• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

睡眠不足は肌荒れの原因に!眠れぬ夜の対処法とは?

Date:2013.06.19

睡眠不足は、目の下にクマを作るだけではなく、肌荒れや精神の不安定など様々な症状を引き起こすのでなるべく早く環境や生活習慣を見直す必要があります。今回は、眠れぬ夜に効果的な対処法を幾つかご紹介します。これを読めば眠れぬ夜とサヨナラ出来るかも?!

まずは環境や生活習慣を見直そう

まずは5つの質問に答えて下さい。

1.あなたは寝る前にテンションが上がるような音楽を聴く、映画やドラマを観るなどしていませんか?
2.あなたの部屋の照明は明る過ぎませんか?
3.あなたは寝る前に冷たい飲み物やアルコールを飲み過ぎていませんか?
4.運動不足ではありませんか?
5.寝る直前に夕食を摂っていませんか?

ひとつでも当てはまることがあればご自身で眠りを妨げていることが考えられます。まず1の場合は、寝る前に興奮状態を招くことで睡眠し辛くなりますので、テンポの速い音楽や光が賑やかな映像などは避けましょう。

2の場合は、照明によって眠気が妨げられていることが考えられるので、夕方から徐々に照明を落として部屋を薄暗くすることをお勧めします。

3の場合は、冷たい飲み物で体が冷えてしまって寝つきが悪くなっていることが考えられます。特に女性の場合は、冷えによって生理痛の悪化や頻尿などを招く恐れもあるので気をつけましょう。また、アルコールの摂り過ぎは浅い眠りを招くと言われています。

アルコールの力を借りて眠ることが出来ても、アルコールが抜ける頃に再び目覚めてしまう可能性もありますので、寝酒は控えることをお勧めします。

4の場合は、眠る為に必要な疲れが足りないことが考えられるので、生活スタイルを見直しましょう。後ほど対処法で詳しくご紹介します。

5の場合は、寝る前に食べ物を胃袋へ入れると消化活動が始まるので睡眠の妨げになってしまいます。果物なら30分程度ですが肉類の場合は最大8時間かかることもあるので、眠る前の食事は控えたほうが良いでしょう。では、具体的な対処法をご紹介しましょう。

対処法1 眠りへ誘う音楽を聴く

寝る前には心を落ち着かせる為に、波や川辺、森林、水など自然の音を聴くことをお勧めします。お勧めは、緊張状態を緩和させ精神を落ち着かせるヒーリングミュージックです。

ヒーリングミュージックを流しながら目を閉じているだけでもリラックス効果が期待できるので、眠れない時には「寝よう」という気持ちではなく、「音楽を聴こう」という気持ちでかけてみてはいかがでしょうか。

対処法2 体を温めて心を落ち着かせるホットミルクを飲む

ホットミルクには、気分を落ち着かせるだけではなく睡眠ホルモンを促す効果があります。空腹感を満たす効果もあるので寝るまで1時間も無い時などにもお勧めです。

ホットミルクに飽きてきたらラベンダーティーやカモミールティーなどのノンカフェインのハーブティーもお勧めですので試してみてはいかがでしょうか。

対処法3 規則正しい呼吸をゆっくり繰り返す

寝ている時の呼吸は規則正しく、そしてゆっくり行われます。ですから、寝ている自分を再現してみましょう。枕に頭をつけたら目を閉じてゆっくり呼吸するのです。

吸うことばかりに集中すると過呼吸になる恐れがあるので、出来るだけ空気を吐くことに集中すると良いでしょう。

対処法4 疲労具合を確認し余力があれば運動する

体力面での疲労が不足していると睡眠の妨げになると言われているので、運動不足を感じる方や最近太り気味と言う方は出来るだけ体を動かすことを心がけましょう。

お勧めの運動時間帯は夕方や夜ではなく朝です。体内時計は太陽の光によって正確さを取り戻すので、朝陽を浴びながらウォーキングやジョギングなど外で出来る軽い運動から始めてみてはいかがでしょうか。

対処法5 「眠らなくちゃいけない」から「眠らず起きていよう」へ変える

眠れない方の多くが「眠れなければ明日に差し支える」「眠らなければ体に悪い」と眠れないことに恐怖感を抱く傾向にあるようです。ですから、その恐怖を取り除く為に「眠れなくても大丈夫」「眠らず起きていよう」と考えましょう。

起きている為にテレビをつけて何気なく眺めているだけでも眠気が襲ってくることがありますし、布団で読書や携帯電話でゲームをしているうちに眠っていたなんてこともあります。

恐怖感を与えているのは誰でもなくあなた自身ですから、自分の手で取り除いてあげましょう。

鬱になると眠れなくなるので改善されない場合は医療機関を受診しよう

鬱は睡眠と大きく関係しており、鬱症状によって眠れないこともあります。ですから、長期間に渡って寝不足が続いていて、気分の落ち込みや食欲不振など普段と違った症状を感じている場合は一度専門家に診てもらうことをお勧めします。

この記事をシェアする

関連記事