• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

周りから慕われて「尊敬される」女性になる為の女の条件とは

Date:2013.05.14

何でも相談できる頼りがいのある先輩、と言われてみたいですよね。そう言われるためには周囲から尊敬されること、がポイントです。

男女の間においても、お互いを尊敬できればお付き合いは長続きすることも多いです。相手を尊敬できないと、付き合っていても面白くないし、自分を高めることもできませんよね。

尊敬されるということは、エラそうにしていれば尊敬されるというものではありませんね。仕事ができればある意味尊敬はされますが、仕事の面だけでは物足りません。男性からも女性からも尊敬されるにはどのような女性でいればよいのでしょうか?

自分の過ちを認められる

特に仕事上、誰にでも失敗はあるものです。でもそれを部下のせいにしたり、他の会社のせいにしたり、または上司のせいにする、なんてもってもほか。誰かのせいにするのは卑怯な人ですね。

自分のミスはもちろん、部下のミスも自分の監督不行き届きとして自分の過ちと素直に認めることは、当然のこととはいえ、なかなか難しいものです。それを潔く認め、反省し、次に生かす、という仕事ができる人は尊敬されるに値しますね。

言い訳をしない

また、ミスをすれば言い訳をしたくなるものです。自分の評価を下げたくない、という思いが出てくるからですね。でも、言い訳をすればするほど、その人の評価は下がります。言い訳をしない方が、ミスをしてもその人の評価に影響は思うほどないものです。

何事にも動じない

特に女性は何かあると大げさに騒いでしまう人が多いですね。騒いでも、騒がなくても事態は変わりません。大げさに騒ぐほど、気の小さい人、器の小さい人、と思われてしまいます。驚いたとしても、状況を把握する努力をし、冷静に判断ができる女性でいたいですね。

ありがとうとごめんなさいが素直に言える

机の下に落ちているものを拾ってあげても、「ああ」としか言わない人っていますよね。どんな小さなことでも、親切にしてもらったのですから「ありがとう」は言うべきですね。

また、年下にも部下にも自分が悪いことをしたら、「ごめんなさい」は言わないといけませんね。親しき仲にも礼儀あり、です。彼や旦那さんにも自分の親や兄弟にもありがとう、とごめんなさいは言える人でいましょう。

疲れた顔を見せない

残業続きだと社内の雰囲気も悪くなりがちです。みんなが疲れてイライラしてしるからですね。そんなときにさも自分が一番疲れている、という顔をしている人は尊敬されません。

特に上司であれば、無理に笑顔を作らなくても、普段と同じような表情でいたいもの。できればピリピリした雰囲気を作らず、平常心で後輩や部下の様子を把握し、サポートするくらいの余裕がある人になりたいですね。

そのためには、身体的にも精神的にもタフでなければなりませんよ。疲れた顔は、気を許した彼の前でだけ見せましょう。

常に平常心

「あの人、今日は機嫌が悪いから近寄らない方がいいわよ」なんて陰口をたたかれるようでは、尊敬される女性にはなれません。

女性ですから体調的にもイライラしたり、機嫌の悪いときもあるでしょう。しかし、それを表に出さないこと。いつも安定した精神状態を保てる人は偉いですよね。そんな人には安心感をおぼえます。

意見を否定しない

仕事上でもプライベートでも意見が食い違うことや、自分とは考え方が異なる場合もありますね。そんなとき、頭から「理解できない」「そんな意見は間違っている」と否定する人は了見の狭い人です。

自分の意見が正しいと思いたい気持ちは分かりますが、柔軟性を持つことも非常に大事ですね。自分だけの意見が正しいとは限りません。他の人の意見も聞き入れることのできる心の広さと頭の柔らかさを持った女性になりましょう。

お疲れ様、が素直に言える

結婚して夫婦で働いていると、家事を負担している奥さんは体力的にもつらいものです。また、専業主婦でも1日中家にいるからといって遊んでいるわけではありません。夜、疲れているのは夫だけでもなく、お互い様です。

しかし、旦那さんをねぎらう優しさを持てると偉い奥さんです。旦那さんが帰ってきたら「お疲れ様」と素直に言ってあげましょう。「私だって疲れているのよ!」なんて言わない奥さんになりたいですね。

いつも身だしなみに気をつけている女性

疲れていたり、または長年彼と付き合っていると外見に気を遣わなくなることがありますね。でも外見のゆるみは気のゆるみ。厚化粧こそしなくても、いつぃもキレイでいたいものです。

常に、身だしなみには気を遣いましょう。いつもキレイな女性は清潔感もあり、がんばっているな、素敵だな、と思いますよね。

この記事をシェアする

関連記事