• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

誰にも言えない苦しさは危険!大人になってからの相談相手の探し方

Date:2013.11.05

何でも話せる親友が身近にいた学生時代、たくさんの友人たちに囲まれた独身時代を送った人でも、年を重ねると共に生活環境が変わって気付けば孤独感を感じるようになってしまうことがあります。

就職で地元を離れたり、親友が遠くへ引っ越してしまったり、子供ができていつの間にか友人たちと疎遠になってしまったりということもありますよね。気付けば気軽に悩みを話せるような人が身近にいなくて、ストレスでモヤモヤし続けている状態が続いていませんか?

日常の小さな悩みであっても、誰かに話すということは心のバランスを保つのにとても大切です。少しのストレスが積み重なってうつや自殺などにつながるケースもあります。

心を許せる友達を作るのはなかなか難しい大人の世界ですが、相談相手の探し方をいくつかご紹介しましょう。

遠慮せずに友人に連絡をとってみよう

連絡を取らない期間が長くなるほど、連絡するのを遠慮してしまいがち。久しぶりに話をしたいと思っているのは相手も同じかもしれません。まずは遠慮せずに友人に連絡してみましょう。

最近は気軽にチャットができるLINEなどを使って、お互いに都合のいい時間にコメントを送りあって会話することもできるようになりました。そのような便利な機能をフル活用して、人間関係を復活させましょう。

ネットの書き込みでスッキリ!

とにかく吐き出して誰かに聞いて欲しい気持ちや、まわりの人にはちょっと言いづらい悩みなどは、インターネット上の相談サイトなどで吐き出すのも1つの方法です。

場合によっては辛口な意見もあるかもしれませんが、匿名性があるので気軽に書き込みができますし、同じような悩みを持つ人の意見が聞けることもあります。

あまり具体的な事は書きにくいので、自分の状況に応じたアドバイスなどが欲しい時には不向きかもしれません。聞いてもらってストレス発散したいという人にはピッタリです。

行きつけの飲み屋さんをつくる

これぞ大人の方法という感じですね。自分1人でも通えるようなバーやカウンターのある飲み屋さんなどがあれば、そこの店員さんに悩みを話すという方法もあります。

親に相談すると余計な心配かけるし…夫や友達には言いにくいし…なんて相談事でも、赤の他人になら話しやすい場合があります。

客商売で様々な人を見てきたような人であれば、ひと味違った意見が聞けるかもしれませんし、お店の雰囲気によっては常連さんも巻き込んでみんなで相談に乗ってもらえることもあるかもしれません。

何より、1人でいたくない時に行ける居場所があるのはとても心強いものです。

専門家に話を聞いてもらう

深刻な状況であればプロに話を聞いてもらうことをオススメします。DVや虐待や犯罪などに関わることはもちろん、気持ちが沈み不安定で落ち着かないというような時でも適切な人に相談することで思わぬ道が開けることもあります。

最近は様々な問題に対して専門の機関やNGO団体などが相談窓口を設けています。自分では大したことではないと思っていても、専門家から見れば危険な状況の場合もあります。

とにかく状況を知らせるということが第一歩ですので、躊躇することなく連絡をしてみましょう。

この記事をシェアする

関連記事