• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

結婚式でサプライズプレゼント!花嫁にサムシングフォーを贈ろう

Date:2017.08.07

サムシングフォー08011

サムシング・フォーって、知ってる?

イギリスの古い詩に書かれている、結婚式の時に花嫁が身に付けていると幸せになれるという、4つのもの。

  • 「なにか古いもの」
  • 「なにか新しいもの」
  • 「なにか借りたもの」
  • 「なにか青いもの」

ここまではとっても有名で、最近の花嫁さんたちは身に付けて式に臨んでいるらしい!

でも実はこの詩、続きがあるんです。

「そして靴の中には6ペンス銀貨を」

・・・そう聞いたら、6ペンス銀貨も足したくなっちゃうよね!

だから今回は、5つ全てを盛り込んだブローチ、作りますよ。ちょっと大変だけど、1時間もあればできちゃうよ。

花嫁さんご本人はもちろん、お友達の花嫁さんへのプレゼントにも、いかがでしょう?

材料リスト
6ペンス
サムシング・フォー
お好きなもの
スワロフスキー・パール等
3mmのビーズ
丸小ビーズ
カブトピン
5カン付のもの
Tピン
イニシャルチャーム
テグス
丸カン
カニカン
必要な道具
ハサミ
平ヤットコ
丸ヤットコ
ペンチ

6ペンス銀貨に一工夫しましょう

6ペンス銀貨って、もう今では流通していないもの。

でもでも便利な世の中で、ネットで簡単に購入可能。

ほらね。

3枚も買っちゃった!

よくよく見ると素敵な銀貨。

発行年によって、デザインも違うみたい!お好きなデザインのものを選んでね!

詩にあるとおり、そのまま左の靴に入れてもいいけど、どうせなら残るようにブローチに投入!

でも銀貨に穴をあけるわけにもいかないので、枠を付けますよ!

ソロバン型のスワロフスキービーズに、丸小ビーズ。

まずはテグスにスワロフスキーを2つ、丸小ビーズを1つ。

スワロフスキー1つに両側からテグスを入れて、交差させます。

◆左に丸小ビーズ、右にスワロフスキーを入れたら、またスワロフスキーで交差。これが基本形!

◆と同じことを16回繰り返して、

最後の16回目は、左に丸小ビーズ1つを入れて

一番最初に入れたスワロフスキーに戻りましょう。

新しいスワロフスキー1つで両端を交差させたら、

ギュッと引っ張って、はい、一周できました!

お次は厚みにあたる部分。

片側にスワロを2つ。

スワロ1つで交差させたら

近い側のテグスで、お隣の先ほど通したスワロに通します。

反対側にスワロ1つ足して、新しいスワロ1つで交差。

これを一周、繰り返します

最後の16回目は先ほどと同じく、最初のスワロに通します。

これで厚み部分、できあがり。

最後は裏面。表面と同じです。

片側にスワロ1つ、丸小ビーズ1つ。

スワロ1つで交差させて、隣のスワロをすくって。

同じことを繰り返すのも、さっきと同様。

違うのは

必ず半分くらい進めたところで、コインを入れること。

※全部通してからだと、入れられなくなるので注意!

コインを入れたらどんどん進めて、さあ一周!

16回目は最初のビーズに通すのも一緒

最後は厚み部分のビーズに、こんな風に通したら

ギュッと堅結び。

余分なテグスは切っちゃいましょう。

できた~!

花の紋章も

ヴィクトリア女王も隠れず、華やかさマシマシ!

キラキラ光ってとても綺麗です。

そして、スワロフスキー部分を

パールで作ってみたら

これはこれで、品があって素敵。

女王様とも相性抜群。

甲乙つけがたい出来上がりになりました。

どちらがお好み?お好きなビーズで作ってね。

最後にこれをブローチと繋げられるようにしましょう。

使用するのは、丸カン。

スライドさせるように平ヤットコで開いたら

コインの上部に通して

閉じるだけ。

うん、簡単。

さて、ここまでできたら、ブローチの殆どが出来たようなもの。

あとはどんどんブローチ金具に下げていくよ!

サムシング・フォーを選びましょう!

《なにか古いもの》

祖母から受け継いだパールネックレスの、パール。

《なにか新しいもの》

このたび新たに買った、パール。

まずはこのふたつのパールに、Tピンを通して。

90度に曲げて

7mmほど残してペンチでカット。

丸ヤットコでグルリ。

同じように処理しましょう。

《なにか借りたもの》

指輪。

まずはここまで、どんどん付けていこう!

カブトピン、5カンつき。

もちろん丸カンを使って、下げていくよ

6ペンス銀貨に

古い真珠、新しい真珠。

一番右にはカニカンを。

何故カニカンかって、ほら

指輪が下げられる。

借り物だから、返さなければいけないものでしょ?

カニカンなら、簡単に着脱可能!

最後にひとつ空いたカン。ここはもちろん、《なにかひとつ、青いもの》。

薄いシルクのリボンにしたよ。

今度は丸カンを、下げるのではなく本体に向けて付けて

そこへリボンを通したら

結んで完成!

我ながら、素敵。

これでサムシング・フォーに6ペンス銀貨、コンプリート!

お好みでリボンの下にイニシャルチャームも足して。

イニシャルチャームはなくてもいいけど、より特別な感じ、するでしょ?

花嫁さんそれぞれの、イニシャルで。

指輪は自分のを貸してもいいし、お母さんに借りてね!と伝えるのも素敵。

おまけのラッピング

最後にプレゼント用のラッピングも簡単可愛くしちゃおう。

こちらの画像を、ハガキサイズの紙にプリントアウト。

そのままブスリと刺して

はい、それだけ。

超簡単!

そのままビニールに入れて、テープで留めるだけ。

リボンはブローチに付いてるし、柄は台紙に描いてあるから、これ以上の装飾は必要なし!

ラッピングとは言えないほどの、簡単ラッピングでした♪

さてさてここまで長々とお送りしてきた、サムシング・フォーのブローチ。

幸せ花嫁がもっともっと幸せになれるよう願いをこめて、お好きなパーツで贈ってくださいね!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

この記事をシェアする

関連記事

コメント