• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

夏から秋まで縞々主義!ストライプアイテムのコーデアイディア

Date:2014.11.20

シンプルシックなミニマムファッションがお好きなあなた。

無地で合わせるコーディネートが得意だけど、ちょっとだけスパイスを加えたいなと思うときはありませんか?

そんなあなたにおススメなのが、ピンストライプ。

クラシックからカジュアルまで品よくスタイルをレベルアップさせるこの模様をあなたのワードローブに加えない手はありません!

この記事ではさまざまなピンストライプのアイテムを着こなすヒントをご紹介します。

スカート

クラシックなオフホワイトにネイビーのポイントが入ったサマーセーターに、シースルーのピンストライプのスカート。

ゴールドのチェーンのついた小さなポシェットと、抜け目のないピンヒールのパンプスは黒で引き締めて。

懐かしさの中にぴりっとモダンなスパイスが効いたこのスタイルはおしゃれに敏感なあなたを印象付けることができます。

夏らしいシースルーのスカート以外にも、レトロなボックスタイプのスカートもおすすめ。

こちらはグレーのスウェットにボルドーのピンヒールのパンプスに合わせて秋を感じるころにも応用可能です。

ジーンズ

ちょっぴり洗いが入ったブルーの地に薄いピンストライプが入ったジーンズは、いつものデニムスタイルを格上げしてくれるアイテム。

ぱっと見はふつうのデニムに見えるところが、あなたのセンスの高さをうかがわせます。

これに合わせるのは、オーバーサイズのロックな黒Tシャツ。もしくは大き目の黒のシルクブラウスでもいいでしょう。

足元とバッグはこれまた黒。エッジの効いたコーディネートです。

秋が近くなったら、パンツの青みとトーンを合わせたデニムシャツがぴったり。

袖はまくって、スウェードのブレスレットをぐるぐる巻きつけてもおしゃれです。

ブラウス

潔い白地のピンストライプブラウス。オーバーサイズのものを選び、ゆったりしたリネンの黒のパンツにゆるくたくし込みましょう。

もしくは、スキニーのブルーデニムに羽織っても。

足元はカジュアルにフラットなレザーサンダルで、かちっとした印象のストライプシャツにこなれ感をプラスします。

秋が近くなったら、黒のペンシルスカート、赤やネイビーのスウェードのTストラップのパンプスに合わせてみて。

上質な女らしさが引き立ちます。

ジャンプスーツ

ショートのジャンプスーツも白地にストライプならさわやかで品のある雰囲気。

胸元にフリルのあるものならロマンティックなイメージになります。

これに皮のクラッチと、同じく皮のヌーディ―なサンダルを合わせて夏のお嬢さん風に。

ゴールドのマリン風ネックレスやブレスレットを合わせてください。

パンツ

ワイドなリネンパンツ。これだけでも夏らしいアイテムですが、これがピンストライプになると涼しさがさらにアップ。

合わせるのは細いストラップのキャミソール。パンツにハイウェストを選んでキャミをたくし込めば、脚長効果が抜群です。

足元は白の華奢なヒールサンダル。目元には大き目のサングラスで余裕のある大人の女性スタイルを。

ワンピース

ブルー系、黒系でもピンストライプのワンピースは凛とした表情。

合わせるバッグはブルー系ワンピなら真っ青な空の色のポシェット、黒系なら黒で統一しましょう。

足元はぺたんこのアンクルブーツでバランスを取ってください。

秋が近づいたら、ここにデニムの短めジャケットを羽織り、足元はレオパードのバレーシューズ、真っ赤なクラッチでドラマチックに変化させて。

ダークなパンツ

スーツのようなダークな色味のパンツ。

ピンストライプだとよりキャリア系な感じですが、これをスーパーワイドなものにするだけで一気にファッショナブルになります。

ここに、シルクのオーバーサイズのシャツを合わせてゆったりたくし込む。足元は華奢なストラップサンダル。

もちろんピンヒールにして、マニッシュなピンストライプをレディライクに仕上げましょう。

しっかりした生地のパンツなら、サンダルをポインテッドトゥのパンプスに変えれば秋まで着回し可能!

目の詰まったハイゲージのゆったりVネックニットをあわせ、華奢な貴石のネックレスを合わせてもシックです。

いかがでしたか?ブラウスからパンツ、スカート、ワンピースにいたるまでピンストライプのアイテムはさまざま。

合わせるものがシンプルであればあるほど、そのスタイリッシュさは引き立ちます。

これまでは無地でいた人も、きっと毎日着たくなりますよ!

この記事をシェアする

関連記事