• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

美しすぎるおもてなし!紅茶に浮かべるシュガーレースがすごい!

Date:2014.10.26

shutterstock_132492929

琥珀色の紅茶の上に、繊細な模様の白いレースが浮いてる…?上品なティーセットに浮かぶレースの美しさは、まさに目を見張るほど。

その紅茶に浮いた白いレースの正体は、実は砂糖なのです。そんな驚きの“シュガーレース”についてご紹介します。

どうやって作ってるの?砂糖でできたレース

その砂糖でできた純白のレースは、アメリカで販売されているキットで作ることができます。

日本ではまだ発売されておらず、個人輸入をする人も多いようです。

キットについている専用のシリコン型に、砂糖をとかしたもの(アイシング)を流し入れて固めるだけです。

型が柔らかいため繊細なアイシングを取り外しやすく、大きく作った後ははさみで切り取り、好きな形、大きさで使うことができます。

紅茶以外にも使い道多数!

紅茶に浮かべるのも素敵ですが、食べることができるレースの使い道はさまざま。

チョコレートケーキに飾れば黒と白のコントラストが美しいですし、白いウェディングケーキに使っても豪華です。

シンプルなカップケーキの上に乗せるだけでもオシャレになり、お土産に持っていくのにも最適です。

キットがなくてもやってみたいアイシングアート

スイーツやかわいいものが好きな人なら、一度その存在を知ればキットが手に入らなくても再現したくなります。

このキットで作る場合、独自の配合のアイシングが作れるので、加工がしやすい柔軟性があるレースになります。

そこは再現が難しいので、一般的なアイシングでできるアートについてご紹介します。

まず、アイシングの材料は砂糖と卵白と水です。

泡立て器ですくって、ゆっくりと落ちるくらいの硬さまで泡立てます。

そして、大切なのが“コロネ”。言うなればアイシングのえんぴつです。

クッキングペーパーを先が細くなるように丸め、そこにできたアイシングを流し入れて使います。

あとは、クッキングペーパーの上に思い思いの絵を描いて固めて使用したり、クッキーやカップケーキに直接文字や絵を描きます。

アイシングに好きな色の食紅を混ぜて、カラフルにするのもおすすめです。

レースを再現するには、まずコルネを極細に作ることです。

そして、かなりの根気が必要と思われますが、シンプルな花模様などは割りと簡単に作れるようです。

シュガーレース用のキットはまだ手に入りづらいようですが、日本の通信販売サイトで取扱いあるところも出てきています。

話題になっていることもあり、将来的には日本での発売もありえます。

それまでは、手作りするもよし、オリジナルアイシングアートを楽しむもよし、せっかくのティータイムを可愛く演出してみては。

この記事をシェアする

関連記事