• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

本気で相談に乗ってくれる男子の8つの見分け方

Date:2013.01.26

1:エッチの経験が豊富

「エッチの経験が豊富かどうかは、しゃべっているとわかるのですが、経験が豊富な男性は、私が悩み相談をしていても口説いてきません。最悪なのは、どれだけマジメな男であっても、経験が少ない男性は、相談の途中から私を口説きにかかってきます。最悪です」(25歳・美鈴)

経験が豊富そうな男は、口説くタイミングを知っていると思われます。よって、すべての悩み相談が終わって、あなたが満足するまでは口説いてこない確率が高そうです。

2:フェミニンな男性

「ゲイというわけではないのでしょうけど、ちょっと女性チックな繊細な男性は、安心して相談できましたし、今でも相談しています。男っぽいガタイのいい男性であっても、バイセクシャルかのように、実は繊細……という人もいて、そういうお客さんは悩み相談をちゃんと聞いてくれますよ」(22歳・奈菜)

奈菜さんによると、酔っても声を荒らげない男性とか、持ち物がいつも清潔感に溢れている男性は“フェミニン”に入るのだそう。

3:華美な服装をしていない

「紺のスーツに白いワイシャツのように、華美な服装ではない男性は、わりと私の悩み相談にきちんと乗ってくれますね。赤のパンツにグリーンのニットというような派手目の洋服の男性って、わりと自分のことをしゃべるか、“もう君の話はいいから飲もうよ”となります。あくまでも傾向としてですが」(28歳・葉子)

エッチな経験が豊富そうで、華美な洋服ではなくフェミニンな香りがする男性であればOKということですね。

4:時計が華美ではない

「時計は男性を見極める大きなポイントです。派手な時計をしている男性って、どういうわけだか、女性の話を真剣に聞かない傾向があります。とにかく自分が女性を口説くためにお話をしたいとか、自分が中心で地球が回っているような感覚ですよね」(26歳・アリサ)

派手な時計をしていても、謙虚な男性はいると思いますが、1つの傾向として、こういうことが言えるのかもしれません。時計=自己顕示欲の表れと解釈をするのであれば、アリサさんの言っていることも理解できるのではないでしょうか?

いかがでしたか?服装や時計など、比較的判断のしやすいポイントがいくつか出てきました。次は相談しても失敗しない男の特長をご紹介しましょう。

5:お酒を飲んでも仕事の自慢をしない

「多くの男性はお酒を飲むと、自分の仕事の自慢話をします。それを聞くのが私たちキャバ嬢の仕事ですし、合コンに行って品よくしようと思えば、黙って男性の話を聞く女性も多いと思います。

しかし、お酒を飲んでも、決して仕事の自慢話をしないお客さんもいて、そういう人は、たいてい悩み相談に乗ってくれます。メールで相談してもメールで丁寧な返事が返ってきます」(21歳・麻里)

酔っても自慢話をしない男性は、非常に理性的であると思われます。そういう男性は、常に分別のある行動をするということなのでしょう。

6:お酒の飲み方がキレイ

「お酒の飲み方がキレイというのは、たとえば、酔っても愚痴を言わないとか、しつこく口説かないとか、お会計を現金で気持ち良く支払うとか、そういうことを言います。

こういう男性は、本当にキャバ嬢に人気があります。しかも、人気があることをお客さん自身が知っても、それを鼻にかけるようなことはしません。安心して悩み相談ができます」(27歳・絵梨)

なるほど。お酒を飲ませてみて、キレイに飲む男性であれば悩み相談をしても大丈夫ということですね。

7:普段はちょっとコワモテ

「合コンに行っても、キャバクラのお客さんであっても、コワモテの男性って、ちょっと引くと思います。怖いから。でも、コワモテの人って、わりと仕事に厳しいとか自分に厳しい人が多いのではないでしょうか?

“女子の悩み相談をちゃんと聞かなくっちゃ”と思えば、コワモテの人はずっと話を聞いてくれます」(22歳・エミリ)

自分で自分を律することができる男性はコワモテであることがあるということですね。

8:笑いのセンスがある

笑いって、物事を客観的に見ないと生まれてこないものです。悲劇のヒロインを演じているあいだは、なかなか笑えません。

笑いのセンスのある男子は、常に物事を広い視点で客観的に見ることに長けている人で、そういう男子に相談すると、本気で相談に乗ってくれる確率が非常に高いのです。

いかがでしたか?最後の笑いのセンスに関しては、男として優秀なヤツって笑いのセンスがあると言い切ってもいいくらいです。広い視点を持って公平に物事を見てくれる男子に、恋愛相談をしていたらそのうち付き合うことになった・・・ということだってありえなくはないのでは?

この記事をシェアする

関連記事