• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

寝ている間に綺麗に変身!あなたを綺麗にする睡眠術とは?

Date:2013.05.07

お肌の敵は、日々の疲れや降り注ぐ紫外線、乱れた食生活など様々です。中でも一番の敵は、睡眠不足と言われています。私たちの肌は、寝ている間に作られるので、睡眠時間が短いと肌荒れや吹き出物など肌トラブルの原因になります。

では、実際にどのくらいの睡眠時間が必要なのでしょうか。今回は、心と体を休める為に必要な睡眠についてのお話しです。私たちの体では睡眠中にどのような事が起こっているのか、睡眠はなぜ必要なのかなど詳しくご紹介しましょう。

1日24時間あるのに、その中の3分の1も寝る理由は?

私たちの体は、起きている間ずっと脳が機能しています。考える、動く、記憶するなど何をするにも脳が必要なので、脳は絶えず機能しています。

24時間ずっと機能すれば良いのですが、脳にも限界があり休息時間が必要です。それが眠っている時間なのです。

脳だけではなく、体と心の疲労回復時間でもありますから1日の約3分の1は必要なのです。もちろん、乳児や子供であればもっと睡眠時間が必要です。何故なら脳の休息と疲労回復だけではなく、成長ホルモンを分泌させる為です。

適切な睡眠時間はどのくらい?

さて、適切な睡眠時間は一般的に8時間程度と言われていますが、適切な睡眠時間とは人によって違うのではっきり断言出来る時間はありません。

1日4時間で十分な方も居れば、10時間は眠らないと駄目という方も居ますので、ご自身に合った時間が適切な睡眠時間と言えるでしょう。

眠らないと死ぬ?

疲労回復や脳を休める為には眠る必要がありますので、眠らないと死ぬと言っても過言ではないでしょう。しかし、人は自然に眠りに落ちるので、眠らないことはあり得ません。

ギネスや企画で眠らないことに挑戦した方も居ますが、彼らは眠っていないのではなく、部分的に脳の機能を停止させる能力があるそうです。ですから、眠らないと死ぬかもしれないけれど、実際に睡眠時間を確保せずに生きることは出来ないのです。

寝ている間に出来る美容法とは?

さて、寝ている間は何も出来ないと思われていますが、脳では記憶の整理が行われ、肌では再生が行われています。ですから、寝ている間に出来る美容法もあるのです。

例えば、保湿クリームや美容液を多めに塗って休むことで肌の再生の手助けになり、翌朝の化粧ノリや目もとの張りが蘇ります。

同様に手にハンドクリームを多めに塗って、手袋をすることで手のシワや乾燥を改善することが出来ます。また、美肌に必要な女性ホルモンを活性化させる為に寝る前にお酒ではなく豆乳を飲むことも効果があります。

眠れない時の救世主、快眠グッズをご紹介

眠れないからお酒を飲む方が居ますが、体内からアルコールが減少する時に目覚める、トイレに起きるなど睡眠を妨げることになるのであまりお勧め出来ません。快眠の為には、お酒以外の方法をお勧めします。

例えば、眠りに落ちやすくなる音楽をかける、リラックス出来る香りを用いる、ハーブティーやハーブ入りサプリメントを飲む、寝具を寝心地の良い物に変えるなどです。また、寝る数時間前には夕食を済ませて置くことや刺激の強い音楽や映像も避けましょう。

一緒に眠る彼のいびきや近所の工事がうるさいなど、騒音で睡眠が妨げられる場合は耳栓をして音を遮断しましょう。

睡眠不足は、目の下のクマや肌荒れを引き起こすだけではなく、精神不安定になることもあります。ご自身にとって適切な睡眠時間を確保し、体の再生や機能回復に努めましょう。

この記事をシェアする

関連記事