• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

睡眠不足は美容の大敵!?ハリウッドセレブの睡眠事情から学ぶ解消法

Date:2014.06.29

ハリウッドのセレブの仕事は超多忙、ツアーやロケ撮影、深夜のパーティーなど、こんな過密スケジュールでは休みを取るどころか睡眠すら妨げられている状況でしょう。

そんな4人のセレブたちの睡眠の秘密を見ながら寝ることの大切さや睡眠不足の解消法などあれこれ考えていきたいと思います。

忙しさで興奮?寝られなかった女優、レニー・ゼルウィガー

映画「ブリジット・ジョーンズの日記」で大ブレークしたレニー・ゼルウィガー。当時、その映画の宣伝のためにプロモーション・ツアーを慣行。なんと10カ国を10日間でまわった経験をインタビューで答えていました。

1日単位で国を移動したということになりますので、もちろん睡眠時間がとれなかったとイメージできるのですが、彼女は意外な言葉でこの時の状況を述べていました。

「寝る時間が取れても、あまりにも忙しすぎて、(興奮してか)目がさえてしまって眠れないのよ。そんな時は寝ようと焦らないこと、そして不眠になった自分を「なんで!」と思わずに自然に任せることね。」

写真はレニー・ゼルウィガーさん。左がブリジット・ジョーンズの映画公開当時の彼女、右が最近。現在のほうが引き締まって美しくエイジングしているように見えますね。(アメリカの情報健康サイトHealthより) 

また、セレブに限らず忙しいビジネスウーマンはベッドに入る時間があまりにも遅くなったとき、明日の朝が起きられなくなることを心配して朝まで起きている人もなかにはいるそうです。これも不眠症の一種ですね。

レニーさんの言うように心配やネガティブなことを考えずに眠れないのであれば自然にまかせて起きていれば良いと思います。体が睡眠を必要なときは自然と眠くなり眠れるからです。

いやいやそんな簡単にはいかないわよ!と思う人、とにかく眠りにつきたい人へは、睡眠の専門家はこうアドバイスをしています。

たとえば夜11時に寝たいと思えば、その1~2時間前の9時か10時にはベッド(布団)の中に入りリラックスタイムを持つこと。寝る直前までTVやPC、スマホなどの画面を見ていたら脳が興奮してなかなか寝付けなくなるそうです。

自分で良質な眠りへ誘導するためには自分自身で環境を整えることが大切なのです。

私の武器は睡眠なの!とジェニファー・ロペス

女優であり歌手でもあるジェニファー・ロペスさんは今もエンターティメントを突き進む大スターです。彼女は40歳を当に超えているのに若々しい美貌にスタイル、女性から見ても惚れ惚れする姿を保っています。

ジェニファーさんは美を保つための秘訣をこう語っています。「8時間の睡眠はビューティーシークレットのナンバーワンよ!私の武器は睡眠なの。」

美と健康を維持するためには良質な水と安全な洗剤、そして安眠であるというのが彼女の持論です。ステージや映画などで自分のパワーを思いっきり出せる理由がここにありました。

そんな彼女が2008年に双子の赤ちゃんを生み、生活が一変!夜中(朝の6時まで)何度も子供に起こされ安眠ができていないと語っています。自分の美貌よりも子供を優先し、お母さん業に徹している微笑ましい彼女の日常をうかがい知れました。

歌姫マライア・キャリーは実は眠り姫だった!?

その歌唱力の素晴らしさは定評のあるマライアさんの睡眠は医師も驚きの15時間睡眠です。彼女は2007年の雑誌のインタビューでこう答えています。「私が思い通りに歌うためには15時間の睡眠が必要なの。それに喉を潤す加湿器ね。」

通常の成人の平均的な睡眠時間は7時間~9時間です。そう思うと長すぎると思うでしょうが、彼女のステージのすごさを知ればうなずける回答だと思います。

安眠寝具用品も売るマーサ・スチュワートさんの短すぎる睡眠

カリスマ主婦タレントとして有名なマーサ・スチュアートさんは多忙をきわめ、十分な時間がないといつも感じていたようです。彼女は朝日が上がる前に目覚め、就寝は夜遅くです。彼女の平均睡眠時間が4時間だということを1995年のピープル誌は伝えています。

皮肉にも彼女の名前がブランド名になっているエレガントな寝具用品が沢山売られており、このために彼女の睡眠時間が少ないのだということを同誌は述べていました。しかし皆さんはマーサさんの真似をしないでください。

睡眠の専門家が言うには、睡眠時間が平均6時間未満の人は健康を害する恐れがあると言います。免疫力が弱まり、心臓疾患の要因を増幅させます。寿命もちぢまる危険性があるというのです。現在のマーサさんの睡眠時間がきちんと取れていることを願いたいところですね。

いかがでしたか?セレブたちもいろいろと苦労しているようですね!あなたも自分のライフスタイルを見直して、良質な睡眠をとる工夫をしてみてはいかがでしょうか?

この記事をシェアする

関連記事