。つまり理想の男性のこと。

理想の男性に出会える確立・・・そう高くはありません。ならば、譲れないポイントはクリアしているけれど、ここが足りないな・・・という男性に目を向けてみて。足りないから無理!と決めつけないで、女性側が「足りない部分」を育ててあげればいいのです。

例えば、デートのときのエスコートがいまいち・・・。そう思うなら、さりげなくリードしてみてはどうでしょうか?お店の予約・デートプランなど、女性から理想のエスコートの仕方をお手本として見せてあげる。

男性だって、女性側から素敵なエスコートをしてもらえれば嬉しいはず。素敵な男性になれる素質のある方なら、「人からされて嬉しいことは、自分もしてあげたい」ときっと素直に真似してくれて、上手なエスコートの仕方をあなたから学んでくれることでしょう。

反対に、何度も何度もお手本を見せてあげているのに、向上心もなく、それにどんどん甘えてくるような男性ならば「いい男」になれる確率は低いかも?

すばやく見切りをつけるのも大事!ただし、「きっと素敵な男性になるはず!」と思える相手に対しては、優しく根気強く、見守りながら教えてあげましょう。女の腕の見せ所ですよ!(笑)

いい男を育てる極意。愛情があってこそのスパルタを!

男性を育てるための極意は、『甘やかさない。けれど、優しく』『急かさない・焦らない』。これが、簡単そうに見えますが案外難しい・・・。男性側にもプライドがありますから、見下した態度や上から目線はNG。

甘やかさない。けれど、優しく

教えてあげたことができたら、しっかり褒める!「嬉しい。ありがとう」という言葉も忘れずに!これを何度も何度も繰り返すことで、あなたの求める「いい男」に近付いていくのです。

いつも行きあたりばったりだけど、今日はお店の予約を取ってくれていた。そんな彼に対して、感謝の気持ちを少しオーバーなくらいに伝えてみましょう。

こんな些細なことで彼女が喜んでくれるなら、次も頑張ってみようかな?と思ってくれたら、大成功!まずは期待半分、というところで許してあげて下さいね。(笑)

急かさない・焦らない<

基本的に男性と女性とでは、考え方が根本的に違うので女性側の意見を理解してもらうには少し時間がかかります。そこで今度は「急かさない・焦らない」。

人対人ですから、上手くいかないことも多々あります。そのとき「どうしてできないの?」などと言ってしまっては、男性のプライドは傷つき、やる気もなくなってしまう・・・なんて状況になりかねません。無理強いするのもNGです。

男性を育てるには、女性側の器の大きさが重要なポイントになってきます。ちょっとイライラしても、これも自分磨きの一環だ!と寛大に接してあげましょう。ただし、ため込んだイライラは女性同士でしっかり発散しましょうね。(笑)

「素敵な人になってほしい」という思いがあるのですから、そこには大きな愛情が生まれます。いくら教えてもできないこともありますし、向き不向きがあります。

でも、そんなふうに手間暇をかけた男性ならば、目をつむってあげることもできるようになるはず。愛情あってこそのスパルタ!ですよ。(笑)

いかがでしょうか?「内助の功」とも言うように、素敵な男性のそばにはやはり素敵な女性がいるもの。なぜなら、女性が上手に男性を育てているから。

ぜひ視点を変えて、王子様を「待つ」のではなく「自分で育てる」ことにトライしてみては?自分自身も鍛えられること間違いなしです!

この記事をシェアする

関連記事