• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ぐっすり眠れてる?最近の女性の睡眠事情

Date:2013.10.09

あなたは何時に寝ていますか?また何時間眠っていますか?日本の女性は世界でも最も眠らないグループに入ると言われています。

日本人の平均睡眠時間は7時間50分です。この平均よりも少なく6時間ほどしか眠っていない人も実は多いのではないでしょうか?そして、日本人の中でも特に女性は睡眠時間が少ないと言われています。

それに対して、最も睡眠時間が長いのはフランス人の8時間50分。ついでアメリカの8時間38分となっています。

調査対象国中の最下位は韓国7時間49分ですが、日本と1分の違いしかないので、日本もほぼ最下位といっていいかもしれません。

(データ;OECD,Society at a Glance 2009)

睡眠足りていないなと思う人は要注意!

【理由1 睡眠で脳を休める】

睡眠の大切な目的のひとつが脳を休めること。これがうまくできないと、日中脳がうまく活動できなくなります。注意力や思考力が低下してしまいます。せっかくの昼間の時間も、眠たい目でぼんやり過ごすのはもったいないですね。

【理由2 睡眠で心を休める】

また、脳が休まっていないと、気分の落ち込みなどが出やすくなります。悪化すると、うつ病のような症状にもつながることがあるので注意しましょう。

昔からある心理療法で、ひたすらだらだらして眠るというものがあります。昔から心が疲れてしまい衰弱してしまう人はいたもので、これらの人々のための治療法として考えられました。

方法は、とにかく部屋で、横になって眠ったりだらだらします。それ以外の活動をすることは禁止されます。これを何日間も続け、起きて活動する時間を少しずつ増やしていくのです。

この治療法は、非常に効果的でした。よく眠ることが気分の落ち込みを改善するのに役立っていたわけです。

また、ある方の経験談で、この心理療法と同じような方法をとっていたものがありました。この方は東京でデザイナーとして朝から晩まで働いていました。精神的にももう限界。どうにもならなくなって、自然の豊かな田舎にとにかく逃げるように移り住んだといいます。

その後部屋の中で何週間も横になり、ただひたすら眠り続けました。その後少しずつ外に出るようにもなり、今では元気に過ごされているようです。睡眠は心を休めてくれるものです。気持ちが落ち込んだら、とにかく寝るというのもありですね。

【理由3 睡眠をよく取らないと太りやすくなる?】

睡眠が不足すると太りやすくなる。これは科学的な裏づけがあります。睡眠時間が4~5時間と短めの人は要注意。6時間の人でもやや、太りやすくなる傾向があります。

これは睡眠が充分でない場合、食欲を増進するホルモンが体内で増えて、たくさん食べるようになってしまうからです。つい食べ過ぎてしまう可能性があるわけですね。また、同時に食欲を抑えるホルモンが減ってしまいます。そうすると、その食欲を抑えられなくなるのです。

ダイエットをしたいと思ったら、まずは睡眠を充分に取る、これが鉄則です。睡眠が取れていれば食欲のコントロールをしやすくなり、スムーズにやせることが可能になります。

眠ろうと思っても眠れない人は?

睡眠を充分とったほうがいい理由を3つ挙げてみました。では眠ろうと思ってもなかなか眠れないという人はどうしたらいいのでしょうか。

  • お風呂にゆっくり入る(副交感神経が働くようにし、体をリラックスさせます)
  • 温かいハーブティーを飲む(ハーブティーであれば、眠気を妨げるカフェインが入っていません)。睡眠に効果のあるハーブティーは、カモミール、マジョラム
  • 軽い運動をする
  • 本を読む(人によって本を読むことで自然に眠れることも)
  • 朝、太陽の光を浴びておく(太陽の光を浴びることで、夕方ころに自然に睡眠を誘うメロトニンという物質が出るようになります)

睡眠の質は人生の質!睡眠をゆっくり取ることで、心も体もスッキリさせましょう。

この記事をシェアする

関連記事